人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小雪号 -今日は旧暦10月 8日です-

佐野です。今日は二十四節気の一つ、小雪 です。

チラチラと小雪舞う季節、ですが、私の住む三重では、この時期に雪が降ることはありません。ここ数日は、季節外れの暖かさが続き、せっかく先週日曜日にメンテナンスした薪ストーブも、割った薪も、なんだか出番がなくてくすんで見えます。

季節は冬に向かう秋。紅葉も目に鮮やかで、今年は各所で紅葉狩りを楽しめます。秋山の空気は清清としていて、パッチワークのような赤い、黄色い絨毯のような景色を見ながらビールを飲む。この時期の一番の楽しみですね。今年は息子が免許を取り、運転できるようになったので、一緒に山に入って、景色が良いと言っては飲み、山頂に付いたと言っては飲み、水がきれいだと言っては飲み、モミジが紅いと言っては飲む。へろへろになって、風呂に入って、助手席で寝る。なんという親父らしい登山だ!

今日あたりは、標高200mくらいが見頃でしょうね。

さて、話題を変えて、先日、工事をさせていただいたおばあちゃんのお住まいに、スマートスピーカーを設置しました。おばあちゃんは、車椅子生活で、指の技巧性が低いため、細かい作業はできません。ほぼ、24時間介護状態の1人暮らしです。

そんなおばあちゃんも、最先端の技術を使えば、なんという快適な生活ができることでしょうか!

「アレクサ、灯りつけて」といえば、照明がつきます。

「アレクサ、テレビつけて」といえば、テレビがつきます。

「アレクサ、寒いよ」といえば、暖房が入ります。

障がい者の生活を大きく帰る可能性を秘めたこの技術、73歳のおばあちゃんに教えてもらいました。科学の進歩は、障害の壁をどんどん取り除いていくのです。やる気があれば、なんでも、いくつになってもチャレンジできる。そんな勇気を頂いた工事でした。

人間、幾つになっても探究心を持ち続けたいものですなあ、と思う晩秋の夜。

佐野


by uneme_tayuu | 2020-11-22 09:27 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 大雪号 -今日は旧暦10月23... タティング・サークル@暮らしを... >>