人気ブログランキング | 話題のタグを見る

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ_f0044728_10250404.jpg
竈の家恒例、旧暦忘年お餅つき会の時期になってきました。
今回もマスク着用、手洗い消毒等、十分な感染対策をして、年に一度のお祭りを楽しみましょう♪

人数を把握したいので事前予約をお願い致します。

ご予約なしの場合、人数によっては入場を制限させていただく場合もあります。ご了承ください

皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

             記

日  時:  2023年 1月15日(日) 9時頃~日暮れまで
場  所:  四日市市采女町(三交バス古市場バス停前) 暮らしを楽しむ竈の家
参 加 費:  大人 500円、小人 300円+ 差入れ・寄付歓迎 
マイ食器ご持参でご参加ください。
 *食器の貸出は有料です(一人50円)

ネット予約はこちらから(ここ)。
お電話でも受け付けております。

# by uneme_tayuu | 2022-12-16 10:25 | かまどの会 | Comments(0)

大雪号 -今日は旧暦 11月14日です-

二十四節気の「大雪」は、本格的に冬が到来し、雪が盛んに降り始める頃とされています。今年はつい最近まで暖かい日が多いなあと感じていましたが、気づけば朝晩の冷え込みがずいぶんと厳しくなってきました。さて、私事ではありますが、この秋に長年暮らした名古屋を離れ、岐阜県大垣市に引っ越しました。現在勤める会社が昨年夏、すべての部署を大垣に集約して名古屋のオフィスを廃止したのがきっかけです。この1年余り、在宅勤務を最大限活用しつつ、出社日は片道1時間半ほどかけて通勤する生活を続けていましたが、今年9月末に大学院を無事に修了できたことから、思い切って居を移すこととしました。新しい自宅から職場まではゆっくり歩いて15分程度。通勤ルートには市の文化施設や公園、河川などが点在し、日々の気候や季節の変化を感じ取ることができます。伊吹山が間近にあるため、「伊吹おろし」の西風も一段と冷たい!休日はマイカー移動が圧倒的に増えるなど、「田舎あるある」の状況にも少しずつ慣れてきました。今後、かまどメールで大垣の四季を時々お伝えできればと考えています。2023年も引き続きよろしくお願いいたします。

   (紘)

# by uneme_tayuu | 2022-12-07 21:53 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2022年12月

庭そうじ 12月 4日(日)10時から16時まで家そうじ 12月10日(土)10時から16時まで都合のつく時間帯のみの参加で結構です。お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。

# by uneme_tayuu | 2022-12-02 21:55 | かまど通信 | Comments(0)

小雪号 -今日は旧暦 11月29日です-

「小雪」:わずかながら雪が振り始める時期のこと。寒くなり雨と雪が入り混じって振る時期。日常生活では炬燵を入れたり、鍋の時期を迎えたり、ほうれん草の美味しい時期になりますね。個人的には晩ご飯のあと炬燵でぬくぬくしていると気持ちよすぎてそのまま寝てしまう時期でもあります。コロナ禍がまだまだ続いていますが人の動きはコロナ以前ほどではないですが随分ともどってきた感じがします。私はこの7月に感染しましたが無事に生きているのでこの原稿を書いています。喉がチクッと痛んだのがどうやら感染発症したはじまりだったのだと思います。熱は38度止まりでしたが、喉の痛みが焼けるようにヒリヒリと痛みました。私のまわりでも随分感染した人が増えてきました。無症状でも感染していることもあるそうなので、どこで感染するか、感染させるかわからないし、もう誰も責めたりすることはできない状況なのだと思います。そんな昨今、自分が感染したこともありますが、コロナ禍が急速にひろまった2020年のことを少し思い出しました。感染した人がでてその家に石を投げたり、落書きをしたりいろいろなことが起きていました。自粛警察などと呼ばれる存在まで出ていました。いったいなんの為に、誰のために、と考えてしまう。そんなことを「これが正義だ」となんの疑いもなく行っていた人が2022年の今、コロナに感染していたりするんだろうなあ、と勝手に想像したりします。その「正義」の人はいったい今どんな気持ちなんだろうか。その手から投げた石の感触のことはすっかり忘れているのだろうか。「コロナに感染しちゃってさあ」と軽く話をするのだろうか。その「正義」という免疫が効いてコロナには感染しないのだろうか。そのようなことを思い出しながら私には未経験のある時代のことを思ってみる。おそらく状況的に極めてよく似た状況が起こって居たのでは無いか? と更に想像してみる。「私もその状況下(この場合はコロナ感染ということになります)に入ってしまうかもしれない」この部分の想像力があるかないか、大きな精神的な分岐点ではないだろうかと思います。いつどうなるのかわからない。そんなことを思いついたので書いてみました。明日23日は宮中祭祀のひとつ新嘗祭が行われます。その年に収穫された新穀を感謝の奉告を行い、これらの供え物を神からの賜りものとして自らも食する儀式が行われます。全国で行われる祭事ですね。伊勢神宮で行われる新嘗祭の記録撮影に行ってきます。新暦ですとあと残り少しということですが旧暦だとまだまだ年の瀬までは月日もたっぷり。炬燵に入ってミカン食べてのんびりしたいですね。静かに暮らせるささやかな幸せを感じながら。小雪の日に 写真師松原

# by uneme_tayuu | 2022-11-22 10:02 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2022年11月

庭そうじ 11月12日(土)10時から16時まで家そうじ 11月27日(日)10時から16時まで都合のつく時間帯のみの参加で結構です。お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越しください。

# by uneme_tayuu | 2022-11-09 07:44 | かまど通信 | Comments(0)