人気ブログランキング | 話題のタグを見る

啓蟄号 -今日は旧暦 2月 3日です-

今日は啓蟄、「冬ごもりをしていた虫たちが、日差しで温まる土の中で一斉に目覚め始めるころ」。

今年の2月後半の連日の寒さはひときわ厳しさを感じていましたが、ここ数日の暖かさに待ちわびた春がやってきたのを実感します。

わが家の春の定番の食材のひとつに「つくし」があります。子供の頃は近所の土手でつくし採りを楽しみ、どっさりと家に持って帰って、祖母・母・姉と一緒に手を真っ青に染めながらはかま取りをしたものです。

大人になってからは、つくし採りを楽しむことも、はかま取りをすることもほとんどなくなりましたが、母親は今でも「やっぱりこの季節、一度は食べないとね」と言ってつくしを採ってきんぴらをこしらえます。

今年はもう顔を出しているのでしょうか。まだまだ寒いと思っていても、日当たりの良い土手などで思いがけず大きくなっていたりするんですよね。

もうひとつ春を感じさせてくれる食材で思い出すのは「こうなご」ですね。こちらは自分で獲りに行けるものではありませんが、買わなくても不思議と近所のあちこちから「泳いでくる」ものでした。

なぜかバタバタしている日に限って、近所の人がやってきて「こうなごいらへん?」

すぐに炊かなければいけないので、そして大量にあるので面倒なのだけれど、「今日は忙しいでいらへんわ」なんて絶対に言いません(笑)

大きなお鍋いっぱいに炊き上がったこうなごは、煮汁と一緒にご飯にかけて食べたり、卵とじにしたり、くぎ煮にしたり。そしてそのくぎ煮はまたご近所へおすそ分けしたりと、田舎ならではのやり取りが毎年繰り広げられていました。

しかしそのこうなごはここ数年、伊勢湾では獲れなくなっています。

原因はわかりません。潮の流れが変わってしまったのでしょうか。

近くで水揚げされないので、近所から頂くことも残念ながらなくなってしまいました。獲れなくなったのは伊勢湾だけなので、他所で水揚げされたこうなごはスーパーに並ぶのですが、スーパーで買うという行為は私にとっては何か違うんですよね。

ずっと変わらないと思っている自然界の営み。変化するとしてもそれはごくごく緩やかに進むものと思い込んでいますが、こんなに急激に変わってしまうこともあるのですね。

急激な変化も穏やかな気持ちで受け止められるように、今あること、できることを、ゆっくり味わう丁寧な毎日を送っていきたいものです。

 千鶴子


# by uneme_tayuu | 2022-03-05 10:09 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家仕事:2022年3月

庭仕事 3月 6日(日) 10:00~16:00

家仕事 3月12日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2022-03-02 21:36 | かまど通信 | Comments(0)

雨水号 -今日は旧暦 1月19日です-

今日は二十四節気の一つ、雨水です。

日に日に日没が遅くなり、外で仕事をする身にとっては、非常にありがたく春の息吹を感じつつあるこの頃です。御施主様のお庭の梅も、ちらほらとつぼみを膨らませております。

乾いた空気に包まれている大陸では、熱い戦いが繰り広げられています。スキーもスノボも大好きなワタクシ、競技にくぎ付けの日々を過ごしています。この冬季オリンピックの開催時、真っ先に思ったことは、 「北京の空って、こんなにも青いんだな・・・・」

という感動でした。勝手なイメージですが、スモッグに包まれた、どんよりとした灰色の空が広がっていると決めつけていました。真っ青な空に、オリンピアンが舞う姿はとても美しい。

だけど、あの、灰色のスモッグはどこに行ったのか・・・。

建築業を生業としているワタクシのみならず、なんだか当たり前にあった モノ が少し入手しづらくなってきていました。給湯器、便座、照明器具・・・・スマホもショップ在庫は僅少でした。

 

誰かがどこかで、小さな部品を作って、それを運んで、組立加工して、最後の製品ができる当たり前の過程。

とある国の、とある都市が、ちょいと物流や生産の手を停めただけで、世界中の製品が供給されなくなるという恐ろしい空想を、濃紺の青空をテレビで観ながら、ふと思ってしまいました。

ま、ともあれ、選手の皆様からはたくさんの感動を頂いています。最後まで、輝いて頑張ってほしいです。

今日は219日。いい日ですね、池山さん!!

この素晴らしい日の原稿担当は  佐野  でした。


# by uneme_tayuu | 2022-02-19 12:42 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家仕事:2022年2月

庭仕事 2月13日(日) 10:00~16:00

家仕事 2月19日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2022-02-07 07:29 | かまど通信 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦 1月 4日です-

冬が極まり(=終わりとなり)春の気配が立ち始める日とされる「立春」。まだまだ寒さが続いていますが、ずいぶんと日が長くなってきたと感じる今日このごろです。

私事ながら、ここ2週間ほどの間、どうしても片付けてしまいたい仕事の原稿や大学院のレポートがあったため、さまざまな雑事を返上し、雑念を振り払って、自宅の机(正確にはパソコンの画面)に向かっていました。

2月2日の深夜にすべてを書き上げた時はフラフラ状態(笑)。何とか1日で元気を取り戻し、節分の豆まきをして気持ちを整えた上で、このコラムを書いています。

振り返れば、ちょうど2年前の今ごろから、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、見慣れた光景が変わり始め、日常の生活が徐々に制限されていきました。観光地から訪日客の姿が消え、各地の春のイベントや祭りの中止が相次いで決まり、3月には学校が一斉に臨時休校、4月には緊急事態宣言が出されて外出自粛が呼びかけられるようになりました。

2年たった現在も、変異株対応のためにさまざまな活動が制限されていることを、残念に思っていらっしゃる方は多いと思います。私も正直なところ、この2年の間に気が滅入った時期がありました。それからは、考えすぎず「今(いま)」に集中することで、やるべき事を進めようと心がけています。

コロナの現場で奮闘されている医療従事者の皆様に感謝申し上げますとともに、かまどメールをご覧になられている皆様のご健康とご活躍を心よりお祈りしております。

(紘)



# by uneme_tayuu | 2022-02-04 10:11 | 暮らし暦 | Comments(0)