<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

”かまどマルシェ手づくり・体験市”を開催します♪

日  時: 2017年4月23日(日) 10:00~15:00

 場  所: 暮らしを楽しむ竈の家
           * 販売は完売にて終了になります。
           * 入場無料、雨天でも開催いたします。


春の”かまどマルシェ手作り・体験市”開催します♪
いつも通り内部幼稚園の駐車場を来場者用にお借りしていますが、あすなろう鉄道の一日乗車券を購入して電車でご来場いただいた方には、その乗車券を提示いただくと、あすなろう鉄道のグッズをプレゼントいたします(先着50人)。
うららかな季節、電車に乗ってのんびりと、内部駅から竈の家までの道のり散策もまた乙ではないでしょうか(^^)/

もちろん会場でも楽しんでいただけるように趣向を凝らしました。
素敵な作家さん達の手作り作品や美味しい食べ物の他、音楽演奏、落語、絵本の読み聞かせ、バルーンアートなど種々イベント設けましたので、ぜひ楽しんでくださいね。

地元菊屋さんの生菓子の販売もします♪
お抹茶や珈琲で美味しい和菓子もおススメです♡
今回は離れの1階にイートインのコーナーを設けましたので、お買い物したお菓子やパンもその場でゆっくりと寛いで召し上がって頂けます。

楽しいひと時を一緒に過ごしませんか。皆様のお越しをお待ちしています。

f0044728_151746.jpg

f0044728_15161527.jpg
 
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-31 16:33 | かまど通信 | Comments(0)

4月の庭そうじ

◆4月の庭そうじ◆  4月1日(土)と22日(土)の 10時~16時まで

4月はマルシェもありますから月2回の開催にします。
1日は主にお庭のほう。庭に必要でない草花の除去。今摘み取っておか
ないとあっという間に手におえない大きさになってしまいます。

22日は翌日のマルシェの設営を兼ねて。この日は特に人手が欲しいです。
出店者の皆様には出来る限りご協力をお願い致します。

作業にご協力いただける方は、多少汚れても問題のない動きやすい服装
と軍手持参で、直接竈の家へお越しください。
いつも通り、都合のつく時間帯からの参加で結構です

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちら
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-25 21:59 | かまど通信 | Comments(0)

春分号 -今日は旧暦 2月23日です-

寒い寒いと思っていたのが嘘のように、暖かい日が続いています。
先日の夜サロンの帰り道も、深夜というのに切るような空気の冷たさな
どなく、春の気配が漂う心地よい夜半でした。見上げた空の星の位置は
すっかり移動して春の星座に様変わり。それもそのはず、いつの間にか
春も中日、今日は春分なのですから。

つい先ごろ、歳若い友人とランチをしていて、お墓参りの話が出ました。
「年配の方って毎日お墓に行かれますよね。古市さんは行かれます
か?」言われて、はっと一瞬、言葉に詰まってしまいました。
年配者に思われたことに動揺したのではありません(笑)。
“そういえば年末からしばらく行っていないな!“
と思い出したからです。
元々そんなに小まめにいく方ではないですし(毎日なんてとても無
理!)、特に冬場は寒いので足が遠のくのですが、2月は父の命日があ
るので、必ず一度は参っていたのですが、すっかり失念していました。
お彼岸を前にそんな話が出たのも何かの暗示でしょうか。
この原稿を仕上げたら、日の高いうちに早速お墓に参ることにします。

ところでこの、お彼岸の風習、仏教に由来するとは言うもののインドや
中国では見られない習わしだそうですね。
彼岸と此岸の近いこの時期に西国浄土の先祖に思いをはせ、その年の豊
作と子孫の加護に感謝しつつ、祖先の供養をする。これはこの時期が、
春の農耕の始まる時期と秋の豊穣を祝う時期に重なることから定着して
いった日本の独自の風習で、彼岸会の法要が仏教とは縁のない土着信仰
に基づく行事と共に行われる例も各地で多くみられるようです。
自然と争わず融合する心を持った日本人の気質からくるのでしょうか。

近頃はパワースポットブームで神社に参詣する方が増え、お伊勢さんな
どいつ行っても多くの人で賑わっていますが、お彼岸にはやはり「お墓
参り」。皆さんもぜひ、ご先祖様の供養、忘れないで頂きたいものです。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-20 08:15 | 暮らし暦 | Comments(0)

啓蟄号 -今日は旧暦 2月 8日です-

今回は鹿児島県最南端:与論島にて原稿を書いています。

3月の第一日曜日に開催される「ヨロンマラソン」に今年もエントリーしました。
ここで人生初のフルマラソンに挑戦したのは今から15年前。
それまで5kmのマラソンしか走ったことがなかったのに、
無茶な挑戦をしたものだと思います。

このマラソン大会の最大の魅力はズバリ「島民あげてのおもてなし」です。
開催前夜のウェルカムパーティーにはじまり、
マラソン中には給水所で水・スポーツドリンクはもちろんのこと、
オレンジ・パイナップル・島特産の黒糖・おにぎり・ヤギ汁etc、
所によっては黒糖焼酎(!)なども振る舞われます。
そして沿道の家の前では、おじい・おばあがパイプ椅子を並べ、
手を叩き、太鼓を叩き、鍋やヤカンを叩き、暑い日差しの下で何時間も
私たちランナーが通り過ぎるのをずっと応援し続けてくれるのです。
とある家では、リクライニング式のベッドに横たわったおばあが
掃き出し窓を開けて応援してくれていたこともありました。
走りながら涙が出そうでした。

以来15年のうち、仕事の都合で参加しない年もあり、走る距離も
フルからハーフに変わりましたが、合計で10回ぐらいは参加しているでしょうか。
今年もウェルカムパーティーでたくさんの人との再会がありました。
パートナーのご病気で昨年は会えなかった70代のご婦人とも再会出来て
うれしかったのですが、介護のため今回が最後の参加なのよ、と彼女から聞いて
少なからずショックを受け、自分が変わらず参加し続けられる環境にいることの
有り難さを実感しました。

3月5日、今年は感謝の気持ちを胸に走ります。

千鶴子
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-05 08:54 | 暮らし暦 | Comments(0)