<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋分号 -今日は旧暦 8月11日です-

田んぼや堤防の土手にいつの間にか彼岸花が咲いていることに最近気づいて、
秋のお彼岸がやってきたことをようやく思い出し、今日はお墓参りに
行ってきました。

渋滞に巻き込まれながら…といった仰々しいものではなく、
うちのお墓は家から徒歩数分の距離にあります。
いつも玄関に置いてある、線香とマッチと数珠が入った手提げ袋を
持って行くだけの、とても気軽なお墓参りです。
春秋のお彼岸とお盆にはお墓参りに行くようにしていますが、
どれも予定の合間をぬって天気のいい日にササッと済ませることが
出来るのでありがたいです。

そしてお彼岸・お盆といえば、必ず登場するのが「おころ」。
祖母から母親へと作り手は変わってもずっと続いている、
味のない白いお団子。
(実は私、材料も作り方も知りません。)

以前はどこの家のお墓にもこのおころがお供えされていたと記憶している
のですが、カラスが食べ散らかすという理由で、地元の墓地では
いつの頃からかおころのお供え(供えたまま帰る)は禁止になりました。
うちの近所では、お墓にお供えしなくなってからおころを作らなくなった
という家も多いようです。

子供の頃はたいして好きではなかったおころですが、ここ数年で、
自分から手を伸ばして食べるようになりました。
味覚が大人になってきたのでしょうか(笑)砂糖醤油をつけて食べる
ただそれだけのシンプルな味の良さがようやくわかってきたのか、
はたまた子供の頃を思い出すなつかしさが美味しさを増幅させて
いるのか。
今まで作り続けてくれた母親に感謝し、そろそろ私も作り方を
教えてもらおうかなぁ、と思いました。

千鶴子
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-09-23 15:01 | 暮らし暦 | Comments(0)

”かまどマルシェ手づくり市”を開催します♪

秋の一日を竈の残る古民家で過ごしませんか。
こだわりの手づくりの作品が今回も盛りだくさん!ピザやパンや焼き菓子、綿菓子などの食べ物も充実しています。
また、マッサージ体験や整理収納アドバイス、音楽演奏などなど、ショッピング以外でも楽しめる内容になっています。ぜひお越しくださいね♪
〈入場無料・雨天でも開催〉

日  時: 2015年 10月17日(土) 10:00~14:00
             * 但し、物品の販売はなくなり次第終了です。
場  所: 暮らしを楽しむ竈の家
           * 入場無料、雨天でも開催いたします。


雑貨、食料品、どれもみな作り手のこだわりの品ばかり。
ぜひ手に取って、味わって、お楽しみください。体験ができるブースもあります。


f0044728_10352176.jpg


会場までの案内図です。
カーナビでは出てきません。行きつけるかどうか不安な方はプリントアウトしてお持ちください。
f0044728_21555354.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2015-09-17 12:13 | かまど通信 | Comments(1)

映画「うまれる ずっと、いっしょ。」上映スケジュール

9月13日(日)当日のスケジュールです。

 13:00~       開場・受付開始
 13:30~15:45   上演
 15:45~16:30   アフタートーク
 17:00~       解散

当日は、豪田トモ監督の映画製作のきっかけや登場人物とのその後などをまとめた文章「映画鑑賞後のご挨拶」を会場内に貼り出します。
A4版で17枚あります。
どうぞ、ゆったりと楽しむつもりで余裕をもってお越しください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-09-10 11:09 | かまど通信 | Comments(0)

白露号 -今日は旧暦 7月26日です-

今年は8月前半に猛暑日が続き、「いよいよ日本も亜熱帯の国になっ
てしまうのか」と空恐ろしく思っていましたが、お盆を過ぎたあたりか
ら何となく暑さが和らぎ、9月に入ってからは二十四節気の「白露」と
いう言葉通り、そこかしこに秋の気配を感じられるようになりました。
まだまだ残暑の厳しい日もあるでしょうが、日本に四季が存在すること
を再認識する今日このごろです。

私の家の周りは、つい最近までセミの鳴き声が目立っていましたが、
今では日が暮れると、スズムシやコオロギなどの静かで美しい響きでい
っぱいになります。特にこれから寝る、という時間は最高。布団に入っ
て目を閉じると、秋の虫たちの声に包まれているような感覚になり、眠
りの国に沈んでいく瞬間は何とも言えない幸せな心地です。・・・と、
次に目を覚ますともう朝なのですが。

不眠症などにお悩みの方には駄文を切にお許し願いたいのですが、誰
もがストレスを抱えてしまいがちな昨今、私自身も落ち込んだり、心が
くたびれてしまったりする時はもちろんあります。そうした心に染み入
るような秋の虫の声に耳を傾ける時、自然のありがたさを思い知るので
す。

これからますます空は澄み渡り、稲などが実りの時期を迎え、木々は
徐々に色づいてきます。一方で台風への警戒や、寒さへの備えも始まり
ます。自然とともに生きる喜びや厳しさを、改めて心に刻む季節です。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-09-08 09:09 | 暮らし暦 | Comments(0)