第32回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

9月17日、竈の家で「サロンde竈」が開催されました。
前日までの豪雨から一転して晴れやかな秋空。台風一過の清々しい空気が、季節はずれの暑さ続きで忘れかけていた、秋の爽やかさを思い起こさせてくれる朝でした。

日本列島を横断して各地に大きな被害をもたらした今回の台風。幸い取り立てて被害のなかった竈の家ですが、庭には風に手折れた枝や落ち葉が散乱していました。散らかったものを一つずつ片付けながら、いつもと変わることなくサロンを開催できることを、しみじみと、有り難く感じました。
f0044728_2083964.jpg
                  (庭掃除はいつもどおり母が)

感謝の気持ちで朝の準備を終え、最初の来館者が講座を受け始めた頃、思いがけない人達が竈の家を訪ねてくれました。母が社長をしていた頃の元従業員さんたち。時々こうして懐かしい人が顔を見せに来てくれるのも嬉しいことです。

さて、今回の講座は『ワイヤーアートの壁飾り』、賑やかだった7、8月とはうって変わり少人数でのゆったりした講座。
f0044728_2095681.jpg
f0044728_20104373.jpg
ほぼマンツーマンの対応で、じっくりと時間をかけて取り組まれたからでしょうか、皆さんとてもいい作品に仕上がっていました。
f0044728_2012267.jpg
         (男の方の作品、その繊細で上品な仕上がりに皆が驚嘆!)
f0044728_20125661.jpg
f0044728_20124286.jpg
      (同じハート型の壁飾りでもお花のアレンジで雰囲気が変わりますね)
  
受講者が少なかったので講座は早目に終了、その後は、講師の先生も参加者もサロンを支えてくれているボランティアスタッフも皆んな交えてくつろぎのティータイムへと。
f0044728_20152451.jpg

主菓子はいつもの和菓子屋さんの誂えもの、干菓子はドライフルーツとドライトマトのチョコレートがけ、それに手作りのポン・デ・ケージョ、と今回も盛り沢山。たくさんのお菓子を目の前に並べて、「にぎやかなのもいいけれど、こういう大人な雰囲気もまたいいね」と楽しく話し込んでいると、あっという間に時間は過ぎ、気づくといつもとなんら変わらない夕暮れどき。慌てて帰り支度をして、皆それぞれに忙しい日常へと戻っていかれました。
f0044728_20161025.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
f0044728_2034363.jpg
 ワイヤーアートでウェルカムボードや写真立てなどいろいろなものが作れます。今回都合がつず参加できなかった方もありますので、機会があれば第2弾、企画したいと思います。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-22 20:42 | サロンde竈 | Comments(0)
<< 霜降号 -今日は旧暦9月19日です- 第34回サロンde竈(さろんで... >>