<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

竈の家の庭そうじ:2018年5月

5月6日(日)10:00~16:00

GWの最終日にマルシェの後片付けもかねて、家のお掃除します。
動いてもまだそんなに汗をかかない、作業するにはよい季節。
当然お出かけするにも良い季節ですが(^-^;
お手伝いいただける方は作業の出来る服装、軍手持参で直接竈の家へお越しください。
いつもの通り、都合のつく時間帯からの参加で結構です。

[PR]
by uneme_tayuu | 2018-04-24 15:29 | かまど通信 | Comments(0)

穀雨号 -今日は旧暦 3月 5日です-

 「穀雨」

夜、いつのまにか蛙の鳴き声が響き渡る季節を迎え、二十四節気の一つ「穀雨」と呼ばれる時期となりました。

穀雨は種まきや田植えの時期に降る雨のことを指し、この時期の雨は「百穀春雨」と呼ばれているようであらゆる穀物に恵みを与えてくれる雨のようです。
私の在住地三重県津市美里町では、ちょうどこの時期あたりに蛙の鳴き声が聞こえはじめ、「まもなく田植がはじまるのだな」と毎年感じるわけです。
またこの時期は里山が緑の若葉で輝く時期になります。秋の紅葉と共にこの新緑に囲まれた風景も美しい。日本の風景は季節ごとの変化がはっきりとあって、毎年繰り返される変化を視覚、聴覚、嗅覚などの五感で感じながら季節ごとの感覚を呼び覚ましている、と感じます。


先日大阪伊丹市美術館で開催されている写真家「ソール・ライター」展に足を運んで来ました。
http://artmuseum-itami.jp/exhibition/current_exhibition/13857/
「ソール・ライター」の名前はドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(制作2012年、日本公開は2015年)で全国巡回したので映画を見て名前をご存じの方も見えるかもしれません。
ニューヨークで第一線のファッションカメラマンとして活躍後突然姿を消し、その後作品集をきっかけに再び世界的な脚光を浴びた写真家でカラー写真を多用した写真家でもあり写真と絵を描き続けた作家としても知られています。
伊丹市美術館での構成は3部屋に分かれていてそれぞれの区切られた世界を少し移動することでより深く体感でき、「私たちが見るものすべてが写真になる」などの写真展示の間に書かれているソールライターの「確信」と感じられる言葉にも感銘をうけました。
ファッションという時間の流れの速い舞台から降板し、その後映画タイトルにもあるような「急がない人生」を歩んだ一人の写真家の見つめた世界=写真の展示は身に染みるものがありました。降りることで見える世界があるということを実践されたのだと私は解釈させてもらいました。
平日にもかかわらず若い人も含めて来場者が沢山いました。(若い人が多い展覧会というものは風通しがよいとこれも勝手に解釈してます)
忘れないために久しぶりに図録を購入しました。
是非足を運んでいただきたい展覧会としてお知らせさせてもらいました。


 写真師松原

[PR]
by uneme_tayuu | 2018-04-20 14:47 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の大黒様

竈の家の大黒様です。

米袋に、打ち出の小槌に、宝珠にと、いかにも縁起物らしい出で立ちで、常緑樹の生い茂るちょっぴりうす暗い、常盤木の杜の椎の木の根元に、居を構えていらっしゃいます。

f0044728_14542061.jpg




[PR]
by uneme_tayuu | 2018-04-17 14:56 | かまど雑記 | Comments(0)

清明号 -今日は旧暦 2月20日です-

 清明 〜草木清明、風光明媚〜

今日は、二十四節気の「清明」。
花粉症の人にはつらい季節ですが、本来はその名が示す通り、明るく清々しい空気に満ちた、過ごしやすい季節です。

今まで、かまどの味噌作りを、大寒の頃の雑菌の混じらない冷たい水で仕込みたいのと、人手を頼みたいとの理由から、お餅つきの行事と兼ねて続けてきましたが、今年は思い切って分けてみて、つい先日仕込みを終えました。
やってみて気づいたことは、人手はそんなに要らないし、水がぬるい方が逆に作業はやり易く、凍てるような寒さがないので身体がとても樂、ということです。手際よく、なんて考えなくても、することは味噌の仕込みだけ。楽しんで作業を終えることが出来ました。

何事もルーティンは楽ですけれど、思考を停止させるもの。
たまには、変化をつけて、いろいろ試すことも大事ですね。

仕込みを終えた後は、近くの桜の名所を歩きました。そこは、昭和50年代初頭、地区の老人会によって植樹され、以後地域の人によって大切に守られている川沿いの桜並木です。事実、川の両岸に広がる千本桜には提灯や幟が立てられ、遊歩道沿いの公園では祭りの準備が整っていました。
散歩を楽しむ人やカメラを手に歩く人も、遠くから来た人というよりは、普段着姿の地元民風。家族や仲間とお花見BBQを楽しむ家もそこかしこに見られました。
川は、氾濫など一旦自然災害が起こると、ひどい形相で私たちに立ち向かってきます。この川も、台風や大雨などで市から緊急速報が届くと、真っ先に避難勧告の出る川ですが、普段は住民に愛され、生活に深く溶け込んでいることが判りました。
桜が植樹される前がどうだったかは判りませんが、40年という桜との歳月が、川に対する愛着を住民に植え付けたことは間違いないでしょう。

竈の家は、活動を始めて今年で14年目。まだ日は浅いとは言うものの、かなりの年数です。あえて媚びるつもりはないけれど、これからも地道な活動と、手塩にかけて家を守ることで、より地域に愛される存在になりたいと思いました。
皆さん、これからもサポートよろしくお願い致します。


 By かまど管理人


[PR]
by uneme_tayuu | 2018-04-05 10:05 | 暮らし暦 | Comments(0)

かまど味噌の仕込み終了

かまど味噌の仕込み終わりました。

いままでは、人手がある時にと、お餅つきのついでに慌ただしく仕込んでいましたが、今回やってみて、人手は二人で充分とわかりました(^^)

のんびりと、時々流れる音楽に耳を傾けながら、味噌だけのために使われた大切な時間。

今年の味噌の出来上がりが楽しみです。

f0044728_10533361.jpg
             《大豆を炊いています》
f0044728_10534488.jpg
f0044728_10535959.jpg
   《米麹と豆麹を合わせて一粒づつバラバラになるまでほぐします》
f0044728_10540998.jpg
          《塩を加えて切り麹をつくります》

f0044728_10541467.jpg
         《大豆を冷まして切り麹と混ぜ合わせます》
f0044728_10542166.jpg
 《丸めて樽に仕込みます》


[PR]
by uneme_tayuu | 2018-04-04 10:52 | かまど通信 | Comments(0)