人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小寒号 -今日は旧暦 12月 3日です-

~小寒~

新暦新年あけましておめでとうございます。
本年も竈の家とかまどメールをよろしくお願い致します。

さて、皆さん、今年は初詣に行かれましたか?

元旦は雪の積もる寒~い一日でしたが(私の住む地域)、二日からは暖かいお出かけ日和が続きました。
全国の大きな社寺は「分散参拝」を呼びかけていましたが、規制も緩和され、在所に帰省する人も多く、家族が揃っている三が日のうちに初詣という方は案外多かったようで、各地の神社お寺とも、コロナ感染真っただ中の昨年に比べるとそれはもう大賑わいでしたね。

ところで、新聞で知ったのですが、この初詣の歴史は意外と浅いのだそうです。

江戸時代は「恵方参り」と呼んで、その年に神様が来臨する方角の神社に出向き、多くの人が思い思いに神社を参拝する今のスタイルは、明治に入ってから、鉄道各社が集客のため郊外の寺社を宣伝した結果、庶民の娯楽として定着したのだそうです。(出典:「初詣の社会史」(平山昇著))
なるほど、そうでしたか!

子供の頃からずっとそうだったから昔からの伝統だと思っていたことが、実は戦後生まれの新しい習慣だったり、家の独自のルールだったりすることって時々ありますよね。
何年か前に気がついたのですが、私の住む地域では、「神棚祭」といって、年末に産土神社の神主さんが、各家庭の神棚をお祓いして、来年のその神社のお札と神宮大麻を届けて回ってくださいます。
小さい頃は神主太鼓の音で「でんでんさんが来た!」とか言っていたもので、どこでも年末の行事としてあるものと思っていましたが、地域によっては、神宮大麻を希望者だけに配って神棚のお祓いもない、というところもあるようです。
それを知ったときは、今は神棚のない家庭も多いからかなと思っていましたが、よくよく考えるとこの「神棚祭」もいつ頃からの習慣か、どの地域で行われているものなのか、一考する余地がありそうです。

おかげ様で急いで初詣に行く必要もなく、年始をのんびりと自宅で過ごせているのは有難い話ですが。

最後になりましたが、今年の恵方はご存知ですか?

今年は壬(みずのえ)の方(北の方角を三等分して左・中・右に分けた、その左の方角)です。よくわからない方は暦の方位吉凶図に詳しく載っていますので、どうぞご確認を。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2022-01-05 08:34 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2022年1月

庭仕事 1月 9日(日) 10:00~16:00

家仕事 1月15日(土) 10:00~16:00


お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。都合のつく時間帯だけの参加で結構です。


# by uneme_tayuu | 2022-01-04 21:07 | かまど通信 | Comments(0)

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ_f0044728_12025431.jpg
竈の家恒例、旧暦忘年お餅つき会の時期になってきました。
今のところ、ウイルス感染、新種割とおさまっていますが、変異種も次ぎ次生れ侮れません。
気を抜かないように、マスク着用、手洗い消毒等、十分な感染対策をして、年に一度のお祭りを楽しみましょう♪

人数を把握したいので事前予約をお願い致します。

ご予約なしの場合、人数によっては入場を制限させていただく場合もあります。ご了承ください

皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

             記

日  時:  2022年 1月30日(日) 9時頃~日暮れまで
場  所:  四日市市采女町(三交バス古市場バス停前) 暮らしを楽しむ竈の家
参 加 費:  大人 500円、小人 300円+ 差入れ・寄付歓迎 
マイ食器ご持参でご参加ください。
 *食器の貸出は有料です(一人50円)

ネット予約はこちらから(ここ)。
お電話でも受け付けております。


# by uneme_tayuu | 2022-01-02 12:12 | かまどの会 | Comments(0)

冬至号 -今日は旧暦 11月19日です-

1222日、本日は二十四節気のひとつ、 「冬至」 です。

一年間で最も昼間の時間が短い日、それは本日です。三重県鈴鹿市に住む私の感覚では、冬至から立春辺りまでが、いわゆる、真冬と思っています。

朝は暗く、また夕暮れは瞬く間に訪れ、風は冷たく外は寒い。水は冷たく、年のせいか関節は痛い。

そんな季節でも、焚火は暖かいし、布団の中は天国のよう。熱燗は夕食の時間を豊かにし、肴も野菜も締まって甘くて、一番おいしい。

そして、クリスマスやお正月という、心躍る楽しいイベント盛りだくさん。

子供たちも甘えてくる(←下心丸出し)。

最近、リフォームさせていただいたおうちは、私の高2・中1の二人の娘と同じ年の娘がいます。奥さんに、クリスマスプレゼントのことをお尋ねすると、毎年、本を贈ることが習慣になっているとの返事。

それは、素晴らしいアイデアだ。ほとんど読書をしない娘(中1)に、ぜひ、本好きになるきっかけになってほしい。

「今年のクリスマスは、本を贈ることにした。ほしい本、買ってあげるから、教えてね」と娘に聞くやいなや、即答で

「アイホン(iphone)」

いやはや、今年も笑って暮れていきます。みなさま、お身体に気を付けて、よいお年をお迎えください。

 佐野


# by uneme_tayuu | 2021-12-22 12:26 | 暮らし暦 | Comments(0)

大雪号 -今日は旧暦11月 4日です-

【大雪】

今日は大雪。「冬本番を迎えるころで、動物たちは冬眠し、人々は新年の準備を始める」時期だそうです。

12月に入って早くも一週間。大掃除、年賀状、あとは何をしなければいけないんだっけ??? 何もやってないのに気ばかり焦ります。


つい最近見たネット上のニュースの中に「毎年100億円以上の当選金が引き換えられずに時効を迎える」という記事がありました。その中には1億円以上の高額当選が何本も含まれているそうです。なんてこと!その当たりくじ、ぜひ私に買わせてほしいです!!


以前勤めていた会社に、年末ジャンボを購入しているのに、正月休みが明けても番号をチェックしていない先輩がいました。不思議に思って理由を聞いてみると「せっかくお金を払ったんだから、1日でも長く楽しみたい」そうで、1年間当選の夢を見てワクワクし続けて、次の年末ジャンボの当選発表の頃にやっと、前年の当選を確認するんだそうです。

そんな楽しみ方もあるんですねぇ。でもこれには向き不向きがあるようです。私も試しにやってみたのですが、ワクワクよりも見たいのを我慢するのが苦痛で苦痛で(笑)年明け早々に番号を確認しちゃいました。

かの先輩は今でも毎年楽しんでいるのでしょうか。ギリギリまで楽しみ過ぎて高額当選を換金し損ねてはいないでしょうか。

さて先程の時効の話に戻りますが。楽しみで買ったはずなのに、その存在を忘れている!? そんな人が意外にたくさんいるのだなぁ…と思ったら実際には、売れ残ったくじの中に高額当選が相当数含まれているらしいです。

コロナ禍で何かとストレスや不安が多いこのご時世、高額当選につながる番号が全て売れて、幸せを受け取る人が少しでも増えるといいですね。

 千鶴子


# by uneme_tayuu | 2021-12-07 11:06 | 暮らし暦 | Comments(0)