人気ブログランキング |

白露号 -今日は旧暦 7月20日です-

 白露 

今日は現代暦97日、二十四節気の一つ、白露です。

今は台風10号のニュースを見ながら、原稿を書いています。

猛烈な、もしくは非常に強い勢力で日本に接近する台風10号。この台風は、50年に一度の巨大台風ではなく、もう、普通に毎年のように襲来する、これからのスタンダードの台風となると予想できます。

三重県鈴鹿市の海水浴場に足を入れると、おやっ、と違和感を感じます。そう、温かいのです。そして、何十年も通った海水浴場の砂浜はどんどん小さくなり、遠浅だった海は、いつからかすぐに深くなってしまったのです。

この海水温は、台風の勢力をどんどん強めて発達させます。

この、10号クラスの台風が、いつどこに上陸しても不思議じゃない時代になりました。

私は建築業ですので、施工中の現場や、引き渡した住まいなど、台風が来るたびに神経をピリピリとすり減らします。そんな、私の心配など、足元にも及ばないほど心配されているのは、農家の皆様でしょうか。

地元はもちろん、被害の集中すると思われる九州も、皆様無事でありますように。今は、祈るしかありません。

さて、長男は今年、大学一年生になりました。授業も始まり、やりたいサークルも決まり、アルバイトもし、青春真っ盛りです・・・・・・ということはなく、リモート授業からの夏休み。大学の友人は一人もできず、まだ、一度も校門をくぐったことがない、という状態です。10月からの二学期、無事に始まることをつとに祈っています。最も学習意欲の高いこの時期に、親友や先輩から、刺激を受けることのない、新大学生の皆様。ストレスも大きいと思います。きっと嵐は必ず去り、太陽が顔を出します。10号の過ぎ去る今日、笑顔の方が一人でも多いことを強く期待します。

 佐野


# by uneme_tayuu | 2020-09-07 10:38 | 暮らし暦 | Comments(0)

処暑号 -今日は旧暦 7月 5日です-

二十四節気の「処暑」は、暑さが峠を越えて後退し始めるころとされますが、なかなか猛暑が収まらない日々です。

全国各地に大きな被害を及ぼした豪雨の後の酷暑、さらに新型コロナウイルスの感染防止対策を(最近は熱中症対策も)余儀なくされ、気の休まらない人も多いかと思います。

昨年・一昨年の夏は、かまどメールの原稿当番が回ってきた際、岐阜県郡上市の旧城下町・八幡地区の水管理や、同市の夏の風物詩である「郡上おどり」の話題を書かせていただいた記憶があります(違っていたらごめんなさい!)。

しかし、今夏の郡上おどりは、全国の多くの夏祭りと同様に新型コロナの影響で全日程が中止となってしまいました。

そこで運営委員会では、郡上おどりを愛する多くの人に現地へ来てもらえない代わりに、YouTubezoomを活用して、地元の人たちによる踊りをオンラインライブ配信しています。

私も本来ならば徹夜踊りが行われる晩の配信を見ながら、自宅でちょっと踊ってみました。これが結構エネルギーを消費し、気づけば汗だくに!

配信は2時間だったので、後半は地元のベテラン歌い手さん・踊り手さんの様子をしみじみとした気持ちで拝見しました。

毎年、当たり前のように楽しんでいた盆踊りが、今年はできない。新型コロナの影響で今年は唐突に「静かな夏」となってしまったわけですが、思えばさまざまな伝統行事などの担い手が少しずつ減り、ひっそりと消えつつあるのが今の日本でもあります。

そう考えると、この機会に「いま、ここにあるもの」の大切さを改めて認識し、守れるものを守っていくことが必要なのだと感じています。


(紘)


# by uneme_tayuu | 2020-08-23 12:53 | 暮らし暦 | Comments(0)

立秋号 -今日は旧暦 6月18日です-

立秋

朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つころ。

立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が高くなる時期です。

この頃は、月遅れのお盆を前に各地で夏祭りが開催されます。(Wikipediaより)

昨日立秋前日、在住している古民家で現在改修工事を行ってもらっているのですが、その工事現場を確認しにいくときに「チクリ」と何かに刺されました。「痛っ」と感じたらほぼ同時に3箇所ほど刺されていました。どうやら庭木にある蜂の巣に触れて攻撃されてしまいました。痛みのあるなか大工さんに「熱い湯をかけるといいよ。」と教えてもらいすぐにシャワーを浴びました。そのおかげもあってそんなに腫れずに済んでいます。蜂さされは中毒症状が出て呼吸困難になることもあるそうです。作業するときなどは気をつけていきましょう。この日が広島原爆投下の日だと蜂刺されと共に思い出すのだと思います。

いつもと違うといえばコロナ禍のなかの夏を過ごしているわけですが、私の住んでいる三重県でも感染者、ではなく陽性者が増加してきました。

日々気をつけながら過ごさないといけない訳ですが、クラスターが発生したりしていてSNSなどでの様々な発言など見てますといろんな声が聞こえてきます。そういうことを見ていると「人と人は一緒じゃ無いな」ということ、他者の存在というあたりまえのことを感じさせてくれます。

人それぞれ様々な環境、基準判断などを持ちながら現状を生きているわけですが、今回の新型コロナウイルス感染症はそのことを非常にはっきりとさせているように思います。

またそのことは自分なりの基準を持ちながら過ごす必用も出てきているのだと感じます。

私にとっては現状の段階ではいつ自分が感染や陽性反応がでたとしてもおかしくないこと、感染した人が知人だったとしても責めない、攻撃しない、それは自分が感染したときにもしそういうことを言われたりしたらとてもきっと嫌だと感じるから、この2点。自分に言い聞かせようと思います。

この新型コロナウイルス感染症の存在は現在のところはっきりとした認識のしにくい存在であると共に人の「心」に入り込む、メンタルな部分を嫌な感じで攻め込んで来ている感じもします。ウイルスの存在以上にメンタルの部分で非常に蝕んでいっているような気がします。まるでSF小説以上だと感じてます。

このコロナ禍はおそらくこの世に生きている人の想像力という存在を試しているように思います。

そして可能な限り様々な想像力を駆使しながらこの新しい波を乗り切っていければと思います。

ラジオで流れたきた言葉で

成熟 人に優しく

未熟 人に厳しい

できる限り成熟の方に生きていく方向、ベクトルを向けていければと感じています。

 写真師 松原


# by uneme_tayuu | 2020-08-07 08:48 | 暮らし暦 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

830日(日) 13時から16時まで

シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みの体験会です。まずは一つのモチーフを完成させるまで、楽しく始めてみませんか。道具をお持ちでない方には道具をお貸しします。手ぶらで気軽に参加ください。

三密を避けるため6名様までとし、換気や手洗い・消毒などを心がて開催します。

参加ご希望の方は、事前予約と当日はマスク着用をお願いします。

また、万一当日体調不良の場合は、参加を見合わせて頂きますよう、お願いします。

参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2020-07-29 09:35 | かまど通信 | Comments(0)

大暑号 -今日は旧暦 6月 2日です-

~大暑~

二十四節気が「小暑」から「大暑」へと変わりました。長く続いた雨があがり、猛暑を予感させる強い日差しが、カーテン越しに容赦なく家の中まで届きはじめました。

気象庁の梅雨明け宣言はまだですが、歳時記によると、梅雨明け直後は太平洋高気圧の勢力が持続しやすく、安定した夏の暑い天気が十日ほど続くことが多いため、「梅雨明け十日」といい、熱中症などに特に警戒が必要な時期だそうです。

確かに、暑さに慣れ切っていないところに急激な温度上昇がくるので、水分補給をこまめにしたり、暑さに身体を慣らすなどの対策は必須。今年からは真夏でもマスク着用が日常ですから、なおさら対策は怠れません。


さて、今まだ少し早いこの梅雨明け十日ですが、熱中症対策と同時に大事な仕事があります。そうです、梅干しの天日干しです。

6月、梅が熟すのを待って収穫し漬け込んだ梅は、梅雨明けを待って天日に干されて、ようやくの完成です(その後3年寝かすと塩が抜けて味がまろやかになります)

この時期の梅仕事を「三日三晩の土用干し」と昔から言っていたのは、土用の入りとほぼ同じくして梅雨が明け、晴天が数日続くことが周知のことだったからでしょうね。いまだに、昔の人の生活の知恵や絶妙な言い回しなどには感心してしまいます。

ところで、今年は梅が豊作だったので、梅干し以外に、梅酒や梅シロップなども仕込んでみました。その梅シロップが、梅干しに先立って数日前日に完成したので、早速水や炭酸で割って楽しんでいます。かき氷のシロップとしても美味しいとのことなので、今年の猛暑対策は自家製梅シロップかき氷?お腹を壊さない程度に楽しみたいと思います(笑)。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2020-07-22 21:09 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2020年7月

 庭そうじ 7月12日(日)10時~16時まで

 家そうじ 7月18日(土)10時~16時まで

お手伝いいただける方は、直接竈の家までお越し下さい。


# by uneme_tayuu | 2020-07-07 09:03 | かまど通信 | Comments(0)

小暑号 -今日は旧暦 5月17日です-

【小暑】

今日は「小暑」。梅雨が明け暑さが増していく頃、だそうです。本格的な夏を迎え「暑気払いだー!」なんてビアガーデンへ繰り出す人も増える頃でしょうか、例年であれば…。

5月に申し込んであった「さきめし券」が先日届きました。この「さきめし券」ざっくり説明しますと、四日市の飲食店を応援するプロジェクトで、参加店舗の中から自分が応援したい店舗を選び、1000円の支払いで4割増しの1400円の飲食に使える券が購入出来るといったものです。

4割増しの分は市が負担し飲食店への余分な負荷はなし、利用者にはとってもお得というこのプロジェクトですが、私は事前に選んだ飲食店でしか使えないということに不自由さを感じて当初は購入する気はありませんでした。が、まわりで盛り上がっているというのを耳にして乗り遅れてはいけないとついその気になり、結局締め切り間際に15,000円分も購入してしまったのでした。(このプロジェクトは5月に締め切られています、あしからず。)

さて、購入したのはよいものの、いつのタイミングで使うべきか。お金は先払いし、店舗もおそらくそれを既に受け取っているはず。ということは、利用者(自分)が先払いの対価を受け取っていないだけで、お店に行かなくともとりあえず経済は回しているわけですよね。

感染者数は落ち着いたかのように見えて、また「夜の街」からじわりと増えてきています。東海三県では、夜の街での感染拡大は今のところない様ですし、中でも三重県の感染者数はなぜか断トツ少ないです。とは言え、今この時期に「不要不急の」外食に出かけてよいのか、それとももう少し様子を見た方がよいのか。様子を見続けた結果、またコロナが拡大して営業自粛に突入という可能性も全くないとは限りませんし、悩むところです。

今日ネットで見た記事の中に「コロナ時代の最大の贅沢は、人と人が顔を合わせて話すことではないか」という旨の記述がありました。リモートで会話が出来ても、リモートで飲み会が出来ても、やっぱり何かが違う、あらためてそれに気づかされる一文でした。「新しい生活様式」にも順応していかなくてはなりませんが、元通りの生活が出来るようになることを願っています。

 千鶴子


# by uneme_tayuu | 2020-07-07 08:59 | 暮らし暦 | Comments(0)

夏至号 -今日は旧暦 5月 1日です-

現代暦 621日は二十四節気のひとつ、夏至です。

北半球では、一年のうち最も昼の時間が長い日、それが夏至。

隣の空き地の雑草もどんどん成長し、エネルギーに満ち満ちているそんな季節です。雨、そして太陽の日差しの恵みを植物はたっぷりと浴びている、そんな実感があります(まあ、雑草伸び放題のボーボー状態、とも言いますが)。

太陽の出ている時間が長い今、我が家の太陽光発電システムも毎日毎日稼働しています。昼間の我が家の電気をすべて賄ったうえ、余剰電気は電力会社がかなりの高値で買い取ってくださるのです。

今現在、太陽光発電システム設置計画中のお客様は、10年間の固定買取価格は21円。買取価格は8年前と比べると半分になりました。一方、初期設置費用は60%程度でしょうか。

8年前に、当時パネル一枚当たりの最高出力は215Wでした。現在のパネル一枚当たりの最高出力は360W、交換効率は22.1%といったところです。

屋根上に設置し、太陽の恵みを享受しつつ、パネルのおかげで部屋内の温度は数度下がる。自分で使う電気は自分で責任もって生産する。一年で一番太陽光がさんさんと照り付ける今日、改めてお日様に感謝しております。

さて、今日は父の日らしいですね。ウチの三人の子供たちは、オトウサマに感謝の気持ちをとどけてくれるのかしらねえ。

 佐野


# by uneme_tayuu | 2020-06-21 13:47 | 暮らし暦 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

614日(日) 13時~16時まで

シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みの体験会です。まずは一つのモチーフを完成させるまで。お茶やお菓子をつまみながら、楽しく始めてみませんか。。

道具をお持ちでない方には道具をお貸ししますので、手ぶらで気軽に参加ください。

参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2020-06-12 09:20 | かまど通信 | Comments(0)

芒種号 -今日は旧暦閏 4月14日です-

きょうは旧暦の芒種。現代暦では6月に入り、2020年もすでに折り返し近くまで来ています。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、私の職場は4月半ばからテレワークが導入されて、約1か月間、平日の多くを自宅で過ごしていました。

業務自体はあまり支障がなかったのですが、日にちが経つにつれて、同僚との何気ない会話や、仕事相手とのやりとり、たまたま入ったカフェで隣の席の人たちが話題にしていたことなど、いかに自分が周囲の環境や人々から多くのインスピレーションを得ていたかに気づきました。

今の社会、そしてこれからの社会にインターネットは不可欠だけど、同時にリアルの大切さは変わらないだろうと感じています。

あとは余談ですが、テレワーク期間中、秋冬物の衣類をクリーニングに出そうとクローゼットから仕事用のジャケットを取り出したところ、ずっしりと重たく感じてびっくり!

テレワーク中、パーカーやカットソーなど動きやすい格好で過ごしていたら、スーツを着るのがすっかり億劫になってしまいました(笑)。

慣れは恐ろしいというか、人間って不思議なものですね。


(紘)


# by uneme_tayuu | 2020-06-05 10:04 | 暮らし暦 | Comments(0)