人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大暑号 -今日は旧暦 6月21日です-

 「大暑」

「韓国」に行ってきました

まだ梅雨明けを迎えない三重ですが「大暑」を迎えました。

土用の丑の日も本番を迎える時期でもありますね。

大暑を迎える前日まで隣国である韓国に劇団の韓国公演記録撮影のために行ってきました。私は韓国に行くのははじめてでした。

演劇公演が行われたのは安山市という仁川空港からバスでおよそ1時間20分ほどのところの町。比較的新しい工業都市。

工業都市という性格上か滞在した宿を含めて劇団員以外の日本人に会うことはほとんどありませんでした。

そして街の看板から案内板などを覆い尽くすのはハングル文字。過去の海外渡航で漢字文化圏ならなんとなくなんとかなっていましたが、ハングルの独特の文字は全く読めません。完全にお手上げです。口から出せる言葉もカムサハムミダ、アンニョンハセヨ、しかわからない。(もうちょっと言葉覚えて行きなさい! ということなのですが)

移動中も何か話しかけられるも全く聞き取れず、手を上げて「わかりませーん」とするしかない情けない状態です。

バスを降車してすぐに腹ごしらえをしよう、と食堂に入ってみたものの壁にあるのはハングル文字だけのメニュー表。

写真がたまたまあったのでそれを指さして注文。貝の入ったうどんとトンカツのようなものとご飯がセットになって出てきてそれを食べるもその値段がわからない!

支払い段階でメニュー表を指さしてもらって無事解決。そのあと降りたところが安山駅というところで本当は安山バスターミナルで降りるということで一つ早くバス停を降車したことに気づき、Googleを使ってバスで移動を試みるも、どれに乗れば良いのかわからず断念して電車で移動、なんとか担当者と合流できる、というなんとも初日からドタバタでした。

演劇記録撮影の合間に「仁川」や「ソウル」にも足を運びました。

仁川市では旧日本人街が現在も残っていたりするので残存する日本建築を見せてもらったりもしました。

そこで食べさせてもらった「プデチゲ」(軍隊鍋)が美味しかった。(辛さはかなり控えてもらいました。)

ソウルでは韓国の銭湯「モギョクタン」(沐浴湯)に足を運び韓国語に囲まれながら湯船につかったりもしました。(沐浴湯は現在日本と同じように減少していると話してくれました)

理髪店などもあってパンツ一丁で髪を切ってもらっている姿が印象的でした。

ソウルに行かれるときは「モギョクタン」是非足を運んでみて下さい。

海外では毎度のことですが翻訳ソフトの入っているスマートフォンは大活躍してもらいました。

文明の機器で見ず知らずの人とのやりとりができるのは面白くもあり、不思議な感覚でもあります。

文明のおかげで幅の広がるコミニュケーションもあるということをいつも実感させてもらいます。

いつものように「まち」の撮影も行いました。

三脚につけた大型カメラが見せてくれる上下左右逆さまの画像を見つめながら人の住んでる街の姿はたとえ言葉が通じなくてもやっぱり好きだな、50を過ぎてあとどれくらいの数の「まち」を見たり歩いたりそして写真を撮影したりできるだろうか?

そんなことを考えていました。

アジアの「まち」を大判カメラというフィルムカメラで撮影をしている作業、印画紙というプリントで仕上がりましたらまた皆さんにまた見てもらいたいなあ、と思います。

国と国と関係性ではいろいろなことがあり、韓国のことを「近くて遠い国」と呼ぶこともかつてあったようですが、個人としてまた訪ねて行きたいと思いました。その距離感がどのような者なのかを確かめるために。

長文、お読みいただき、ありがとうございました。

   写真師松原


by uneme_tayuu | 2019-07-25 09:24 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年7月

7月28日(日) 10:0016:00

長梅雨で伸び切った草木の剪定をします。

日曜日、お休みのひと時ですが、ご協力いただける方ございましたら、直接竈の家までお越しください。

いつも通り、都合のつく時間帯の参加で結構です。




by uneme_tayuu | 2019-07-22 11:18 | かまど通信 | Comments(0)

小暑号 -今日は旧暦 6月 5日です-

早くも今日から「小暑」です。

梅雨明け前の蒸し暑さに、日中は玉の汗が噴出、夜は夜で寝苦しさにうんざりする日々ですが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 暑さの本番はこれからです。熱中症対策はどうぞお忘れなく。

さて、この「小暑」。二十四節気は、太陽が黄道を通る経路を24等分した角度で決められているので、年によって多少の前後はありますが、太陽暦を採用している現代暦のおおむね77日に当たります。節気の名称も、これから一番暑い「大暑」まで、本格的な暑さが始まるという意味では、今も昔も、我々の感覚と合致しているといってよいでしょう。

問題は、例年「小暑」とかぶる「七夕」です。

七夕は昔から77日という日付に固定された年中行事なので、新暦で行事を執り行うと梅雨の明けきらないうちにその日を迎えてしまい、織姫と彦星は毎年ほぼ会えないという結果になってしまいます。よしんば晴れても満月に近くて星が見えない!など旧暦ではあり得ない事態も起こりがち(笑)。

集客を期待する大きなお祭りなどは、雨で客足が遠のくのを恐れてか、七夕とは関係のない日にちを開催日に設定しているところも多いようです。

例えば、仙台市は、現代歴で月遅れの87日に固定して七夕祭りを開催していますし、愛知県一宮市も七夕祭りで有名なところですが、こちらは、日付は固定せずに梅雨の明けた7月後半を開催日とすることが多いようです。

もちろん、新暦や旧暦の77日に開催している地域もあるでしょうが、こういったばらつきの原因は、新暦への改暦の際に、年中行事の日付を新しい暦によるべきか、従来の暦のままで行くべきか、はっきり決めずに猛スピードで改暦に突き進んだことが原因でもあります。年中行事をどうするか、地域や人で考え方に差が出るのは当然のことでしょう。


個人的には旧暦で祭事を楽しみたいなと思いつつ、先日、既に「七夕茶会」なるものを体験してきました(笑)。

笹の葉や短冊の描かれたお茶碗や天の川をイメージしたお道具類、半分ずつ別々の箱に仕舞われ1年に一度しか合えない茶杓など、いろいろな趣向を凝らした楽しい茶会でした。

要は、新暦・旧暦と堅苦しく考えず、折々の季節感を楽しむことで、心にゆとりや遊びができたら満足なのかもしれません。

皆さんも、慌ただしい中にも季節を感じられる何かを見つけて、日々過ごしてくださると“暮らしを楽しむ竈仲間”として、嬉しい限りです。

 By かまど管理人


by uneme_tayuu | 2019-07-07 11:55 | 暮らし暦 | Comments(0)