人気ブログランキング |

大雪号 -今日は旧暦 11月11日です-

早いもので、新暦ではもう12月。

まだ今はそうでもないですが、日に日に追い立てられるような忙しない気持ちになりそうで、年末ほど平常心を忘れないでいたいものです。


先日、ふとした拍子に車をこすってしまいました。

焦っているつもりはなかったのですが、振り返って考えると、いつもの時間に行かなくては、と心のどこかで思っていたかも知れません。

近年わりと慎重に、車をぶつけたり事故でも起こしたら・・、転んで怪我でもしたら・・、常にあらゆる場合を想定して行動していたつもりなのですが、この秋以降、手首の骨折、車の擦り傷と、続けざまに災難に見舞われてしまいました。


そんな落ち込みそうな状況の時我が家の会話にいつも出てくるのが、母が元気だったころの口癖「大難が小難ですんで良かった。神様のおかげやに。」という言葉です。信心深かった母は何かにつけてこの言葉を本当によく口にしていました。

人によっては「都合のいい考え方だな」と笑うかもしれません。私も若い頃は「また言ってる!」と笑っていたものです。

でも確かに軽い怪我ですんだのも、相手方のいない事故だったのも不幸中の幸い。本当はもっと大きな災難を受けるはずだったのに小さな難ですんだのは、老いた母に代わり神棚をおまつり続けている功徳かもしれない、真剣に考えてしまいました(笑)。


この「大難」と「小難」、愛用している古い故事ことわざ辞典では『大難が小難』としか載っていませんが、ネットで検索するとさらに続きがあって『大難を小難に、小難を無難に』となるそうです。宗教関係者の説法などでも使われているようで、信仰や信心の対象としては日本人に神様も仏様も違いはないようですね(笑)。


さて、せっかく小さな災いで済んだのに、年末に向けて新たな厄災に見舞われてはたまりません。一層気を引き締めて、一年を締めくくりたいと思います。皆さんも、事故や怪我などくれぐれも気をつけて、良き年末年始をお過ごしください。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2019-12-08 07:39 | 暮らし暦 | Comments(0)

看板新調しました

竈の家に新しい看板ができました!
今後はこちらを目印に、どうぞお越しください。
看板新調しました_f0044728_17275331.jpg

# by uneme_tayuu | 2019-12-05 17:30 | かまど通信 | Comments(0)

小雪号 -今日は旧暦 10月26日です-

先日、母親と2人で東京へお出かけしました。目的は、母親の友人に会いに行くことです。

母親がその友人と会うのは10年振り、東京への訪問は15年以上振りです。

母親は今年77歳。

まだ10代の頃、専門学校在学中に青森県で大火があり、先生の呼びかけで、同じ専門学校の青森校へお見舞いの手紙をみんなで書いて送ったそうです。そして母親の手紙を受け取り、返信をくれたのが今回の友人。

以来2人は文通を始め、その友人は卒業後青森から上京し東京で就職され、20代の独身の頃は東京と三重をお互い何度か行き来したそうですが、その後は年賀状のみのやり取りが続いていました。

普段は自分から遊びの誘いなどしない母親でしたが、私が仕事を辞めてぶらぶらしていた時に「東京の友人に会いたいから連れて行って欲しい」と頼まれたのが前回の東京訪問でした。

前回は実に38年振りの再会!待合せの上野駅の改札を抜けて2人が顔を合わせた瞬間、お互い少女の様な笑顔で再会を喜び合っていた光景は今でも忘れられません。

それ以来また親交が密になり、その友人と母親は一緒に旅行したりもしていたのですが、その後お互いの予定がなかなか合わなくなり、10前に会ったのが最後になっていました。

「また会いたいわ」何年もそう言いながら、友人の体調を気遣って訪ねていく日を決められない母親。このままではいつまで経っても会えないじゃないの……、そう思い、多少強引ではありましたが、私自身の都合で日程を決めて今回の東京行きを決行しました。

結果、母親の友人も再会を楽しみに体調管理に努めてくれたとのこと、無事再会出来、一緒に観光したりおうちにおじゃましてゆっくり語らったりと、有意義に過ごすことが出来ました。

母親と同じくお見舞いの手紙を書いた専門学校の同級生の方々は、誰も文通が続かなかったそうです。もし母親が手紙を書いていなかったら、もし受け取ったのが違う人だったら、もしその人が上京していなかったら……。

2人をつないだご縁と重ねてきた時を思うと、とても感慨深いものがありました。

 千鶴子


# by uneme_tayuu | 2019-11-22 13:01 | 暮らし暦 | Comments(0)

立冬号 -今日は旧暦 10月12日です-

 立冬2019

朝晩の冷え込みが増してきたこの頃、皆さん風邪などひかれていませんか。

私の住む鈴鹿市から望む鈴鹿山脈の山々は、中腹まで紅葉が下りてきており、季節は秋から次へと移りつつあります。

そして今日は立冬。暦の上ではもう冬です。

11月に入り、遅ればせながらも衣替えをした我が家。息子18歳は身長180cm弱、もう私とは10cm以上も差があります。

となると、私服の高校に通う息子の、いわゆる おふる を頂戴することになるのが、このタイミングです。

比較的、体形が変わらない私、何年も同じ服を着続けているので、息子チョイスのデザインや流行は、新鮮な装いになります。まあ、足の長さの違いが気になりますが・・・

なんとなく同じ系統を選んでしまう冬服、今年は若者の流行も取り入れて、気分を明るく過ごしていこうと思います。

さて、この季節、待ち遠しいのが 薪ストーブの 火入れ 。室温が20度を下回ると、ついつい焚きたくなります。そしてこの時期、暑い暑いと言いながら、半そででビールを飲む至福。

今年の冬も、揺れる炎を見ながら、楽しく、温かくすごしましょうか。

 佐野裕之


# by uneme_tayuu | 2019-11-08 11:14 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年11月

11月16日(土)10:00~16:00

2カ月お休みした竈の家の庭そうじを再開します。

朝晩肌寒くなってきて、そろそろ火が恋しい季節でもあります。

何人か集まったら木の枝や枯葉を燃やして焚き火を囲んでも楽しいですね。

ご協力いただける方は、直接竈の家までお越しください。

いつも通り、都合のつく時間帯からの参加で結構です。



# by uneme_tayuu | 2019-11-07 09:45 | かまど通信 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

12月 1日(日) 13:00~16:00


タティング・レースという、シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みの最初に一歩をお手伝いをしています。

判りやすく丁寧に、最初の一歩をお手伝いします。お茶やお菓子をつまみながら、楽しく体験してみませんか。道具をお持ちでない方には道具をお貸ししますので、手ぶらでお越しください。

今年は最後のレッスン会になります。


 参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2019-10-28 10:15 | かまど通信 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

12月 1日(日) 13:00~16:00


タティング・レースという、シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みの最初に一歩をお手伝いをしています。

判りやすく丁寧に、最初の一歩をお手伝いします。お茶やお菓子をつまみながら、楽しく体験してみませんか。道具をお持ちでない方には道具をお貸ししますので、手ぶらでお越しください。

今年は最後のレッスン会になります。


 参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2019-10-28 10:15 | かまど通信 | Comments(0)

霜降号 -今日は旧暦 9月26日です-

10月も終わりに近づき、日の入りの早さを感じる今日このごろです。

まずもって台風19号をはじめとする大雨による土砂災害や浸水災害で亡くなられた方々、被災された方々に心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

週末のたびに荒天というイメージのある今年の秋ですが、それでも過ごしやすい気候になってきました。そこで一念発起して、1か月ほど前からウォーキングや軽いジョギングを始めました。日ごろからデスクワークが中心で、運動不足に陥っているためです。

直接のきっかけは、夏の終わりごろから肩や背中がまさに固まっている(!)という状態になり、「これはマジでまずい」と思ったこと。若いころと比べて筋力が衰えてきていることを痛感しました。とはいえ「毎日必ず〇?走る」というような目標はかえって気が重くなってしまうので、会社帰りにたくさん歩くようにしたり、気が向いた日は帰宅後に自宅周辺をゆっくり走ったりしています。

現代社会は情報と手軽な娯楽があふれていて、ついつい自分もスマホの画面ばかり見ているような生活で頭が疲れてしまっていたと反省。知り合いにはお見せできないヨタヨタな走りですが、心身をリフレッシュするという感覚を自分なりに取り戻していきたいと思っています。


(紘)


# by uneme_tayuu | 2019-10-24 09:38 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家ピアノ設置記念コンサート

竈の家ピアノ設置記念コンサート_f0044728_10571918.jpg
竈の家に、自宅にあった古いピアノを移設することにしました。

その記念のお披露目コンサートを開催します♪

秋の夕暮れの短い時間ですが、プロの演奏家さんの奏でる美しい音楽を聴きにきませんか。


日 時 11月18日(月) 16:00~17:00

場 所 :暮らしを楽しむ竈の家 

      四日市市采女町(三重交通バス 古市場バス停前)

◎ 入場無料!

◎ 駐車場に限りがありますので、車でお越しの場合は、なるべく乗り合わせでお願いします。

◎ お座敷に座って聴くスタイルです。足の具合の悪い方には椅子席をご用意しますので、事前にお申し出ください。


# by uneme_tayuu | 2019-10-18 10:44 | かまど通信 | Comments(2)

寒露号 -今日は旧暦 9月10日です-

「寒露」(かんろ)


露が冷気によって凍りそうになるころ。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。『暦便覧』では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明している。

(ウィキペディアより)


大型の勢力の台風19号が迫ってきていますね。この週末ちょうど日本列島を縦断する感じだと予報が届いています。

秋のイベントなども多いこの時期、自然災害への心配と共にイベントの開催をどうするか? 予報を聞きながら判断をどのようにするのか迫られている方も居ると思います。日本への上陸は避けられないと思いますが、少しでも影響が少なくなることを祈ることしかできないのも自然現象、と感じています。私も秋の幻灯会という演目を控えているのでもちろん人ごとではないのですが……。今後の進路に注意を払いたいと思います。

先日写真関係のイベントに出席のために台北に行っていました。そのイベントの帰路、空港に向かう前に宿近くの界隈を歩きながら老舗の台湾のお茶屋さんに立ち寄りました。(偶然にも地球の歩き方という本にも載っていたお店でした)

120元の冷たいお茶を呑むために通りに面するカウンターの立ち飲み販売に寄ったのですが、そのお茶ができあがる待ち時間に日本語で「こちらへどーぞ」という店主の言葉に誘われて、店内に入ってみました。流暢に話す日本語で「あなたはどうして台北に来たのか?」などの質問に答えながら(台湾では日本語が話せる人も割と見えます)「先にその20元の冷茶を飲みなさい。飲んだらそれとは違うもっと美味しいお茶を入れるから。」と話してくれたので、言われたとおりにその20元茶を飲み干し、その後阿里山と呼ばれるところで収穫された「高山烏龍茶」というお茶をいただいた。

透明な急須でお茶の出る様子をじっくりと見せてもらいながら先ずは匂いを嗅ぎそれからちょうど利き酒をするような感じで空気と混ぜながら音とジュルルと「日本だったら行儀が悪いといわれますね。」と言われながら味わう。冷茶とは全く違う別物のお茶の味が口の中に広がり、数杯いただくとなんだかリラックスというかホワーッとしたような感覚になりました。

沈静作用というようなものでしょうか身体が落ち着いていく感じでした。珈琲を飲んだときともお酒を飲んだときとも違う、こういう感覚をリラックスというのか、などと感じながらとても良い感覚だったので自分で飲むためにそのお茶を購入しました。

いつも旅先ではバタバタとすることが(国内の日常でもバタバタしていますが)非常に多いのですが、何のご縁かわかりませんが、たまたま入った老舗お茶屋さんのおかげで短時間でしたがリラックスすることができました。

イベントも多いこの時期、少し休息時間もとりながら秋の時間を過ごしましょう。

人それぞれの方法で一息つくことは、思考の切り替えのためにも忙しい時ほど必要です。

というお話でした。

お付き合いありがとうございました。


 写真師松原


# by uneme_tayuu | 2019-10-08 08:48 | 暮らし暦 | Comments(0)