人気ブログランキング | 話題のタグを見る

軽暑の頃の音楽会2022 inかまどの家

軽暑の頃の音楽会2022 inかまどの家_f0044728_09560835.jpg
ピアノとパーカッションを主としたインストユニット「鍵盤楽器と打楽器など」さんの定期公演会です♪
クラシックからポピュラーまで、幅広い楽曲をお届けいたします。
手作りのおやつと併せてお楽しみください。
少人数予約制で開催します。ゆったりと寛いだ雰囲気でお過ごしください。


 日 時:2022年 529日(

 場 所:暮らしを楽しむ竈の家

 開 場:14

 開 演:1430分(16時終演予定)     

 会 費:1,200円(お茶菓子付き)


◎ 参加のお申込みはここから

◎ 駐車場に限りがありますので、車でお越しの場合は、なるべく乗り合わせでお願いします。

◎ 座敷に座って聴くスタイルです。足の具合の悪い方には椅子席をご用意しますので、事前にお申し出ください。

風通しの良い古い日本家屋での開催ですが、換気はより心がけて開催します。ご来場の皆様にもマスクの着用や手のアルコール消毒等にご協力をお願い致します。また、万一当日体調不良の場合は、参加を見合わせて頂きますよう、お願い致します。



# by uneme_tayuu | 2022-05-01 10:07 | かまど通信 | Comments(0)

穀雨号 -今日は旧暦 3月20日です-

二十四節気における穀雨は、春雨が降って百穀(いろいろの穀物)を潤す意から来ているそうです。ここ数日の雨はその名のとおり、野山や田畑には恵みの雨となっているはず。近年の日本列島は亜熱帯化しつつあるように感じるので、春のやわらかな雨にはホッとさせられます。前回担当した立春号で「仕事明けでフラフラ」みたいな原稿を書きましたが、その後も年度末の3月31日まで、自分にとってはかなり難しい調査報告書の作成に取り組んでいました。現地調査のための出張は楽しいものの、その後の分析やまとめが大仕事…。そんな折、ちょっとしたご縁で、新潟県産のチューリップの切り花をお取り寄せする機会がありました。届いたのは、八重咲きの小ぶりな薄ピンク色の花を咲かせる品種でした。届いて1~2日でつぼみが開き始め、真上から見るとまるで牡丹の花のよう。同封のパンフレットの指示通りに毎日水替えや切り戻しをしたところ、思った以上に長持ちしてくれてびっくり。そして、なんといっても、在宅勤務で書きかけの報告書と向き合っている自分の気持ちをフワッと明るくしてくれました。この年度末を乗り切れたのは、チューリップに励まされたおかげ、といっても過言ではありません!ということで、お花の癒し効果にすっかりはまり、目下、自宅に花を飾る日々です。今春は久しぶりに桜並木を散歩したりもしました。縮こまった身体を解放しつつ、元気に初夏を迎えたいと思っています。
(紘)

# by uneme_tayuu | 2022-04-20 17:02 | 暮らし暦 | Comments(0)

清明号 -今日は旧暦 5月 3日です-

 「清明」清明(せいめい)とは万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を訳した季語です。花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹く頃です。(歴生活より)太陽が出ていると暖かく感じる季節にもなりました。桜も満開、ウグイスも鳴き始めて春到来を五感で感じさせてもらっています。車のタイヤもそろそろ(遅い?)夏仕様に交換する時期になってきました。(そういえば在住地ではこの冬雪がほとんど積もらなかったです。 みなさんの住んでいるところではいかがでしたか?)先日伊勢市楠部にある神宮神田で行われる「神田下種祭」の取材を担当しました。「神田下種祭」は伊勢神宮の祭典に供える米のもみ種をまきます。これは1年の耕作はじめに五穀豊穣を願う米作り最初の祭典。取材後もみ種(このもみ種は忌種(ゆだね)」と呼ばれている清浄な米の種)が田んぼに蒔かれ太陽の光を浴びた姿は遠い記憶を刺激するような感覚を覚えました。各地の田んぼに水が張られて日本、アジアの風景が毎年繰り返される風景が広がります。草の色も薄茶色から緑色にだんだん変わりはじめてきます。そしてあっという間に生い茂りはじめます。したたかに生い茂る草を草刈り機で刈りとる季節もまもなくやってきます。目にする風景の色が変わりいろんな命が芽吹いてくる季節の中で、聞こえてくる殺戮行為のことに「人」という存在の愚かさを感じている人もいるのではないでしょうか。「平和」とはなんなのか。鳥や蛙の鳴き声を聞きながら少し考えてみたいと思います。 三重県津市美里町  写真師松原

# by uneme_tayuu | 2022-04-06 21:17 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家仕事:2022年4月

庭仕事 4月 3日(日) 10:00~16:00

家仕事 4月16日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2022-04-01 12:32 | かまど通信 | Comments(0)

春分号 -今日は旧暦 2月19日です-

~春分~
今日は春分、すっかり春の陽気ですね。 雨の後、畑に出て驚きました。雑草の伸びることの早いこと、早いこと!冬の間にせっせと草むしりをして、そのせいで今年はツクシまで刈り取ってしまったかも?! 気を揉んでいたのですが、何のことはない。ハコベ、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリなどと共にわんさか頭を出していて、取り越し苦労もいいところでした(笑)。それに引き換え、畝に植えた玉ネギやエンドウの蔓の伸びることの遅いこと、遅いこと。
もう何年も素人野菜作りを続けていますが、この時期いつも私を嘆かせてくれます。種や苗にかかる費用に、私の労務費を考えると、スーパーで製品を買った方が安いのでは? と思うこともしばしば。ですが、今や食物は深刻な危機。ヨーロッパの穀倉地帯であるウクライナにロシアが侵攻し、ウクライナから小麦や雑穀類が入らずに関連するものすべての値段が高騰しているとか。天然資源も同様でガソリンなどずっと高騰を続けたままです。たまたまつけていたテレビでもこんなことが言われていました。 日本人がエビを食べることでマングローブが消える、また、日本人の好きなアボカドで水不足が起こる、のだそうです。(エビの養殖場を作るためにマングローブの林をつぶしている、大量の水が必要なアボカドの栽培のせいで水道の水が出ない地域があったり、水をめぐる犯罪まで起こっているのだとか) そんな窮状を少しでも改善する第一歩は、国でいえば自給率を高めること。個人でいえば自給すること。特に私の畑の水は雨水タンクの再利用。栽培に水道水を使わないことは小さな一歩でも繋がれば大きな貢献になるはずです。今日はジャガイモの種を植えてきました。いざというときの自衛と持続可能な社会の実現を願いながら。  By かまど管理人

# by uneme_tayuu | 2022-03-21 21:08 | 暮らし暦 | Comments(0)