人気ブログランキング | 話題のタグを見る

竈の家の家事仕事:2021年12 月

庭仕事 12月 5日(日) 10:00~16:00

家仕事 12月11日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2021-12-04 10:32 | かまど通信 | Comments(0)

小雪号 -今日は旧暦 10月18日です-

二十四節気の「小雪」は、わずかながら雪が降り始めるころ、とされています。

しかし、今年は暖かい…というより、むしろ日中は暑いくらいの日が多く、少々着込んで出かけたら、行った先で汗ばんでしまう、といったことも最近までありました。

こんな中で、私が改めて「冬に向かっている」と気づかされたのは、太陽の動きです。

今秋は仕事で屋外イベントの写真を撮影する機会が多かったのですが、正午近くなっても思った以上に影が長い!

ご存知のとおり、太陽の通り道は一定ではなく、夏至の日にもっとも高い空を通り、冬至の日にもっとも低い空を通ります。よって、同じ時刻でも秋は夏と比べて太陽の位置が低く、影が伸びる。

私が撮るのは各種原稿で使う説明用の写真で、人や物の濃い影が多いと何の場面か分かりづらくなってしまうので、撮影のタイミングやカメラの設定に苦労しました(芸術的には雰囲気があってよいこともあると思います!)。

それでも、秋晴れの日差しはありがたく、心も晴れやかになりました。

見渡せば日本じゅう、世界じゅうで困難が多い中、これから訪れる冬の風景が、人々の心にほっとした気持ちをもたらしてくれるよう願ってやみません。


  (紘)


# by uneme_tayuu | 2021-11-22 10:37 | 暮らし暦 | Comments(0)

立冬号 -今日は旧暦 10月 3日です-

 「立冬」

冬がはじまる頃。木枯らしが吹き、木々の葉が落ち、はやいところでは初雪の知らせが聞こえてきます。真冬の寒さに備えて、冬の準備を始めるころ。

三重県津市美里町も朝晩は結構冷え込んできて、既に先週から暖房のお世話になっています。我が家ではまだ炬燵開きはまだ行っていません。

炬燵でゴロンゴロンと寝たいですね。

先日広告の撮影があったので富士山に行ってきました。山頂から下の部分はきれいに白くなっていました。

今回行った先は御殿場新五合目。登山をするわけではないので駐車場からほんの少しだけ(数百メートルほど)富士山に足が触れた程度ですが休火山状態の富士山を少し体感してきました。

富士山に行くのは実に小学校5年生以来。当時の子供会で「夏休みに富士山から御来光を拝む」という合宿のような感じで登山をしました。

そのときは山頂までたどり着けず途中の何合目からか忘れましたが御来光を拝ませてもらいました。

多少残念な富士登山でしたが貴重な経験をさせてもらったと富士山を見るたびに思い出します。

今回の撮影には富士山のことを紹介してくれる方も参加していただいていました。「休火山の岩石で囲まれている環境下でも植物の植生は山頂に向かって生育帯を伸ばしているんですよ。」と教えてくれました。

私が登ってからすでに40年以上経過しているので、その当時と比べれば随分と植物も増えていることになるでしょう。そんな話を聞かせてもらいながら痩せ細った火山岩石の土地でも、生育帯を少しでも伸ばそうとしている植物の生命力の強さを感じました。

そして活火山として噴火すれば当然その植生も変化することも容易に想像できます。

長い長い地球の歴史時間の中で、そういうことを繰り返してきたのだ

ろうなあ、と想像してみると、この地球という生命体の長い長いライフサイクルを感じとれるような気がしました。

そして、今はたまたま噴火していない時に私たちは生きているだけなんだな、とも。なんだか不思議な感じでした。?

さて、そんな日本一高い山のことをイメージしながらも、私はこの里山で一緒に暮らしている配偶者が大噴火しないように配慮することが当面の大切な目標課題で存在していることも知るわけです。

案配よく生きていきましょう。

 写真師松原


# by uneme_tayuu | 2021-11-07 10:33 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2021年11月

庭仕事 11月 7日(日) 10:00~16:00

家仕事 11月27日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2021-11-06 10:37 | かまど通信 | Comments(0)

霜降号 -今日は旧暦 9月18日です-

~霜降~

急に寒さが本格的になってきました。

そうこうしているうちに冬ですものね(笑)。

コロナウィルス対策で、うがい手洗い消毒等、皆さん欠かさずされていると思いますが、気を引き締めて今後の寒さに備えると致しましょう。

さて、先日、ワクチン接種の2回目を終えてきました。

「迷わず打ちたい派」からすると随分遅い接種に思われるかもしれませんが、私の周りでは「打たない派」も割と多く、「どちらでもない派」の私は、特に積極的に行動しないことで「打たない派」の一員となっていたのですが、ある日圧がかかりました(苦笑)。

お膳立てにのって会場に足を運ぶだけで接種を楽に終えられたので、それはそれでよかったのですが、近年風邪一つひかない丈夫な体に、得体のしれないウィルスを入れる、なんとも気持ちの悪い体験でした。

気持ちが悪いと言えばもう一つ、こちらは社会的な気持ちの悪さですが、ワクチン接種が「許可証」のような扱いになりつつあること。

接種証明書があれば様々な場面で特典を受けられる、位ならまだしも、接種証明書がなければ、飲食店の利用ができない、旅行に行けない、行事やイベントに参加できない等、人々の行動に制限をかけることが当たり前のように語られつつあるのを、圧力に感じてしまうのは私だけでしょうか。

PCR検査の陰性証明書でも代用できるとは言うものの、こちらは自己負担、何かあるたびに検査するなんて非現実的ですし、そもそも、アレルギー反応などの理由で接種できない方もいるはずです。なのにこの方たちはどういう扱いになるのでしょうか。

ワクチン接種の本来の目的は感染拡大を防ぐことと、感染したときの重症化を防ぐこと。

世の中には老若男女、体型、体質も人それぞれ、価値観も人生観も人それぞれ。

「あんたのせいでお店予約できやんかったわ!」私はもう言われなくて済みますが、そうでない人にも、どんな人にも寛容な社会であって欲しいと思います。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2021-10-23 20:42 | 暮らし暦 | Comments(0)