<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

霜降号 -今日は旧暦 9月23日です-

霜降 ~霜結んで厳霜白し~

雨の降りやまない10月初旬でしたが、友人らと長野県まで行って一泊して
きました。目的はトレッキングです。

「トレッキングに行かない?」春にも似たような言葉に誘われて、ハイキング
気分で参加してみると、想像以上に厳しい登山だった経験から、「トレッキ
ングとは何か?」を、旅行の前に改めて調べてみました。
すると、トレッキングとは、登山ほどはきつくないけれど高地を歩き山を楽し
むこと、多少の傾斜を登り降りしながらも歩くことがメイン、歩きながら山の
風景を楽しむこと、であることが判りました。ハイキングも同じく自然を楽し
み歩くことですが、必ずしも山である必要のないことがその違いのようであ
ります。

ということで、この春、唐突に初登山を経験した身であるものの、2日続けて
のトレッキングはこれまた人生初のこと。

初日の行程は雨で断念したので、結果的には一日だけのトレッキングに終
わりましたが、正直に言ってこの山歩き、「こんな感動を未経験のまま生き
ていたのか!」と、驚くほど感銘を受けました。

薄くひんやりとした空気の清々しさ、雨上がりの霧が晴れていく様子、雲の
切れ間から覗く槍ヶ岳、、、。
低地ではまだ碧い樹木も1700mの高地ではすっかりきれいな紅葉色です。
歩き始めた瞬間から絵画のような風景が視界一面に広がっていて、今まで
美術館の小さなカンバスの枠の中で見ていた景観が、色もタッチもそのま
まに、目の前に広がっていることへの驚き。ここは永田萌の緑、葉祥明の
青、そんなことを言い合いながら歩く山道の楽しさ。時に険しい山を登り、
ぬかるみを歩くことさえ新鮮で、日本の、車でわずか3、4時間の近い距離
に、こんな雄大な自然がまだあったんだ!という喜び。
最初から最後まで、堂々たる自然に圧倒され続けた数時間でした。

幾つになっても初めての体験があるって素晴らしいことですね。この大自然
から受けた糧は日々の生活に、これからも年齢を言い訳にせず、どんどん
新しいことにチャレンジしていこうと元気をもらった旅でした。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2016-10-23 07:47 | 暮らし暦 | Comments(0)

第22 回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催のお知らせ

秋の収穫祭ブランチ開催します♪
竈で炊いたアツアツご飯と旬の食材のお味噌汁。お気に入りの食器をもって、お昼のひと時を楽しみましょう!
事前予約制です。参加ご希望の方は、前日までに、予約をお願い致します。

消しゴムはんこのワークショップは「消しゴムはんこ押し放題♪」に変更になりました!


日  時: 2016 11 13日() 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 大人(中学生以上) 1名 600円
     小人(小学生以下) 1名  450円
        * マイ食器(茶碗,、お椀、お箸)持参の方は50円引きです。


お申込みはこちらから。

駐車場はないのでお近くの方は歩いてくるか自転車でお越しくださいね。
遠方の方には、近くの駐車場をご案内いたします。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。

f0044728_15452537.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2016-10-17 14:57 | leブランチ竈 | Comments(1)

寒露号 -今日は旧暦 9月 8日です-

知多市で暮らし始めてもうすぐまる4ヶ月になります。
先週はアパートがある地区の神社で秋祭りが開催されました。

祭りの1ヶ月ほど前から、県道や国道沿いに「朝倉の梯子獅子」というのぼりが
立てられ、郵便局や図書館などで案内チラシを見かけるようになりました。
チラシを手に取って見てみると『31段の梯子と高さ約9mのやぐらの上で、
2人1組の獅子舞がお囃子に合わせてはなれ技を披露する』という記述と、
幅の狭いやぐら(丸太を数本渡しただけ)の上で跳びはねる獅子の写真が。
なんだかとってもスリリングな感じに興味をそそられて、見に行ってみる
ことにしました。

祭り当日、会場の神社に行ってみると、周辺の道路も含め屋台などは一切
出ていません。境内も広くはなく(というよりハッキリ言って狭い、
たぶん地元の人しか来ないような神社だと思います)そこに舞台と、
梯子を使った高いやぐらが組まれていて、たくさんの人が集まっていました。
オープニングの保存会会長の挨拶、続いて地元出身議員の奥さんの挨拶の後、
獅子舞の数組の若い男性が舞台に並んで、一人ずつ今年の祭りにかける
意気込みを語ります。今年初めてやぐらに上る人や、初心者で今年はまだ
やぐらに上がれないという人もいました。みんな観客から拍手や声援を
受けています。

そしていよいよ梯子獅子が始まりました。
まずは楽屋から舞台に登場し、そこで舞を披露した後、勢いよく梯子へ向かって
駆け出します。そして胴体役が頭役を肩車して、演技しながら梯子を登っていきます。
梯子の頂上にたどり着いたら今度は狭いやぐらの上でまた演技を披露します。
やぐらは丸太をロープで縛っただけの簡素な造りで、獅子が舞うたびに
グラグラと大きく揺れています。
「このやぐら、崩れたりしないのかな」初めて観る私はもうドキドキです。
そして一番の見所「大アオリ」…やぐらの丸太に膝と足の甲をひっかけて
身体を反り返らせて頭からぶらさがり、元の姿勢に戻り、を繰り返します。
観客からは大きな拍手、私も思わず声をあげて拍手。
その後獅子舞は丸太を滑りおりて地上へ下り、また舞台へ戻って舞を披露し
楽屋へとさがって行きました。

この日は4組の獅子舞が披露されました。
その中の1組は兄弟で、兄弟獅子というのはなかなか見られない珍しいもの
だというアナウンスもありました。

昔の人は、娯楽も少なくて、祭りというのは一年に一度、本当に楽しみにしていた
行事だったと思います。
私は子供の頃は引っ込み思案で、地元の祭り(うちの地区は子供神輿)に
参加するのは大嫌いでした。大人になってようやく、祭りの魅力というものが
わかってきたような気がします。
舞う人も観る人もみんな地元の人。小さな地区で大事に受け継がれてきた祭りを
思いがけず観ることができて、なんだかとても幸せな気分になりました。

千鶴子
[PR]
by uneme_tayuu | 2016-10-08 06:35 | 暮らし暦 | Comments(0)