人気ブログランキング |

<   2020年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋分号 -今日は旧暦 8月 6日です-

【秋分】

今日は「秋分」です。

7月の連休からGoToトラベルキャンペーンが始まりました。すぐにお出かけする気にはなれませんでしたが、旅行や遠出をしなくなって半年ほど経ち、世間も「コロナ対策して経済をまわそう」的なムードになってきているように感じます。そろそろどこかへ出かけてもいいのかなぁ…そう思っていたところに、奈良の吉野に住む知人から久しぶりに遊びに来ないかと連絡がありました。この連休、特に予定もなく、友人を誘ってみたら彼女もOK、とんとん拍子に話は進み、久しぶりの泊まりがけ旅行が実現しました。(往復マイカー&宿は知人宅で、GoToは全く関係のない旅行でしたが。)

「吉野町だけじゃなくて、明日香村でも橿原市でも、見たい所があればどこでも案内するよ」知人はそう言ってくれていたのですが、特にここに行きたい! という所が思い浮かばず、連れて行ってもらったのは知人推しの御所市「水平社博物館」でした。水平社というと教科書で学んではいるものの特に知識もなく、外観はそれほど大きくないその博物館でしたが、展示の内容はとても濃いものでした。たった1回そこに行っただけであれこれ語れるほどの知識が頭に入ったわけではないのですが、印象に残ったことをひとつご紹介させていただきます。

展示は水平社が創立される背景から時系列となっていて、その中で活動を支えた経済力についての解説がありました。

創立メンバーのひとりである阪本清一郎氏は膠(にかわ)製造業を営んでいて、その工場で生産される膠(にかわ)は非常に質が高く、奈良の墨を作るのに欠かせない物であったそうです。展示物の中には会社の帳簿もあり、その販売先は広範囲に渡り、中には「伊勢市白子」の記述もあると解説されていました。なるほど、鈴鹿の墨が高品質だと言われるのはその膠を使用していたからなのかと納得し、また当時その会社がどれほど栄えていたかということも自分なりに理解することができました。

吉野~御所の行き帰りには、石舞台古墳の横を通過ました。連休中ということもあってか、人の姿は割と多いように感じました。車の渋滞はありませんでしたがそれでも、観光地には少しずつ観光客が戻ってきているのかなぁと思いました。

その一方で、帰りに立ち寄った夕方の上野ドライブインや関ドライブインでは、駐車場に観光バスは1台も停車していませんでした。そういえば名阪国道でも、東名阪道でも、観光バスは見ていないような気がします。団体旅行というのはまだまだ様子見が続くのかもしれません。

今回の旅行は、観光の他にも近くの山歩きをしたりと、とても充実して楽しいものでした。久しぶりということもあり解放感も大きく関わっていると思います。これからも気を緩めることなくコロナ対策しつつ、少しずつ機会を増やしていけるといいなぁと思いました。

 千鶴子


by uneme_tayuu | 2020-09-22 21:36 | 暮らし暦 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

10月 4日(日) 13時から16時まで


シャトルでつくるレース編みの体験会です。シャトルはレンタル出来ますので、道具をお持ちでない方でも大丈夫。手ぶらでお越しください。

三密を避けるため6名様までの募集です。参加ご希望の方は事前予約をお願いします。

お申込みはこちらから。


参加費 1,500円(お茶菓子付き)


 (作品例)アクセサリーのパーツやドイリーなど様々

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家_f0044728_14211114.jpg


(前回サークルの様子)
タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家_f0044728_14232698.jpg



タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家_f0044728_14235163.jpg


by uneme_tayuu | 2020-09-15 14:31 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家の家事仕事:2020年9月

 庭そうじ 912日(土)10時から16時まで

 家そうじ 927日(日)10時から16時まで

都合のつく時間帯のみの参加で結構です。お手伝いいただける方は、作業のできる服装で、直接竈の家までお越し下さい。


by uneme_tayuu | 2020-09-11 09:26 | Comments(0)

白露号 -今日は旧暦 7月20日です-

 白露 

今日は現代暦97日、二十四節気の一つ、白露です。

今は台風10号のニュースを見ながら、原稿を書いています。

猛烈な、もしくは非常に強い勢力で日本に接近する台風10号。この台風は、50年に一度の巨大台風ではなく、もう、普通に毎年のように襲来する、これからのスタンダードの台風となると予想できます。

三重県鈴鹿市の海水浴場に足を入れると、おやっ、と違和感を感じます。そう、温かいのです。そして、何十年も通った海水浴場の砂浜はどんどん小さくなり、遠浅だった海は、いつからかすぐに深くなってしまったのです。

この海水温は、台風の勢力をどんどん強めて発達させます。

この、10号クラスの台風が、いつどこに上陸しても不思議じゃない時代になりました。

私は建築業ですので、施工中の現場や、引き渡した住まいなど、台風が来るたびに神経をピリピリとすり減らします。そんな、私の心配など、足元にも及ばないほど心配されているのは、農家の皆様でしょうか。

地元はもちろん、被害の集中すると思われる九州も、皆様無事でありますように。今は、祈るしかありません。

さて、長男は今年、大学一年生になりました。授業も始まり、やりたいサークルも決まり、アルバイトもし、青春真っ盛りです・・・・・・ということはなく、リモート授業からの夏休み。大学の友人は一人もできず、まだ、一度も校門をくぐったことがない、という状態です。10月からの二学期、無事に始まることをつとに祈っています。最も学習意欲の高いこの時期に、親友や先輩から、刺激を受けることのない、新大学生の皆様。ストレスも大きいと思います。きっと嵐は必ず去り、太陽が顔を出します。10号の過ぎ去る今日、笑顔の方が一人でも多いことを強く期待します。

 佐野


by uneme_tayuu | 2020-09-07 10:38 | 暮らし暦 | Comments(0)