秋のかまどマルシェ手作り市開催します♪

春のかまどマルシェ開催します♪

(雨天開催・入場無料)


今回は、ネイルアートやカラーセラピー、伊勢型紙体験、カードヒーリングなど体験コーナーが充実のラインナップです。親子で楽しめる飾り巻きずし体験や火おこし体験、p-せらーつ体験などもあります。マジックショーやサックス演奏、絵本の読み聞かせ等イベントもいつも通り。

お買い物を楽しむのも良し。様々な体験を楽しむのも良し。和菓子とお飲物でほっこりと過ごすのも良し。明治の古民家でいつもと違う一日を体験しましょう♪

ぜひご家族で、お友達とで、お誘い合わせてお越しください。

f0044728_10451909.jpg
f0044728_10472392.jpg


# by uneme_tayuu | 2018-10-05 14:42 | かまど通信 | Comments(0)

秋分号 -今日は旧暦 8月14日です-

 「準備」

秋分の日を迎えました。

稲刈りの風景もほぼ終わった在住地三重県津市美里町。朝晩は肌寒くなってきました。寝る時には布団をかぶらないと寒くて起きてしまう季節になりました。あれだけ暑かった夏は何処に行ってしまったのでしょうかね。

今年は強い台風が通過していきました。みなさんのところは大丈夫だったでしょうか。

私は里山の古民家に住んで数回、準備不足から台風通過時に痛い目にあったこともありましたが、今年は台風通過前に庭木の剪定をしておいたので枝木で瓦が損傷することもなく過ごすことができています。助かったというような感じです。

今年の台風など含めた天変地異の出来事について、かなり予測などできるようになってきたようですが、個人的にはどんなことになるのかの細部については来ないとわからない、という感じか正直な気持ち。風の強さや雨の多さなど通過しないとわからないのです。もちろん予測のなかで様々な対策、準備をしていくわけでもありますが。

さて、その準備についてです。

今回も長い停電になったところもありましたが、いつもの生活で普通に使っている様々な道具が使えなくなった時にどうするのか?ということを考えて準備することが大切なのだと改めて感じました。

台風など通過する前には

 ご飯を炊いておく(これはTVでおばあちゃんが話していた)

 風呂や鍋に水を貯める

 懐中電灯をわかるところに置いておく

 蚊が多い時期には香取線香

 車のガソリンを満タンにしておく

 ライフラインエネルギーを一元化しない

 スマホの充電ができるバッテリーの用意をする

 停電しても固定電話に繋いだら繋がる電話機の用意(アナログ回線の場合)

などなど

他にもいろいろあると思います。

あたりまえといえばあたりまえですが、わかっている、理解していることをどれだけ実施することができるかということが必要なのでしょう。

個人的には里山に住んでいるので数日間くらいの煮炊きは薪など使ってガス電気が遮断されてもできるようにするのが次の準備だと感じてます。日常生活の中に少し取り入れていけると更によいな、とも思います。

そして燃料費を下げられると更に良いのです。

住んでるところでできる範囲のことを準備して何かの時に使えるようにする。そのことを家族間や近隣の人たちといろいろ話していることが大切なのだと感じました。

秋の味覚を頬張りながら、そんなことを近しい人と話してみるのもよいかもしれません。

盛り上がり過ぎて食べ過ぎに注意しながら(笑)

 写真師松原豊


# by uneme_tayuu | 2018-09-23 09:33 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2018年10月

10月7日(日)10:00~16:00

随分と涼しく、過ごしやすく、庭そうじ日和なってきました。
焚火を囲んで会話しながら、手も足も動かす。
女性にはお得意の分野です(^^)/
もちろん、男性には男性の役割が、あなたをお待ちしています(^^)/

8月にやりかけた障子の張り替えも寒くなる前に済ませたいものです。

ご協力いただける方は、なるべく露出の少ない服装で、直接竈の家までお越しください。
いつも通り、都合のつく時間帯の参加で結構です。

# by uneme_tayuu | 2018-09-19 14:46 | かまど通信 | Comments(0)

白露号 -今日は旧暦 7月29日です-

 白露 ~気界冷露白し~

前回このかまど暦メールの記事を書いたときは、大阪北部で大きな地震のあった直後でした。

それから二カ月半の間に、西日本豪雨があり、逆走台風があり、そして、週初めの台風21号に、翌未明の北海道大地震。なんとたくさんの災害が起こったのでしょうか!

水没した関空の滑走路やタンカーに衝突された連絡橋が、突風にあおられる街や車が、一瞬にして、真っ暗闇の千歳空港に、土砂で埋もれた家屋や地肌むき出しの山の連なりに、様変わりしたのには驚きました。

災害大国日本、といえども、最近ますます激化する想定外の災害は、目を覆いたくなる惨状です。

今回の台風は、この地方にもたくさんの被害と広範囲の停電をもたらしました(竈の家も倒木が!)。幸い我が家は停電にもならず、テレビからたくさんの情報を得ることが出来ましたが、停電中の友人からはラインなどSNSを使って不安を訴える声が届きました。

そんな中で考えたことは「防災キャンプ」の必要性です。

今まで日帰り登山やトレッキングは数回経験していますが、重い荷を背負っての山小屋泊やキャンプは敬遠していました。ですが、レジャーとしてのキャンプではなく、防災としてのキャンプ。これは経験しておかなくてはいけないのではないか。

『非常口こそ普段から使え』少し前に新聞で、署名な経済人が語っていた言葉です。防災グッズを揃えて安心していてはダメなのです。いざというときにすぐ使えなければ。

真っ暗闇に慣れ、電気がなくても適切な行動ができるように。一人でテントを張る。水を極力使わず調理する。マッチやライターに頼らず火を熾す。好ましくない環境に身を置くことを体験し、身の安全を確保した後に訪れるストレスの多い日々に備える。キャンプ慣れした友人らに教わりながらなら出来るのではないでしょうか。

まずは有言実行です!皆さんも一緒に体験いかがですか?きっと新しい世界が見えてくる。そんな気がするのです。

*今回、被害にあわれた皆様には心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を、ただただお祈りするばかりです。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2018-09-08 09:45 | 暮らし暦 | Comments(0)

秋のハンコを使ったイラスト作り!

新しいイベント『秋のハンコを使ったイラスト作り!』を開催します♪
葉書にハンコを押して、色鉛筆やパステルを使って色付けしてオリジナルの一枚を作ります。
誰かに送っても、額装してお部屋に飾っても、楽しめると思います。
どなたでも参加できます。

日  時: 2018 923日() 10時~12時
場  所: 四日市市采女町1090番地
      暮らしを楽しむ竈の家(古市場バス停前)
参 加 費: 500円
 
参加ご希望の方は、前日までに、予約をお願い致します。
お申込みはこちらから。
f0044728_11121396.jpg


# by uneme_tayuu | 2018-09-06 11:13 | かまど通信 | Comments(0)

かまどマルシェ手づくり市への出店者募集

11月11日(日)にかまどマルシェを開催するのに合わせて出店者を募集しています♡
マルシェに出店して爽やかな秋の一日を一緒に楽しみませんか?
出店内容は、食べ物(販売許可をお持ちの方に限ります)や手作りのもの、こだわりの品、身体に良いもの、心に良いもの、サービスの提供なんでも自由です。出店ご希望の方は詳細をお知らせしますのでここまでご連絡ください。
なお、募集は9月末頃までの予定ですが、期日前でも定員に達した場合は、締め切らせていただきます。
また、初出店の方には、現地確認のため、出品品を持って事前に竈の家にお越しいただいております。

サックス生演奏やマジックショーなどイベント多彩。
ぜひご検討ください!

■ 日時 11月11日(日) 10時~15時 
   *販売は完売にて終了になります
■ 場所 暮らしを楽しむ竈の家 http://kamadonoie.net/
■ 入場無料
■ 雨天でも開催します

# by uneme_tayuu | 2018-08-29 11:17 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2018年9月

9月8日(土)10:00~16:00

今月は庭そうじの他に、先月やりかけた障子の張り替えもする予定です。

ご協力いただける方は、なるべく露出の少ない服装で、直接竈の家までお越しください。
いつも通り、都合のつく時間帯の参加で結構です。

# by uneme_tayuu | 2018-08-28 17:03 | かまど通信 | Comments(0)

処暑号 -今日は旧暦 7月13日です-

私は本をほとんど読みません。

活字が嫌いというわけではないのですが、日常生活の中で読書に時間を割くことがほとんどありません。

図書館には時々足を運びますが、借りるのはほとんどが実用書、たまにビジネス書や自己啓発本、ごくごくたまにエッセイなど。小説は皆無です。

読書が趣味という人には知性的なイメージを抱きますし、待ち合わせなどの隙間時間にも文庫本を開いている人を見るとカッコイイな、と思います。

でもそのイメージだけでは、私も読書をしよう! という行動までには至りませんでした。

以前人から「あなたは本を読んでいないわりに読解力はあるのね」と褒めてもらった(?)こともあり、本は読まないよりは読んだ方がいいと思うけれど、とりあえず日常生活に支障がないならまあいいか、と思って今までやってきました。

しかし最近、読書好きの知人からこんな話を聞きました。

その方の職場にはやはり読書が大好きな先輩がみえて、ある日その先輩からこう声をかけられたそうです。

「あなたもしかして読書好きなんじゃないの?」

「好きです。どうしてわかるんですか?」

「やっぱり。あなたって表現力がとても豊かだから、そうじゃないかと思ったのよ。」

表現力の乏しい私には、目からウロコでした。

「読書=知識・教養のインプット」だと思っていたのですが、実はアウトプットにも大きく影響するなんて!

単純ではありますが、まずは何か1冊小説を読んでみようかと思います。

もしも「ぜひこれは!」というおススメがあれば教えてくださいね。

 千鶴子


# by uneme_tayuu | 2018-08-23 08:40 | 暮らし暦 | Comments(0)

立秋号 -今日は旧暦 6月26日です-

今日は 「立秋」。

暦の上では 秋 となりました。気温35度超、猛暑の暑い秋です。

太平洋高気圧と、大陸の高気圧が重なって、日本列島の空気をチンチンにしているとのこと、この状態は今年だけの 「異常」 なのでしょうか。

あるニュースで、猛暑の原因はすべて、人類の活動によるものである、という記事を読みました。薄々、気が付いていましたが、そうなると、この原因がなくならない限り、猛暑は年々加速度的にひどくなっていくことでしょう。

建築業のワタクシ、先日も鉄板屋根の上で作業していましたが、靴底のソールが溶けて、屋根を汚してしまうので、作業を中断し、夕方6時から続きを行いました。職人さんもみな、赤い顔に汗をしたたらせて頑張っているのをみると、やはり、スペインのようなたっぷり昼休みを設けて、少しでも涼しい時間帯に働く、という働き方改革が必要かもしれません。

できるだけ、この時期の仕事量を減らし、体と心を休めたいものです。

 :::::::::::::::::::::::::::::::

40度を超える暑さでも、熱闘の続く甲子園。この暑い中・・・・、

と思いつつも、この暑さの中で戦うために、これまで厳しい練習に向かい合ってきた選手たち。


この夏の三重県代表は、白山高校。もう、ドラマみたいな大成長をしたこのチーム、甲子園での健闘を強く応援します。


みなさま、暦の上では秋になりましたが、くれぐれも体調管理には気を配ってください。


by 佐野



# by uneme_tayuu | 2018-08-07 15:57 | 暮らし暦 | Comments(0)

大暑号 -今日は旧暦 6月11日です-

二十四節気で最も暑い時期とされる「大暑」がやってきました。今年は大暑を通り越して命の危険が言われるほどの厳しい暑さとなっています。まずは皆様、何卒お身体ご自愛ください。

また、先の西日本豪雨でお亡くなりになられた方々、被害に遭われた方々と地域に対して、心よりお見舞い申し上げます。

私は現在、岐阜県が本業のフィールドですが、この西日本豪雨は関市や下呂市などに大きな被害を与え、農業や観光面でも大打撃となっています。JR高山線は土砂崩れなどで一部が不通となっており、高山方面への観光客の足でもある特急「ワイドビューひだ」は8月半ばまで運休が続くそうです。

そのような中で先日、岐阜県郡上市の八幡地区へ行く機会がありました。ちょうど今月14日から有名な「郡上おどり」が始まったところです。

郡上八幡は、地区の真ん中を吉田川が流れ、江戸時代の大火をきっかけに用水・水路が張り巡らされて現在も独特の水利用がなされている城下町で知られます。西日本豪雨の際は吉田川の護岸の一部が崩れるなどしたものの、地区じゅうが水浸しになることはありませんでした。

地元の詳しい方にお聞きすると、用水溝の一部が吉田川につながる川の上を横切っていて、そこで用水の水位を調節できる仕組みになっているのです。豪雨の際には地区内に大量の水が流れ込まないよう、ここで余分な水は吉田川へ排出されました。先人の知恵と、現代の人に受け継がれる水管理が、大きな災害になるのを食い止めたのでした。

日本は気候変動の新しい段階に入りつつあるとも言われ、先人たちが災害に強いとしてきた地域が安全とは限らない事態も出てきています。

しかしながら、郡上八幡は私たちが大切にすべき多くのことを示唆してくれていると感じます。

(紘)


# by uneme_tayuu | 2018-07-23 11:21 | 暮らし暦 | Comments(0)