小満号 -今日は旧暦 4月14日です-

小満 ~陽気盛ん、万物ほぼ満足す~

早くも梅雨入り宣言した地方がある一方で、ここ東海地方は今が一番さわ
やかな季節です。先日のブランチでも、竈の前より縁台で、風に吹かれて
いる方がはるかに気分が高まり、会話も弾みました。

さて、このブランチの味噌汁に使うお味噌。ご存知“かまど味噌”ですが、手
前みそな話で誠に恐縮ながら、今回も絶賛して頂きました(笑)。
「みそ汁美味しい~!!」の大連発。好評過ぎてお味噌汁は二度作りまし
たし、また、「分けてもらえるなら欲しい!」との声もあちこちから。
こんな反響が聞けると、仕込むときの苦労も忘れて、こちらも満面の笑顔に
なってしまいます。
さすが混じりけのない本物だけを使った「手作りの力」です。

でも、よく考えると、最初からそうだったわけでもありません。
確かに国産大豆、天然塩、作り手のわかる麹、大寒の頃の清らかな水、す
べてに拘った材料で仕込んでいますから、手探りで作った1年目からそこそ
この味には仕上がっていました。
ですが、今樽にある三年分のかまど味噌は、最初に教わった作り方と分量
をそのままではなく、少しずつ材料の配合を変えてみたり、仕込み方を工
夫したり、保存容器を変えたり、と微妙に手を加えて練り上げたもの。そし
て、長年住みついてくれているたくさんの菌の力で出来たもの。

熟練工が美しい工芸品を生み出すのと同じように、味噌も、素材とじっくりと
向き合い、あれこれと考えを練り、手を加える。手は加えながらも基本は同
じことを淡々と繰り返す。そうすることで味に深みと個性が生まれ、唯一無
二の“かまど味噌”ができたと言えるのではないでしょうか。

手作りだから一様に「良い」のではなく、そこに創意と工夫があるから優れ
たものが生まれる。細部に拘り工夫を凝らす、それが工業品では出ない手
作りの味わいであり、また、単純に「手作り=おいしい・素敵」とはいかない
理由もそういったところにあるのだと思います。

By かまど管理人
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-05-20 15:39 | かまど通信 | Comments(0)

立夏号 -今日は旧暦 3月29日です-

生まれてから今までウン十年、ずっと実家暮らしだった私が、
仕事の都合で今更ながら一人暮らしを始めることになりました。
アパートは家具家電付なので大掛かりな準備は必要なく、
また、実家から車で1時間少々の場所なので、足りない物は
週末に実家へ取りに帰ればいいかな~と気楽に考えています。

とは言うものの、初めての一人暮らし、夢も見ます(笑)
この仕事が終わればまた実家に戻るので、なるべく今あるものを
利用して、物は買うまい・増やすまいと思ってはいても、
ホームセンターが、インテリアショップが、そして
お出かけしなくてもネットショップが、
「ほ~ら、こんな物がある生活、素敵でしょ~?」
と私を誘惑します。

服は衣装ケースに詰めて引っ越して、そのまま部屋でタンスがわりに
しようと思っていたら、会社の人に「一年半も住むんでしょ?
もっとこだわったらいいのに」と言われました。
その後たまたま目にした雑誌のインテリア風水に
「服(布類)は天然素材のものにしまうのがよい」と書かれていて、
木製のチェストを買おうかと思い始めました。

いろんな情報や価値観に影響されている自分。
何を身につけて、何をそぎ落としていくのか。
新生活は、自分を見つめ直すよいキッカケになりそうです。

   千鶴子
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-05-05 14:57 | かまど通信 | Comments(0)

5月の庭そうじ

◆今月の庭そうじ◆  5月3日(火・祝) 10時~16時まで

今年は一年かけて庭の手入れをします。
伸びすぎた枝の剪定や下草刈り、割れガラスや陶器のかけらの収集などなど
昔はごみ処理のルールがなかったから庭に適当にまいていたんですねぇ・・・
たくさん出てきて困ります。
時間に余裕があれば離れの小屋の整理も考えています。

先日の庭そうじにお手伝い頂いた方(貴重な1名)、本当に有難うございました。
5月は15日に春の“le ブランチ 竈”を開催しますので、早めにお掃除済ませます。
今月も、都合のつく時間帯からで結構です。ご協力いただける方は、作業の出来る服装、軍手持参で直接竈の家へお越しください。


* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちら

* 今後の予定は決まり次第お知らせいたします。
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-04-21 17:07 | かまど通信 | Comments(0)

穀雨号 -今日は旧暦 3月14日です-

このたびの熊本県を中心とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

14日夜の最初の揺れが「前震」で、「本震」が起こったのは16日の未明。素人にはなかなか予想できない事態ですし、長引く余震に家屋や交通インフラなどの被害も大きくなっています。被災地では救援物資が不足気味といいます。

東日本大震災から5年余での再びの大地震に、言葉を失いかけましたが、しかし、被災地のためにできることを考え、また、自分自身の日々の生活を大切にして、しっかりと歩んでいかねばならないと思いました。

自分のふるさとである信州や、今住んでいる東海地方は自然に恵まれた土地ですが、九州もまた、雄大な自然の王国です。その残酷な姿を見るにつけ、胸が痛み、恐れながら今回はやや短い文章とさせていただきました。一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

(紘)
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-04-20 09:36 | 暮らし暦 | Comments(0)

第20回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催のお知らせ

=====================================
この度の熊本県を中心とした地震により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
=====================================

春の“le ブランチ 竈”を5月15日(日)に開催します。
今年度は、スタッフのお兄さん渡地さんの消しゴムはんこのワークショップ付きです♪
まずは手始めに「自分のサインのハンコ」を作りませんか?
カッターナイフを使うのが危ない年頃のお子さんには、発泡スチロールのハンコを考えてくれています。
ブランチ参加の方は制作費無料。先着10名様にはプチプレゼントもあるかも!?

皆さまのお越しをお待ちしています。

日  時: 2016515日() 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 大人(中学生以上) 1名 600円
     小人(小学生以下) 1名  450円
        * マイ食器(茶碗,、お椀、お箸)持参の方は50円引きです。

参加ご希望の方は、前日までに、予約をお願い致します。
お申込みはこちらから。

* 近くに駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用ください。お近くの方は歩いてくるか自転車でお越しくださいね。
どうしても車でないと不便な方はお車でお越しください。
少し離れていますが、駐車できるスペースをご案内いたします。

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。

f0044728_1522744.jpg

[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-04-19 10:32 | leブランチ竈 | Comments(0)

竈の家の庭掃除、始めます!

◆今月の庭そうじ◆  4月16日(土) 10時~16時まで

今年は一年かけて庭の手入れをしようと思います。
伸びすぎた枝の剪定や下草刈り、割れガラスや陶器のかけらの収集などなど
昔はごみ処理のルールがなかったから庭に適当にまいていたんですねぇ・・・
たくさん出てきて困ります。
毎月一回程度を考えています。
都合のつく時間帯からで結構です。
皆様のお力添えを頂けると助かります。
ご協力いただける方は、作業の出来る服装、軍手持参で直接竈の家へ
お越しください。


* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちら

* 今後の予定は決まり次第お知らせいたします。
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-04-06 09:31 | かまど通信 | Comments(0)

清明号 -今日は旧暦 2月27日です-

 「B型インフルエンザ」


緩やかな雨が降り続いている三重県津市美里町から竈メールをお届け
します。

暦は「清明」を迎えています。様々な花が咲き乱れるこの時期、Face
bookなどのSNSからは満開の桜の画像が休むこと無く上がってきます。
窓から見える美里の山々の山桜も満開を迎えているようです。
「清明の原稿を書くんだ。」と嫁に話すと、「この時期沖縄では墓の
前で祖先と共に食事を楽しだりする時期だよね。」と話してくれました。
そうだったかな? と調べて見ると「シーミー」とか「ウシーミー」
とかよばれる清明祭でお墓の掃除と共に親類達が祖先と共に食事を楽し
む風習、としてしっかり存在しているとのこと。お墓で祖先に会いなが
ら飲食を共にする、死者との距離感をとても近く感じているように思い
ました。


さて、2年ぶりにインフルエンザ(B型)にかかってしまいました。
どうやら人混みで感染していたようです。(そのときマスクはしていな
かった)
先週「棲」という名古屋在住の女性達が発行している雑誌の取材で大
阪へ行ったときのこと。前日から鼻水が出ていましたが、花粉症を持っ
ているのでその影響かと思っていました。
午後から身体の節々がかなり痛み始めて「これはなんだか様子が変
だ」と周囲の人達にも話すと、「病院行き」を勧めてくれました。幸い
取材の空き時間があったので近所の病院へ向かいました。保険証もたま
たま持っていたことも不幸中の幸いでした。(保険証が無いと医療費を
全て現金払いになりますからね)
診察する前から「おそらくインフルエンザだろう」とドクターに告げ
られながら検査。結果は陽性。それからは最低限の撮影を済ませてすぐ
に帰宅。(取材先や棲取材チームには大変ご迷惑をおかけしてしまいま
した、すみませんでした)
帰宅後はずっと身体の痛み、夕方付近の悪寒、この繰り返し。
(お腹は緩いのに食欲だけはありました…)
外に出る仕事をオールキャンセルしてほぼ「寝たきり」になっていま
した。
特に身体の痛みが強かったのが特徴でした。
ほぼ1週間何も出来ずに過ごしました。動けないことのつらさを体感
した次第。

春になってはきましたがインフルエンザ、まだまだ感染する勢いがあ
るようです。(鼻水が出て身体の節々が多少でも痛みを感じたら感染を
疑って良いのでしょう。)
私にとっては思わぬ新年度のスタートとなってしまいましたが、春の
イベント、花見などでもらわないように気をつけてくださいね。

それでは寝たきりから解放されたので遅れている仕事の数々を完成さ
せることとします。


◆松原から写真展開催のお知らせです。

名古屋伏見のHCL名古屋ギャラリーで「伊勢・磯部」写真展を開催し
ています。4/11まで。
http://www.horiuchi-color.co.jp/photo-art/photo-gallery.html#nagoyaGallery

このところ話題豊富な伊勢志摩ですが、太古から続く風景の数々を会
場でお楽しみいただければと思います。
4/9は15時から写真展会場に現代美術家の藤原更(フジワラサラ)氏
をお迎えしてのギャラリートークも開催致します。入場無料ですので是
非足をお運び下さい。

  写真師松原
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-04-04 12:19 | 暮らし暦 | Comments(0)

春分号 -今日は旧暦 2月12日です-

かまどメールの時間です。しばらくお付き合いいただけたらうれしい
です。

まず最初にお詫びを。三連休にじゃがいもを植えようと、夏の終わり
からほかりっぱなしの畑の片付けに精を出したら初日にダウンし、ずっ
と寝込んでしまっておりました。やっと起き出して21日の早朝に原稿を
書いている次第です。ごめんなさい。

さてさて、今日は「ピンハネ」について書いてみようと思います。

ピンハネとは、他人の利益の上前を撥ねる、というあまりよろしくな
い言葉ですが、私自身の解釈ではもともと、いろいろな分野で1割の手
数料をいただくという、まあそれだったらしょうがないなあ的なものだ
ったと思っております。ピンと言うのは1を表す言葉と私は推測してい
ます。

公営ギャンブルの競馬のピンハネ率は、25%です。これは高い! も
し二人がじゃんけんで100円づつ賭けると、勝ったほうに150円しか戻り
ません。50円が運営している組織にピンハネされます。これは阿漕なピ
ンハネですねえ。公営ギャンブルが制度化される以前は、博徒がいろん
な賭博を仕切っていましたが、律儀な彼らはテラ銭は1割をきちんと守
っていたそうです。

さて次に宝くじ。なんと55%です。半分以上です! これを知ったら
宝くじ買うのが馬鹿らしくなります。宝くじは、当せん金付証票法によ
り還付率が規定されていて、もともと地方財政資金の調達という目的で
運営されていますので、還付率の低さに驚いてもいいですが、怒っては
いけません。

人材派遣の最近の人材派遣業者の平均的な利ざやは30%~50%前後と
言われています。これについては、どこまでを経費に含んでいるか詳し
い情報がありませんのでコメントはしません。経費の大きいところでは、
厚生年金・健康保険の会社負担分(約14%)とか有給休暇の負担(年20
日で10%くらい?)などがあります。一つ指摘して置きたいのは、払っ
ている側は、「こんなに払っている」に対して、働いてる側は、「そん
なにもらってない」という意識の差があることでしょうか。正確な情報
を出すこと、知ることがたいせつだと思います。

 今回は、中谷が書きました。
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-03-20 11:46 | 暮らし暦 | Comments(0)

啓蟄号 -今日は旧暦 1月27日です-

 啓蟄 ~冬籠りの虫声を啓く~

2日前、新暦3月3日はお雛祭りでしたね。
女の子のいるご家庭では雛人形を飾って子供の健やかな成長をお祝い
したでしょうか? 最近は、家で飾られなくなった人形を一堂に集めて
展示したり、雛めぐりのイベントを開催したり、人寄せに利用すること
はあっても、各家庭ではクリスマスやバレンタインデーなどの行事に押
されて、お雛様の影が薄いのではないかと心配していたら、夜、友人か
ら自宅に飾ったお雛様の画像が送られてきました。豪華な七段雛飾りか
ら、陶雛、貝雛、真たろ人形に掛け軸まで、手作りもあれば、母から孫
に受け継いだものまで実にたくさん。
子を思う母の気持ち健在!とばかりに嬉しくなりました。

さて、この雛人形。元来は女の子の成長を祝う節句の飾りというより、
人形を「ひとがた」として自身の身代わりに川に流し、穢れを払うとい
う意味があったようです。今でも「ひな流し」の神事等として古の風習
が残る地方もあります。が、江戸期以降、上巳の節句が女の子の節句と
して民間に定着すると、人形は次第に川に流す素朴なものから手の込ん
だ立派なものへと変わり、川に流す風習は、一般的には、なくなってし
まいました。
代わりにできたのが人形を「すぐ片づける」という習慣。すぐ片づけ
目につかなくすることで穢れを祓ったとみなす、というのですから何と
も合理的な考えです。またそこから転じて、すぐ片づけないと「お嫁に
行くのが遅くなる」などの言い伝えにも変化しました。

その時代時代で意味合いは変わってゆくものですから、雛飾りがどこ
かの展示施設でまとめて飾られるものになったとしても、それはそれで
やむを得ないことでしょう。でも、お雛祭りが女子の健全な成長を願う
親心の表れ、の一つであることは変わらずにいて欲しいものです。


   By かまど管理人
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-03-05 21:23 | 暮らし暦 | Comments(0)

雨水号 -今日は旧暦 1月12日です-

あさっては誕生日というある日、いつものように仕事を終えて帰宅す
ると、一通の手紙が届いていました。
差出人を見ると勤務先の社長から。
なんと社長手書きの、誕生日のお祝いメッセージでした。
昨年転職して初めて迎える誕生日。
その内容は短いながらも、ありきたりな定型文ではなく、普段の私を
見ていただいているのだと思えるもので、ものすごい「大切にされてい
る感」を味わうことが出来ました。

翌日社長にお礼を伝え、お話を伺うと、社員ひとりひとりに目を向け
ることを意識して、6~7年ほど前から始めたとのこと。

地元の中小企業ですが社員は100名を超えているので、単純計算で
3日に一通はメッセージを書いていることになります。
毎日仕事で忙しいはずなのに…
社長の時間の作り方・使い方に驚きながら思い出した言葉は「一番忙
しい人間が、一番多くの時間を持つ」

同時に、時間に余裕があるはずの自分は、たいしたことをしていない
ということにも気づかされました。
同じ時間を過ごすのなら、大切なことに時間を使っていきたいとあら
ためて思いました。

   千鶴子
[PR]
# by uneme_tayuu | 2016-02-19 20:02 | かまど通信 | Comments(0)