小暑号 -今日は旧暦 5月22日です-

皆さんは、家で動物を飼っていますか?
私は、ここ10年くらいずっと猫を飼っています。

幼い頃、家には犬も猫もいて、どちらも同じように可愛がっていたので、特
に猫派というわけでもないのですが、生来怠け者なので、犬を飼うのは飼
われた犬がかわいそうな気がして、とても勇気が出ないのです。

ですから猫も、ペットショップで買ってきた一匹ン万円もする血統書付では
なくて、ただの居ついた野良猫です(笑)。
最初の猫は公園で拾ってきました。
子猫を拾ったつもりが随分な老猫だったようで、馴染んで2年で病死してし
まいました。
半年の闘病生活は辛く悲しみに満ち、“もう猫は飼えない”と疑いなく思った
ものですが、その三か月後には、見知らぬ猫が家の片隅で新しい生活を
始めていました。
今居る猫は、主にその猫とその子孫です。

主に、と書いたのは、そうでない猫も出入りをするからで、常時3匹から5匹
が家の内外を、餌と癒しを求めて、うろうろしています。

複数匹の猫を飼っているともなく飼っていると、1匹のときにはわからなかっ
たいろいろなことが見えてきます。
個々の性格から行動のパターン、自己主張の方法に甘え方、食事の量や
回数まで、どれ一つ同じではありませんし、互いの強弱関係、縄張り意識
に至ると、とても複雑多岐にわたり、毎日観察していても飽きることがありま
せん。

振り返って私事、人間関係は、時々すごく面倒に思うことがあります。気の
合う人ばかりではありませんし、気の進まないこともやらなくてはいけない
し、日々折り合いをつけなくてはならないことが山積み、いっそ人と交わら
ずに生きていけたら楽なのに、そう思うこともしばしばです。それでも、気ま
まに思える猫でさえ、日々妥協しながら上手に住みよい場所を求め暮らし
ている様を見ていると、人も動物も同じ、生活するということはまさに折り合
いをつけることの連続なのだとわかります。

動物、特に猫は、気まぐれで我儘な面や癒しの効果が強調されがちです
が、実はそれだけでなく、教えられることもまたたくさんあるのです。


  By かまど管理人
by uneme_tayuu | 2015-07-07 11:32 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第18回leブランチ竈(るぶら... 夏至号 -今日は旧暦 5月 7... >>