人気ブログランキング |

小暑号 -今日は旧暦 6月 5日です-

早くも今日から「小暑」です。

梅雨明け前の蒸し暑さに、日中は玉の汗が噴出、夜は夜で寝苦しさにうんざりする日々ですが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 暑さの本番はこれからです。熱中症対策はどうぞお忘れなく。

さて、この「小暑」。二十四節気は、太陽が黄道を通る経路を24等分した角度で決められているので、年によって多少の前後はありますが、太陽暦を採用している現代暦のおおむね77日に当たります。節気の名称も、これから一番暑い「大暑」まで、本格的な暑さが始まるという意味では、今も昔も、我々の感覚と合致しているといってよいでしょう。

問題は、例年「小暑」とかぶる「七夕」です。

七夕は昔から77日という日付に固定された年中行事なので、新暦で行事を執り行うと梅雨の明けきらないうちにその日を迎えてしまい、織姫と彦星は毎年ほぼ会えないという結果になってしまいます。よしんば晴れても満月に近くて星が見えない!など旧暦ではあり得ない事態も起こりがち(笑)。

集客を期待する大きなお祭りなどは、雨で客足が遠のくのを恐れてか、七夕とは関係のない日にちを開催日に設定しているところも多いようです。

例えば、仙台市は、現代歴で月遅れの87日に固定して七夕祭りを開催していますし、愛知県一宮市も七夕祭りで有名なところですが、こちらは、日付は固定せずに梅雨の明けた7月後半を開催日とすることが多いようです。

もちろん、新暦や旧暦の77日に開催している地域もあるでしょうが、こういったばらつきの原因は、新暦への改暦の際に、年中行事の日付を新しい暦によるべきか、従来の暦のままで行くべきか、はっきり決めずに猛スピードで改暦に突き進んだことが原因でもあります。年中行事をどうするか、地域や人で考え方に差が出るのは当然のことでしょう。


個人的には旧暦で祭事を楽しみたいなと思いつつ、先日、既に「七夕茶会」なるものを体験してきました(笑)。

笹の葉や短冊の描かれたお茶碗や天の川をイメージしたお道具類、半分ずつ別々の箱に仕舞われ1年に一度しか合えない茶杓など、いろいろな趣向を凝らした楽しい茶会でした。

要は、新暦・旧暦と堅苦しく考えず、折々の季節感を楽しむことで、心にゆとりや遊びができたら満足なのかもしれません。

皆さんも、慌ただしい中にも季節を感じられる何かを見つけて、日々過ごしてくださると“暮らしを楽しむ竈仲間”として、嬉しい限りです。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2019-07-07 11:55 | 暮らし暦 | Comments(0)

夏至号 -今日は旧暦 5月20日です-

夏至とは一年のうちで一番昼間が長い日、その程度の認識しかありません。

対極の冬至にはかぼちゃを食べたり柚子湯に入ったりといった風習がありますが、夏至は特になにもすることはないような…。

はてさて何を書こうかと悩みつつ、昨年のかまどメール夏至号はどんな話題だったかしらと見てみると、直近に起きた大阪北部を中心とした地震に触れていました。

そうでした。その時は大変な地震が起きたと驚き、大阪の知人の安否を確認し、前触れなくやってくる災害に対する備えについてあれこれ思いめぐらせていたはずなのに。「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」? 何の対策も取らないままに一年が過ぎています。その間にも、日本の各地で地震・台風・豪雨などの災害が起きているというのに。そしてつい先日また、山形・新潟で震度6の地震が起きました。

被災して大変な思いをされている方々に思いを馳せ、事前に取れる対策をしておかなくてはとあらためて思いました。

さて、今日を境にだんだん昼間が短くなっていくわけです。

歳をとると月日が過ぎるのが早く感じるとよくいわれますし、自分自身も年々それを強く実感していくのですが、その一方で、若い頃にはあまり気に留めなかった季節の移り変わりや、ちょっとした気温の変化、そして日が長い・短いなどの事象に敏感に反応するようになったようにも思います。

過ぎ去った時間を振り返るとそれはとても早かったような気がするけれど、今この瞬間・日々はしっかり噛みしめて生きていきたいなぁと思っています。

(千鶴子)


# by uneme_tayuu | 2019-06-22 08:42 | 暮らし暦 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

6月30日(日) 13:00~16:00


竈の家の新しい活動、4月に続き、第2弾の開催です!

タティング・レースという、シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みのレッスン会。

起源は古く、古代エジプトまで遡るともいわれる、タティング・レースを、竈の家では、お茶やお菓子をつまみながら、わいわい楽しく学んでいきます。

道具はこちらで準備しますので、手ぶらでお越しください。

  参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2019-06-13 08:19 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年6月

629日(土) 10:0016:00

梅雨に入り、草も木も元気に生長していく時期。

我々も負けじと、居心地の良い環境作りに精を出します。

ご協力いただける方は、直接竈の家までお越しください。

いつも通り、都合のつく時間帯の参加で結構です。

ムシムシする時期ですが、肌の露出は控えた服装を、お勧めします。



# by uneme_tayuu | 2019-06-06 08:56 | かまど通信 | Comments(0)

芒種号 -今日は旧暦 5月 4日です-

梅雨入り間近の本日は二十四節気のひとつ、「芒種」です。

そもそも、麦・稲などの芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていましたが、東海地方では、まさに梅雨の季節が始まる日、といった印象でしょうか。

建築業を生業としていますと、雨天が続くと、少々げんなりしてしま

います。スケジュールも調整できず、引き渡しも延びて、モンモンとする日々、それが梅雨の季節です。

ただ、この季節、どんどん成長する稲や、膨らみ始めたアジサイの花をみていると、やはり、自然界では絶対にこの雨の季節が必要であると、実感します。

サハラ砂漠を旅していた25年前、オアシスであったアラブ人に「今日もいい天気だね」なんて声を掛けたら、彼はこう言ったんですわ。

「ああ、250日ほどいい天気だよ。」

それでも、彼らは砂漠で生きている。

我々日本人は、もう少し謙虚に雨のありがたさを感じ、緑豊かな生活を満喫したいと、日々思うのです。

 今回の担当は佐野裕之でした。


# by uneme_tayuu | 2019-06-06 05:34 | 暮らし暦 | Comments(0)

小満号 -今日は旧暦 4月17日です-

改元を祝福するムードにあふれた10連休が明けて、あっという間に2週間。「小満」号の配信遅れは、「草木の緑が目に染みる」などと喜んでいるうちに原稿依頼をすっかり失念してしまった私のせいでして、まずはご容赦いただければ幸いです。

さて、「小満」は万物が次第に成長して天地に満ちはじめる頃、という意味ですが、私もつい先日、ちょっとした興味から愛知県春日井市のサボテン農園を訪れるツアーに参加し、鉢植えのサボテンを買ってしまいました。

「買ってしまった」とあえて言う理由は、私は観葉植物を育てるのが下手で、過去に枯らしてしまったこともあり、近ごろは植物たちに申し訳ないので家に置かないようにしていたのです。

ここまで読んで「サボテンだから大丈夫でしょ」と突っ込まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、日ごろから小学生にもサボテンについて教えている農園の社長さんから「サボテンも水が究極に不足するとしぼんでしまい、一度しぼんでしまうと元のふっくらした感じに戻らない」「冬は凍らせないように」「3年くらいしたら大きな鉢に植え替えですね」などと分かりやすく、かつ具体的な説明を受け、何とも不安でいっぱいなのです。

「だったらなぜ買ったの?」ということになりますが、何とも愛着がわいてしまったからです。私が買ったのは、ひたすら長く伸びて垂れ下がってくる種類で、トゲがふわふわ、ふさふさで柔らかい。まるで「猫のしっぽ」のような感じのサボテンなのです。1つの鉢に4~5株が寄せ植えしてあり、まだ10~20センチほどですが、上手く育てていけば1年に15センチほど伸びるとのこと!

この場で書かせていただいたことで、育成のハードルが上がってしまった感もありますが、これを機に今度こそ大切に育てて、私の人生にユルく付き合ってくれる相棒の一つとしたいと思っています(サボテン農園の社長さんも「困ったら持ってきてください」と言ってくださいました)。どうぞ続報をお楽しみに!?


(紘)


# by uneme_tayuu | 2019-05-21 11:39 | 暮らし暦 | Comments(0)

立夏号 -今日は旧暦 4月2日です-

二十四節気の一つ、立夏を迎えています。夏の季節がはじまり過ごしやすい季節の到来です。

(ちょうどGWの時期ですね。)

この時期はいわゆる「目に青葉山ほととぎす」の時期。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (螻かく鳴,蚯蚓出,王瓜生)に区分したそうです。それは,青がえる (螻かく) が鳴き,みみずがはい出し、からすうりができる時期を指す、とあります。

(参照コトバンク/ブリタニカ国際大百科事典)

私の在住地三重県津市美里町では田植えがほぼ完了し、ゲロゲロ蛙が泣いています。

ちょうどこの頃から「蛇」が出始める時期でもあり、それが苦手な人種にとっては緊張感が漂い始める時期でもあります。

(なんだか昨年もこのようなことを書いたような気がするような、しないような…)

長い長いゴールデンウィークも最終日。まるっと10日間お休みだった人はどれくらいなんでしょうか。

本日新暦56日月曜日は振り替え休日ですが、私の非常勤講師を担当している名古屋の専門学校では授業が再開されるのでいつもの通勤電車に乗っています。

振替休日のためかいつもは混雑する列車も結構空いてます。そのおかげで空間的にも空気感も緩やかで余裕のあるような気がします。毎週この感じだと良いのですが来週からは通常の混雑になるでしょう。

私は毎週1回月曜日だけの通勤移動ですが毎日繰り返されている方々には本当に頭が下がる思いです。

さて、


平成から令和へ年号がかわりました。

個人的には仕事をしている間にいつの間にか変わっていたなー、という感じです。

皆さんはどんな感じだったでしょうか?

私の平成最後、430日は皇大神宮(伊勢神宮/内宮)での記録撮影でした。

あいにくの雨降りでしたがお正月? と思わせるくらいの人の多さでした。

様々な色やデザインされた傘をさしながら参拝に向かう人たちの姿を見ながら「節目」ということを大切にする人が多いのだと再確認させてもらった撮影現場でした。

雨降るなか、新緑美しい植物や木々たちに会うこともでき、良い時間を過ごすことのできた平成最後の1日、「日々是感謝」ということで良いのだと思いました。

https://www.instagram.com/p/BxF1Z_IJzTn/?igshid=86w4eu9ql3iq


# by uneme_tayuu | 2019-05-06 12:21 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈の家の庭そうじ:2019年5月

5月11日(土) 10:00~16:00


この季節の長雨は、田植えに必要な恵みの雨とわかっていても、憎らしいほどの生育力を庭の草花にもたらします。

月一回の庭そうじでは、まったく追いつかない程に。

それでも地道に愚直に作業を続けたいと思います。

ご協力いただける方は、直接竈に家までお越しください。

いつも通り、都合のつく時間帯の参加で結構です。

汗ばむ頃かもしれませんが、肌の露出は控えた服装を、お勧めします。


# by uneme_tayuu | 2019-05-02 09:08 | かまど通信 | Comments(0)

穀雨号 -今日は旧暦 3月16日です-

寒の戻りで寒い日の続いた早春でしたが、桜はすでに葉桜となり、ちりちりに縮こまっていたモミジはしっかりと若葉を広げました。

家の周囲の田んぼもいつの間にか水が張り、田植えの季節の到来です。

桜のじゅうたん、小鳥のさえずり、水路を流れる水の音、四季折々の自然を良いものだなぁと一番感じられるのが、私にとっては、この「穀雨」の頃かもしれません。


さてこの、春の雨が穀物を育てる「穀雨」の季節に、新しい元号「令和」への改元がおこなわれます(あと十日です!)。

新元号になるからと言って、それで生活が特に変わることはないのですが、昭和生まれの私は、30年前にも平成への改元を経験しています。

若かったせいか、改元に対する思い入れもなく、なんとなく平成の時代を過ごしてしまいましたが、思い返すと、平成の30年間には実に様々なことがありました(勿論、なかったこともあります(笑))。


人との待ち合わせが劇的に変わり、物を買うにも、飲食店を決めるのにもネットの情報が不可欠となりました。いつどこで誰がどんなことをするのか、いろんな情報が駆け巡るので、それほどせっかちではなかったはずの性格が、いつの間にか二六時中大忙しで休む暇なし、というのは平成になってからの私のような気がします()

平成は30年続きました。次の令和も30年続くとしましょう。その次の元号が使われる時代に自分は生きていられるでしょうか。もし生きていられるとすればどのような自分になっていたいでしょうか。


まだ始まらない「令和」の次の時代まで考えるとは、矢張りせっかちねと笑われるかもしれませんが、先の先まで見通しを立て、幾つになっても成りたい自分へ向けて舵を切る。新しい元号に変わる今が、まさに一つのチャンスだと思うのです。


そういうことで、「忙」の平成に代わる、令和のキーワードを自分なりに考えてみました。「潤」など如何でしょうか。どんな世の中にあっても、人を楽しませる面白いこと、幸せな気分にさせることを一番に毎日を過ごせたら、それが結局自分にとっても一番の心潤う生活になりそうです。

誰ですか? お肌にこそ潤いを! と陰口を叩いているのは()。大丈夫!精神が豊かに潤えば、お肌の潤いもいつしか取り戻せるに違いありません。

 By かまど管理人


# by uneme_tayuu | 2019-04-20 10:45 | 暮らし暦 | Comments(0)

タティング・サークル@暮らしを楽しむ竈の家

4月29日(月・祝) 13:00~16:00


竈の家の新しい活動です!

タティング・レースという、シャトルとレース糸さえあれば、いつでも、どこでも楽しめるレース編みのレッスン会を定期的に開催します。

起源は古く、古代エジプトまで遡るともいわれる、タティング・レース。最近教室も増えてきました。

竈の家では、お茶やお菓子をつまみながら、わいわい楽しく、わかりやすい指導を目指します。

道具はこちらで準備しますので、手ぶらでお越しください。

  参加費 1,500円(お茶菓子付き)


# by uneme_tayuu | 2019-04-08 08:23 | かまど通信 | Comments(0)