人気ブログランキング |

カテゴリ:暮らし暦( 300 )

寒露号 -今日は旧暦 9月10日です-

「寒露」(かんろ)


露が冷気によって凍りそうになるころ。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。『暦便覧』では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明している。

(ウィキペディアより)


大型の勢力の台風19号が迫ってきていますね。この週末ちょうど日本列島を縦断する感じだと予報が届いています。

秋のイベントなども多いこの時期、自然災害への心配と共にイベントの開催をどうするか? 予報を聞きながら判断をどのようにするのか迫られている方も居ると思います。日本への上陸は避けられないと思いますが、少しでも影響が少なくなることを祈ることしかできないのも自然現象、と感じています。私も秋の幻灯会という演目を控えているのでもちろん人ごとではないのですが……。今後の進路に注意を払いたいと思います。

先日写真関係のイベントに出席のために台北に行っていました。そのイベントの帰路、空港に向かう前に宿近くの界隈を歩きながら老舗の台湾のお茶屋さんに立ち寄りました。(偶然にも地球の歩き方という本にも載っていたお店でした)

120元の冷たいお茶を呑むために通りに面するカウンターの立ち飲み販売に寄ったのですが、そのお茶ができあがる待ち時間に日本語で「こちらへどーぞ」という店主の言葉に誘われて、店内に入ってみました。流暢に話す日本語で「あなたはどうして台北に来たのか?」などの質問に答えながら(台湾では日本語が話せる人も割と見えます)「先にその20元の冷茶を飲みなさい。飲んだらそれとは違うもっと美味しいお茶を入れるから。」と話してくれたので、言われたとおりにその20元茶を飲み干し、その後阿里山と呼ばれるところで収穫された「高山烏龍茶」というお茶をいただいた。

透明な急須でお茶の出る様子をじっくりと見せてもらいながら先ずは匂いを嗅ぎそれからちょうど利き酒をするような感じで空気と混ぜながら音とジュルルと「日本だったら行儀が悪いといわれますね。」と言われながら味わう。冷茶とは全く違う別物のお茶の味が口の中に広がり、数杯いただくとなんだかリラックスというかホワーッとしたような感覚になりました。

沈静作用というようなものでしょうか身体が落ち着いていく感じでした。珈琲を飲んだときともお酒を飲んだときとも違う、こういう感覚をリラックスというのか、などと感じながらとても良い感覚だったので自分で飲むためにそのお茶を購入しました。

いつも旅先ではバタバタとすることが(国内の日常でもバタバタしていますが)非常に多いのですが、何のご縁かわかりませんが、たまたま入った老舗お茶屋さんのおかげで短時間でしたがリラックスすることができました。

イベントも多いこの時期、少し休息時間もとりながら秋の時間を過ごしましょう。

人それぞれの方法で一息つくことは、思考の切り替えのためにも忙しい時ほど必要です。

というお話でした。

お付き合いありがとうございました。


 写真師松原


by uneme_tayuu | 2019-10-08 08:48 | 暮らし暦 | Comments(0)

秋分号 -今日は旧暦 8月25日です-

暑さもようやく一段落し、至るところで秋を感じる今日この頃。

台風や長雨でぐずついたお天気の日も多いですが、晴れた日には空が高く澄んで、とても気持ちがいいものです。

夏の疲れを癒し、冬に備える大切な季節。

十分に心身を休めることを心がけましょう。

ところで、気温や湿度以外に秋を感じるものの筆頭といえば、名月や虫の声ではないでしょうか。

我が家でも9月に入った頃から蝉の声がピタリと止まり、昆虫の大合唱が聞こえるようになりました。緑が多いせいか、川に近くて湿気があるせいか、夜中だけでなく昼日中から、コオロギ、マツムシ、スズムシ、クツワムシ? などあらゆる虫が競いあって、うるさいほどに毎日毎晩、鳴き続けています。

そんな訳で、都会のマンション住まいの人からすれば羨ましいような環境であろうと自負していました。

ところが一週間ほど前、遠縁の叔母の家を用事で訪ねると、玄関に入った途端、「リリリリリーーーーーーーン」と虫が一声鳴いたのです。

「えっ! これ鈴虫の鳴き声!?」

衝撃が走りました。何とも言えないくらい澄んだ綺麗な高音で、しかも一声が長くて余韻がありました。

夏前に同じ叔母を訪ねた時、玄関の上がり框に、大きなプラケースの虫かごが何段にも積まれていたのを思い出しました。

叔母は毎年鈴虫を育て、「近所に配ってあげるんやが」が趣味の一つであったようで、その時は「鈴虫くらいわざわざ飼わなくてもいくらでもいるやん」と思った私でしたが、その鈴虫は今、玄関の靴箱の中で、私が今まで聞いたこともないような美しい音色で鳴いているのです。

それは玉簾れの育ちとこも垂れの育ちほどの違いがあり、心底羨ましくなりました。

一昔前まで、鈴虫を押入れで飼って鳴き声を競うという遊びがどこの田舎でもありましたが、鳴き声にこれほどの違いがあるとは、ついぞ知りませんでした。

平安の昔からあったという虫の鳴き声を愛でる文化、昔の人は粋な遊びをしたものです。

 By かまど管理人


by uneme_tayuu | 2019-09-23 16:15 | 暮らし暦 | Comments(0)

白露号 -今日は旧暦 8月10日です-

今日は幼稚園児の姪っ子と、世界旅行をしました。イタリアはローマ、フランスはパリ、ベルギーはブルージュ、韓国はソウル、どこも魅力的な街で、通りを眺めるだけでワクワクします。

…はい、お察しのよい方はもうおわかりですね。もちろん実際に旅行したわけではありません、Googleマップのストリートビューです。

もともと地図を眺めるのは好きなのですが、PCだと見たい箇所がすぐに見られて縮尺も自在に変更できるし、新しい道路が開通すればすぐ更新されるし、お店などの情報も表示されるし、本当に便利ですね。

姪っ子はまだまだPC操作には慣れていませんが、私が操作しているのを見つけるとすぐそばに寄ってきて自分も操作したがります。Googleマップなら変にデータを更新されたり削除されたりといったことはないかな、と思って今日はマウスを預けてみました。

ローマの街並みをストリートビューで歩いていたら、「ここはお空がくもってるから、晴れてる所に行く」と晴れている地区をあちこち探してまわったり、空が晴れている所にたどりついたら「お空がきれい」と言ってマウス操作で空を見上げたり(え? そんなこと出来るの???)。

私自身も自分が好きなように使っているだけで、機能を使いこなしているわけでは全くありませんし、使い方もほとんど知らないに等しいのですが、子供の視点が私の思考の枠を超えていておもしろかったです。

20代の頃は勤めていた会社が比較的連休を取りやすかったこともあり、何度か海外旅行に出かけましたが、今はなかなかそうもいかず、海外とも縁遠くなってしまいました。

でもこういう便利なツールを使って自宅に居ながら、自分が選んだ街で自分が選んだ道を歩いている気分になれるってすごいなぁとあらためて思います。

もしも一生のうちであと1回しか海外旅行に行けないとしたら、どこを選びますか?

私はイースター島に行きたいです!

でももしかしたら、日数や費用や体力やいろんな問題で、一生行かない・行けないかもしれません。(近場の海外には行けたとしても。)そんな時は、大きくなった姪っ子や将来いるかもしれない姪っ子の子供と一緒に、その時代に存在する家庭用疑似旅行体験ツールなどを使って「おばちゃんはここに来たかったのよ~」なんて行った気分を満喫しているかもしれませんね。

 千鶴子


by uneme_tayuu | 2019-09-08 11:35 | 暮らし暦 | Comments(0)

処暑号 -今日は旧暦 7月23日です-

本日は二十四節気のひとつ、処暑 です。

連日、35度に迫る猛暑日が続いています。毎年の暑さ、地球温暖化の影響でしょうか。もう、35度や38度が当たり前のようです。

そんな暑さの中、活躍しているのが空調服。背中にファンがついていて、体の中に風を送り込むのです。首筋から風が吹き出てくるので、顔のあたりもやや涼しく、夏の必須アイテムの一つになりつつあります。

お盆の最中の813日、鈴鹿市の自宅近くでテントを張り、その中で寝ようとしましたが、暑くて暑くて、ほとんど眠りにつくことができないのです。気温は同じでも、紀州の河原でテントを張ると、寝袋を使わないと肌寒いくらい。川を渡る風と、周囲の森が暑さを和らげてくれているのです。

また、南アルプスの2800mの山小屋にいくと、普通にストーブが焚いてありました。

自然の中の 涼 はやはり、気持ちいいものです。

さあ、暦の上では暑さも今日まで。とはいえ、まだまだ続く灼熱の日々、皆様、お体ご自愛くださいませ。

 佐野裕之


by uneme_tayuu | 2019-08-23 09:53 | 暮らし暦 | Comments(0)

立秋号 -今日は旧暦 7月 8日です-

長かった梅雨が明けて夏本番がやって来たと思っていたところ、「立秋」号の原稿依頼をいただき、近年の気象の不安定さと、過ぎ去る時間の早さに少々驚いている今日このごろです。気づけば夕暮れの風が心なしか涼しく、かすかに秋の気配が感じられる瞬間もあります。

さて、私は仕事上のフィールドが岐阜県であることから、先月13日、郡上市の「郡上おどり」に行ってきました。7月中旬から9月上旬にかけて30夜以上にわたって行われる郡上おどり。今年は私が出かけて行った日が初日でしたが、あいにくの雨で、私や友達は1時間弱で踊りの輪からあえなく退散・・・。それでも楽しい時間を過ごしました。地元の方々をはじめ全国各地からやって来た多くの常連さんは、雨などお構いなしに踊っていて、熱意をビシバシと感じました。

昨年、初めて郡上おどりに参加した際、郡上八幡のまちなかに店を構える下駄屋で「踊り下駄」を買いました。一般的な下駄とは歯の位置などが少し異なるものです。

店のあるじは、郡上へ移住してきた若い職人さんです。郡上おどりで踊る人たちが履く下駄は、かつては市外から調達されていました。郡上の自然と文化に魅せられたこの職人さんは、「郡上おどりの下駄を地元で作っていないのはもったいない」と、郡上の山から伐り出されたヒノキを使った踊り下駄のブランドを立ち上げたのです。

この下駄屋は、鼻緒の種類も豊富で、購入の際に自分が気に入った色や柄を選べます。足に合わせて鼻緒の締め具合も調節してくれるので、まさに「マイ踊り下駄」! それでも初めて履いた時は、踊ったり歩いたりするのに慣れず、ちょっと足指が痛くなってしまいました。それが今年は履いた瞬間からスムーズに歩けて自分でもびっくり。雨の中だったので普通の靴よりもかえって気持ちがよく、下駄が大好きになりました。

今回はすっかり水分を含んでしまったので、帰宅後に干しておいたところ、ヒノキの香りもよみがえり、またまたびっくり。自然の恵みと、職人さんの技の素晴らしさに改めて感激しました。

郡上おどりは、唄に合わせて下駄を鳴らして拍子を取るため、下駄がすり減っていきます。踊り好きな人は1シーズンで23足の下駄を履きつぶすそうです。私もいつかは、お気に入りの下駄を履きつぶすくらいの踊り上手になりたい(!?)です。


(紘)


by uneme_tayuu | 2019-08-08 22:26 | 暮らし暦 | Comments(0)

大暑号 -今日は旧暦 6月21日です-

 「大暑」

「韓国」に行ってきました

まだ梅雨明けを迎えない三重ですが「大暑」を迎えました。

土用の丑の日も本番を迎える時期でもありますね。

大暑を迎える前日まで隣国である韓国に劇団の韓国公演記録撮影のために行ってきました。私は韓国に行くのははじめてでした。

演劇公演が行われたのは安山市という仁川空港からバスでおよそ1時間20分ほどのところの町。比較的新しい工業都市。

工業都市という性格上か滞在した宿を含めて劇団員以外の日本人に会うことはほとんどありませんでした。

そして街の看板から案内板などを覆い尽くすのはハングル文字。過去の海外渡航で漢字文化圏ならなんとなくなんとかなっていましたが、ハングルの独特の文字は全く読めません。完全にお手上げです。口から出せる言葉もカムサハムミダ、アンニョンハセヨ、しかわからない。(もうちょっと言葉覚えて行きなさい! ということなのですが)

移動中も何か話しかけられるも全く聞き取れず、手を上げて「わかりませーん」とするしかない情けない状態です。

バスを降車してすぐに腹ごしらえをしよう、と食堂に入ってみたものの壁にあるのはハングル文字だけのメニュー表。

写真がたまたまあったのでそれを指さして注文。貝の入ったうどんとトンカツのようなものとご飯がセットになって出てきてそれを食べるもその値段がわからない!

支払い段階でメニュー表を指さしてもらって無事解決。そのあと降りたところが安山駅というところで本当は安山バスターミナルで降りるということで一つ早くバス停を降車したことに気づき、Googleを使ってバスで移動を試みるも、どれに乗れば良いのかわからず断念して電車で移動、なんとか担当者と合流できる、というなんとも初日からドタバタでした。

演劇記録撮影の合間に「仁川」や「ソウル」にも足を運びました。

仁川市では旧日本人街が現在も残っていたりするので残存する日本建築を見せてもらったりもしました。

そこで食べさせてもらった「プデチゲ」(軍隊鍋)が美味しかった。(辛さはかなり控えてもらいました。)

ソウルでは韓国の銭湯「モギョクタン」(沐浴湯)に足を運び韓国語に囲まれながら湯船につかったりもしました。(沐浴湯は現在日本と同じように減少していると話してくれました)

理髪店などもあってパンツ一丁で髪を切ってもらっている姿が印象的でした。

ソウルに行かれるときは「モギョクタン」是非足を運んでみて下さい。

海外では毎度のことですが翻訳ソフトの入っているスマートフォンは大活躍してもらいました。

文明の機器で見ず知らずの人とのやりとりができるのは面白くもあり、不思議な感覚でもあります。

文明のおかげで幅の広がるコミニュケーションもあるということをいつも実感させてもらいます。

いつものように「まち」の撮影も行いました。

三脚につけた大型カメラが見せてくれる上下左右逆さまの画像を見つめながら人の住んでる街の姿はたとえ言葉が通じなくてもやっぱり好きだな、50を過ぎてあとどれくらいの数の「まち」を見たり歩いたりそして写真を撮影したりできるだろうか?

そんなことを考えていました。

アジアの「まち」を大判カメラというフィルムカメラで撮影をしている作業、印画紙というプリントで仕上がりましたらまた皆さんにまた見てもらいたいなあ、と思います。

国と国と関係性ではいろいろなことがあり、韓国のことを「近くて遠い国」と呼ぶこともかつてあったようですが、個人としてまた訪ねて行きたいと思いました。その距離感がどのような者なのかを確かめるために。

長文、お読みいただき、ありがとうございました。

   写真師松原


by uneme_tayuu | 2019-07-25 09:24 | 暮らし暦 | Comments(0)

小暑号 -今日は旧暦 6月 5日です-

早くも今日から「小暑」です。

梅雨明け前の蒸し暑さに、日中は玉の汗が噴出、夜は夜で寝苦しさにうんざりする日々ですが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 暑さの本番はこれからです。熱中症対策はどうぞお忘れなく。

さて、この「小暑」。二十四節気は、太陽が黄道を通る経路を24等分した角度で決められているので、年によって多少の前後はありますが、太陽暦を採用している現代暦のおおむね77日に当たります。節気の名称も、これから一番暑い「大暑」まで、本格的な暑さが始まるという意味では、今も昔も、我々の感覚と合致しているといってよいでしょう。

問題は、例年「小暑」とかぶる「七夕」です。

七夕は昔から77日という日付に固定された年中行事なので、新暦で行事を執り行うと梅雨の明けきらないうちにその日を迎えてしまい、織姫と彦星は毎年ほぼ会えないという結果になってしまいます。よしんば晴れても満月に近くて星が見えない!など旧暦ではあり得ない事態も起こりがち(笑)。

集客を期待する大きなお祭りなどは、雨で客足が遠のくのを恐れてか、七夕とは関係のない日にちを開催日に設定しているところも多いようです。

例えば、仙台市は、現代歴で月遅れの87日に固定して七夕祭りを開催していますし、愛知県一宮市も七夕祭りで有名なところですが、こちらは、日付は固定せずに梅雨の明けた7月後半を開催日とすることが多いようです。

もちろん、新暦や旧暦の77日に開催している地域もあるでしょうが、こういったばらつきの原因は、新暦への改暦の際に、年中行事の日付を新しい暦によるべきか、従来の暦のままで行くべきか、はっきり決めずに猛スピードで改暦に突き進んだことが原因でもあります。年中行事をどうするか、地域や人で考え方に差が出るのは当然のことでしょう。


個人的には旧暦で祭事を楽しみたいなと思いつつ、先日、既に「七夕茶会」なるものを体験してきました(笑)。

笹の葉や短冊の描かれたお茶碗や天の川をイメージしたお道具類、半分ずつ別々の箱に仕舞われ1年に一度しか合えない茶杓など、いろいろな趣向を凝らした楽しい茶会でした。

要は、新暦・旧暦と堅苦しく考えず、折々の季節感を楽しむことで、心にゆとりや遊びができたら満足なのかもしれません。

皆さんも、慌ただしい中にも季節を感じられる何かを見つけて、日々過ごしてくださると“暮らしを楽しむ竈仲間”として、嬉しい限りです。

 By かまど管理人


by uneme_tayuu | 2019-07-07 11:55 | 暮らし暦 | Comments(0)

夏至号 -今日は旧暦 5月20日です-

夏至とは一年のうちで一番昼間が長い日、その程度の認識しかありません。

対極の冬至にはかぼちゃを食べたり柚子湯に入ったりといった風習がありますが、夏至は特になにもすることはないような…。

はてさて何を書こうかと悩みつつ、昨年のかまどメール夏至号はどんな話題だったかしらと見てみると、直近に起きた大阪北部を中心とした地震に触れていました。

そうでした。その時は大変な地震が起きたと驚き、大阪の知人の安否を確認し、前触れなくやってくる災害に対する備えについてあれこれ思いめぐらせていたはずなのに。「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」? 何の対策も取らないままに一年が過ぎています。その間にも、日本の各地で地震・台風・豪雨などの災害が起きているというのに。そしてつい先日また、山形・新潟で震度6の地震が起きました。

被災して大変な思いをされている方々に思いを馳せ、事前に取れる対策をしておかなくてはとあらためて思いました。

さて、今日を境にだんだん昼間が短くなっていくわけです。

歳をとると月日が過ぎるのが早く感じるとよくいわれますし、自分自身も年々それを強く実感していくのですが、その一方で、若い頃にはあまり気に留めなかった季節の移り変わりや、ちょっとした気温の変化、そして日が長い・短いなどの事象に敏感に反応するようになったようにも思います。

過ぎ去った時間を振り返るとそれはとても早かったような気がするけれど、今この瞬間・日々はしっかり噛みしめて生きていきたいなぁと思っています。

(千鶴子)


by uneme_tayuu | 2019-06-22 08:42 | 暮らし暦 | Comments(0)

芒種号 -今日は旧暦 5月 4日です-

梅雨入り間近の本日は二十四節気のひとつ、「芒種」です。

そもそも、麦・稲などの芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていましたが、東海地方では、まさに梅雨の季節が始まる日、といった印象でしょうか。

建築業を生業としていますと、雨天が続くと、少々げんなりしてしま

います。スケジュールも調整できず、引き渡しも延びて、モンモンとする日々、それが梅雨の季節です。

ただ、この季節、どんどん成長する稲や、膨らみ始めたアジサイの花をみていると、やはり、自然界では絶対にこの雨の季節が必要であると、実感します。

サハラ砂漠を旅していた25年前、オアシスであったアラブ人に「今日もいい天気だね」なんて声を掛けたら、彼はこう言ったんですわ。

「ああ、250日ほどいい天気だよ。」

それでも、彼らは砂漠で生きている。

我々日本人は、もう少し謙虚に雨のありがたさを感じ、緑豊かな生活を満喫したいと、日々思うのです。

 今回の担当は佐野裕之でした。


by uneme_tayuu | 2019-06-06 05:34 | 暮らし暦 | Comments(0)

小満号 -今日は旧暦 4月17日です-

改元を祝福するムードにあふれた10連休が明けて、あっという間に2週間。「小満」号の配信遅れは、「草木の緑が目に染みる」などと喜んでいるうちに原稿依頼をすっかり失念してしまった私のせいでして、まずはご容赦いただければ幸いです。

さて、「小満」は万物が次第に成長して天地に満ちはじめる頃、という意味ですが、私もつい先日、ちょっとした興味から愛知県春日井市のサボテン農園を訪れるツアーに参加し、鉢植えのサボテンを買ってしまいました。

「買ってしまった」とあえて言う理由は、私は観葉植物を育てるのが下手で、過去に枯らしてしまったこともあり、近ごろは植物たちに申し訳ないので家に置かないようにしていたのです。

ここまで読んで「サボテンだから大丈夫でしょ」と突っ込まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、日ごろから小学生にもサボテンについて教えている農園の社長さんから「サボテンも水が究極に不足するとしぼんでしまい、一度しぼんでしまうと元のふっくらした感じに戻らない」「冬は凍らせないように」「3年くらいしたら大きな鉢に植え替えですね」などと分かりやすく、かつ具体的な説明を受け、何とも不安でいっぱいなのです。

「だったらなぜ買ったの?」ということになりますが、何とも愛着がわいてしまったからです。私が買ったのは、ひたすら長く伸びて垂れ下がってくる種類で、トゲがふわふわ、ふさふさで柔らかい。まるで「猫のしっぽ」のような感じのサボテンなのです。1つの鉢に4~5株が寄せ植えしてあり、まだ10~20センチほどですが、上手く育てていけば1年に15センチほど伸びるとのこと!

この場で書かせていただいたことで、育成のハードルが上がってしまった感もありますが、これを機に今度こそ大切に育てて、私の人生にユルく付き合ってくれる相棒の一つとしたいと思っています(サボテン農園の社長さんも「困ったら持ってきてください」と言ってくださいました)。どうぞ続報をお楽しみに!?


(紘)


by uneme_tayuu | 2019-05-21 11:39 | 暮らし暦 | Comments(0)