<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小雪号 -今日は旧暦10月 5日です-

雨降りの美里で書いています。2、3日の寒波到来の日に比べると少し暖かいです。

小雪(しょうせつ)の原稿を書いています。いつものようにパソコンで検索してみます。

「小雪」は二十四節気の第20番目でわずかながら雪が降り始めるころ。
ちょうど先日の寒波で雪が降ったところも多かったようです。三重県も鈴鹿山系では雪化粧をしていました。わが家もようやく炬燵を出しました。

全くの余談ですがパソコンで「小雪」検索すると女優の「小雪(こゆき)」という松山ケンイチという人と結婚した人が出てきました。TV大好きの私ですが久しぶりにその女優の顔を見たなあ、検索の面白いところはキーワードを入れたときに主たる検索事項以外の事柄が機械的に出てくる面白さにもあるよな、と思い込んでいます(笑)「こゆき」という名前のついている女性も多いなあ、肌は白い感じだなあ、と連想ゲームのようにいろいろ想像しながら本題からだんだん逸脱していきます。
そういうこと多くないですか(笑)というどうでもよいことですね。失礼しました。

最近珈琲を気が向くと入れることが多くなりました。紙フィルターを使ったドリップ珈琲です。そんなにこだわっているわけではありません。
それでも何回か繰り返していると濃い目で出たのか、薄い目ででたのか、香というか匂いというかそういうもので判断できるようになってきます。
深く研究しているわけではないのでいつもかなり適当な入れ方ですが、それでも自分なりの判断基準ができてくるのが面白いなあ、と感じています。
また、お湯が沸くのを待ちながら豆をひいて(電動ミルですが)いれる時を待つ訳ですが、そのように「待つ」という時間が1日のなかで案外少ないのかもしれないな、と感じることも多いです。「待つ」というのは案外気持ちに余裕を持たせてくれるのかもしれません。どうでしょうか?

これから新暦の年末に向けて忙しくなる時期ですが、少し気持ちのなかに多少でも「余裕」を持ちながら過ごしてゆきたい、と願いながらも原稿の〆切に追われている「今」をどうするのか? という現実に立ちむかっている状況。手元にもちろん珈琲は…ありません。一番余裕が必要なのは自分自身だと書きながら気付くのでした。

個人的な告知を2点ほど

12月2日20時〜三重美里の劇場Theatre de Bellevilleで第4回目になる「幻灯会」を開催(有料)します。毎回音楽家と写真映像が絡む世界をお届けしています。ライブ的要素も高い一過性のパフォーマンス。今回は2000年の暮れに私がNew Yorkで撮影した写真と音楽が絡みます。
http://theatre-de-belleville.tumblr.com/post/163623200706/17au-sn

12月1日から12月12日大阪服部天神にあるgallery176で私が三重の銭湯を撮影した写真で構成した写真展「Local public bath」を開催します。
12月3日午後からは関西の銭湯普及活動家の松本氏をお迎えして会場でのトークライブも開催します。
関西に足を運ばれたときには是非足をお運びください。
http://176.photos/exhibitions/171201/

詳細情報についてはそれぞれのリンクアドレスにて。

お知らせでした。

今日も良き1日になりますように。

ありがとうございました。

 写真師松原

by uneme_tayuu | 2017-11-22 11:25 | かまど通信 | Comments(0)

11月の庭そうじ

◆11月の庭そうじ◆  11月25日(土) 10時~16時まで

今月は待ちに待った庭師さんに、ようやく入って頂けることになりました(^^)/
一緒に作業していただける方、いつも通り、直接竈の家までお越しくださいね。
作業の出来る服装、軍手持参でお願いします。

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちら
by uneme_tayuu | 2017-11-15 13:50 | かまど通信 | Comments(0)

第25回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催のお知らせ

秋のブランチ開催します。
かまど味噌を使った温かい豚汁は如何ですか?
事前予約制です。参加ご希望の方は、前日までに、予約をお願い致します。

日  時: 2017 11 19日() 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 大人(中学生以上) 1名 600円
     小人(小学生以下) 1名  450円
        * マイ食器(茶碗,、お椀、お箸)持参の方は50円引きです。


お申込みはこちらから。

駐車場はないのでお近くの方は歩いてくるか自転車でお越しくださいね。
遠方の方には、近くの駐車場をご案内いたします。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。
by uneme_tayuu | 2017-11-10 10:19 | leブランチ竈 | Comments(0)

立冬号 -今日は旧暦 9月19日です-

 立冬 ~冬の気始めて立つ~

先日2本の虫歯を治療しました。
虫歯といっても、神経にまで達していない自覚症状のない虫歯。
子どもの頃から、母が歯の健康に心を配っていてくれたおかげで、大
人になっても定期的に検診や歯石を取る習慣が身についていましたので、
今回も早期発見、治療にも麻酔を使わず、カルシウム質を少し削る軽度
の治療で済みました。治療してもらっている歯医者さんは40年以上通い
続けている古馴染です。これまで歯の治療に痛いとか怖いとかいった意
識をほとんど持ったことはなく、治療台ですやすや眠ってしまうことも
しばしば、不安は当初何一つなかったのです。

でも今回は少し勝手が違いました。初めて歯の治療に苦手意識を持っ
たのです。

それというのも前回の検診から2年か2年半ほど、その間に、長年私の
歯を見続けてくれていた先生がご高齢を理由に引退されていました。
病院は同じでも、先生が変わり、歯科助手も受付も古参の方が居なく
なり、世代交代の感ありありです。

施術してくれたのは引退された先生の娘さんで、娘さんとはいっても
経験20年以上の大ベテラン。不安に思ったり怖がったりする必要は何も
ないはずですが、治療すべきか様子見かの判断から、治療方法の説明、
接し方、いろいろなことが少しずつ前の先生とは違うので、気付くと自
然無口になっていました。他方、別の治療台に座って居られる方が、前
回の治療後2、3日はこんな状態だった。今はこんな感じですなど、明る
い声でいろいろ話されているのが聞こえていました。
ああ、いいなぁ。きっとこの人は全権委任、安心して任せていられる
んだなぁ。前回までの私のように。

私が今の先生と信頼関係を築けるにはまだもう数回通わないといけな
いかもしれません。痛い痛くない、怖い怖くないは信頼関係と直結して
います。

安心して任せられるかそうでないかは何も医者と患者の関係だけでは
ありません。また、その関係は一朝一夕にできるものではありませんか
ら、信頼して任せられることや人をたくさん持っている人は幸せだとつ
くづく感じた次第です。

 By かまど管理人
by uneme_tayuu | 2017-11-07 11:00 | 暮らし暦 | Comments(0)