<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大寒号 -今日は旧暦12月 4日です-

 大寒 〜厳寒を感ず〜

皆さん、「左義長(さぎちょう)」って知っていますか?

私には毎週末楽しみにしている新聞のクロスワードがありますが、その先週のクイズの設問に『どんど焼き、さいと焼きなどともいわれる、小正月の火祭りの行事』というのがありました。
答えがまさに「サギチョウ」なのですが、その時まだ左義長を知らない私は、どんど焼きはどんど焼きじゃないの?他に言い方ってあるのかしら?
設問の答えは空欄のままでした。

それから数日、このかまどメールを書くにあたり、歳時記などをパラパラとめくっていて図らずも「左義長」の欄を見つけることができました。

その歳時記によると、左義長はもともと、平安時代、宮中の清涼殿で行われていた、青竹を束ねて立て、毬杖(ぎっちょう)という毬を打つ長柄の槌3本を結んだ上に扇や短冊を置いて、陰陽師が謡いはやしながらそれらを焼く“悪魔払いの儀式”で、それがいつしか民間に広まって、一年の初めに正月飾りを焼いて、無病息災、五穀豊穣を祈る行事となったそうです。
小正月の早朝から火を焚きはじめ、立ち上がる火の中に、前年の煤払いで下げたお札、正月に飾ったしめ縄飾り(我が家ではしめ縄も一年中飾りますから前年の)や門松、書初めなどを燃やします。
その火で焼いた餅や団子を食べると、その年は無病息災で過ごすことができるそうです。また、左義長で焼いた書初めが高く舞い上がると習字の腕が上がるという言い伝えもあるそうです。

いや、全く知りませんでした(汗)。
もちろん、地域によって、どんど焼き、道祖神祭り、三九郎焼き、鬼火、オンペ焼きなどと呼ぶところもあるそうで、左義長を知らなくても問題ないとは思われるのですが、恥ずべきは火祭りのその意味です。不要になった古いお札を焼く行事とういだけでは、次世代に日本の伝統やしきたり、年中行事を正しく伝えていくことなどできません。

今回左義長を知ったことで、クロスワードの空欄はほぼ埋めることが出来ました(笑)。
伝統やしきたりについても、改めて学習し直す機会を得たようで、新年幸先の良いスタートです。

 By かまど管理人


[PR]
by uneme_tayuu | 2018-01-20 11:07 | 暮らし暦 | Comments(0)

小寒号 -今日は旧暦11月19日です-

「言霊」という言葉、一度は耳にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
言葉には魂が宿っている、何かしらの力が秘められている、私はそのように解釈し信じています。

水が入ったペットボトルに「ありがとう」などのきれいな言葉を書いた紙を見せて、その水を凍らせると、とても美しい氷の結晶が出来る、という実験写真を本で見たことがあります。逆に「ばかやろう」などの汚い言葉を見せた水は、結晶がいびつだったりどこかが欠けていたりしていました。
人間は体の70%が水で出来ている、汚い言葉を使うと、自分の身体の中の水が汚れていくよ、という様な事をその本の持ち主から教わりました。
なるほどな〜と思った私は、なるべくきれいな言葉・良い言葉・ポジティブな言葉を使うことを心掛けようと思いました。

そうは言っても、日々の生活の中ではついつい愚痴や悪口が出ます。 「私の中の水が汚れていくな〜」と頭では思いつつ…。
しかしこの年末年始、とあるお笑い系トーク番組を観ていて、やはり汚い言葉には気をつけなくては!!! と思ったことがありました。
とある女性コンビの片割れが、2人で決めた約束事を守らない相方にイラッとして、ついお風呂場でのひとり言で「クソがっ!!!」と叫んでしまったそうです。それ以来なんとなく、お風呂場で「クソがっ!!!」と叫ぶのがクセになってしまって、しばらくそれを続けていたら…お風呂場がカビだらけになってしまったそうです!!!

汚い言葉の威力というものを改めて思い知らされました。
今年は去年よりも意識して、きれいな言葉・良い言葉・ポジティブな言葉を使っていきたいと思います。

 千鶴子

[PR]
by uneme_tayuu | 2018-01-05 11:04 | かまど通信 | Comments(0)

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ

年末恒例行事のお餅つき。
竈の家では旧暦で時間が進んでいますので、今回も世の中が新年を迎えた後、
正月気分が落ち着いてから開催致します。
開催日時は下記の通り。
ご家族、お友達、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。
             記
日  時:  2018年 2月 11日(日・祝) 9時頃~日暮れまで
場  所:  四日市市采女町1090番地 暮らしを楽しむ竈の家
参 加 費:  大人 500円、小人 300円+ 差入れ・寄付歓迎 
マイ食器ご持参でご参加ください。
 *食器の貸出は有料です(一人50円)

※飛び入り歓迎ですが、一応申込制ですので、参加を希望される方は、なる
べく2日前までにご予約ください(ここ)。
お電話でも受け付けております。

{当日のおおよそのスケジュール}
    9:00~ 火熾し
   10:00~ 1回目のもち米蒸し、野菜下ごしらえ
   11:00~ 餅つき
   11:15~ 1回目の試食開始
       :
       :    以降、もち米蒸しあがり次第餅つき
       :
   15:00~ 後片付け

寒い時期ですので、防寒対策忘れずに!

* 近くに駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
 どうしても車でないと不便な方はお車でお越しください。
 少し離れていますが、駐車できるスペースをご案内いたします。

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらから
[PR]
by uneme_tayuu | 2018-01-04 16:47 | かまど通信 | Comments(0)