人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋分号 -今日は旧暦 8月25日です-

暑さもようやく一段落し、至るところで秋を感じる今日この頃。

台風や長雨でぐずついたお天気の日も多いですが、晴れた日には空が高く澄んで、とても気持ちがいいものです。

夏の疲れを癒し、冬に備える大切な季節。

十分に心身を休めることを心がけましょう。

ところで、気温や湿度以外に秋を感じるものの筆頭といえば、名月や虫の声ではないでしょうか。

我が家でも9月に入った頃から蝉の声がピタリと止まり、昆虫の大合唱が聞こえるようになりました。緑が多いせいか、川に近くて湿気があるせいか、夜中だけでなく昼日中から、コオロギ、マツムシ、スズムシ、クツワムシ? などあらゆる虫が競いあって、うるさいほどに毎日毎晩、鳴き続けています。

そんな訳で、都会のマンション住まいの人からすれば羨ましいような環境であろうと自負していました。

ところが一週間ほど前、遠縁の叔母の家を用事で訪ねると、玄関に入った途端、「リリリリリーーーーーーーン」と虫が一声鳴いたのです。

「えっ! これ鈴虫の鳴き声!?」

衝撃が走りました。何とも言えないくらい澄んだ綺麗な高音で、しかも一声が長くて余韻がありました。

夏前に同じ叔母を訪ねた時、玄関の上がり框に、大きなプラケースの虫かごが何段にも積まれていたのを思い出しました。

叔母は毎年鈴虫を育て、「近所に配ってあげるんやが」が趣味の一つであったようで、その時は「鈴虫くらいわざわざ飼わなくてもいくらでもいるやん」と思った私でしたが、その鈴虫は今、玄関の靴箱の中で、私が今まで聞いたこともないような美しい音色で鳴いているのです。

それは玉簾れの育ちとこも垂れの育ちほどの違いがあり、心底羨ましくなりました。

一昔前まで、鈴虫を押入れで飼って鳴き声を競うという遊びがどこの田舎でもありましたが、鳴き声にこれほどの違いがあるとは、ついぞ知りませんでした。

平安の昔からあったという虫の鳴き声を愛でる文化、昔の人は粋な遊びをしたものです。

 By かまど管理人


by uneme_tayuu | 2019-09-23 16:15 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年9月 vol.2

明日の庭そうじ、都合により中止します。

予定してくださっていた皆さん、申し訳ございません。


by uneme_tayuu | 2019-09-22 12:04 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年9月

9月23日(月・祝)10:00~16:00

お彼岸の中日にお庭のお手入れをします。

このところ不安定な荒れた日が続いていますが、この頃には落ち着いた澄み切った空を眺めながら作業したいものです。

今月もお手伝いいただける方は作業の出来る服装、軍手持参で直接竈の家へお越しください。

いつも通り、都合のつく時間帯からの参加で結構です。

肌の露出は控えた服装を、お勧めします。

by uneme_tayuu | 2019-09-11 10:49 | かまど通信 | Comments(0)

白露号 -今日は旧暦 8月10日です-

今日は幼稚園児の姪っ子と、世界旅行をしました。イタリアはローマ、フランスはパリ、ベルギーはブルージュ、韓国はソウル、どこも魅力的な街で、通りを眺めるだけでワクワクします。

…はい、お察しのよい方はもうおわかりですね。もちろん実際に旅行したわけではありません、Googleマップのストリートビューです。

もともと地図を眺めるのは好きなのですが、PCだと見たい箇所がすぐに見られて縮尺も自在に変更できるし、新しい道路が開通すればすぐ更新されるし、お店などの情報も表示されるし、本当に便利ですね。

姪っ子はまだまだPC操作には慣れていませんが、私が操作しているのを見つけるとすぐそばに寄ってきて自分も操作したがります。Googleマップなら変にデータを更新されたり削除されたりといったことはないかな、と思って今日はマウスを預けてみました。

ローマの街並みをストリートビューで歩いていたら、「ここはお空がくもってるから、晴れてる所に行く」と晴れている地区をあちこち探してまわったり、空が晴れている所にたどりついたら「お空がきれい」と言ってマウス操作で空を見上げたり(え? そんなこと出来るの???)。

私自身も自分が好きなように使っているだけで、機能を使いこなしているわけでは全くありませんし、使い方もほとんど知らないに等しいのですが、子供の視点が私の思考の枠を超えていておもしろかったです。

20代の頃は勤めていた会社が比較的連休を取りやすかったこともあり、何度か海外旅行に出かけましたが、今はなかなかそうもいかず、海外とも縁遠くなってしまいました。

でもこういう便利なツールを使って自宅に居ながら、自分が選んだ街で自分が選んだ道を歩いている気分になれるってすごいなぁとあらためて思います。

もしも一生のうちであと1回しか海外旅行に行けないとしたら、どこを選びますか?

私はイースター島に行きたいです!

でももしかしたら、日数や費用や体力やいろんな問題で、一生行かない・行けないかもしれません。(近場の海外には行けたとしても。)そんな時は、大きくなった姪っ子や将来いるかもしれない姪っ子の子供と一緒に、その時代に存在する家庭用疑似旅行体験ツールなどを使って「おばちゃんはここに来たかったのよ~」なんて行った気分を満喫しているかもしれませんね。

 千鶴子


by uneme_tayuu | 2019-09-08 11:35 | 暮らし暦 | Comments(0)