<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

処暑号 -今日は旧暦 7月10日です-

  「お盆・稲刈り」

処暑=8月23日ごろ。暑さが落ち着く時期の意

私の在住する三重県津市美里町もお盆も過ぎて朝晩は随分涼しくなっ
てきました。秋の虫の声も聞こえてくるようになりました。三重の平野
部ではお盆あたりから稲刈りが始まっています。他の地方と比べると三
重は結構稲刈りが早いようです。「お盆あたりから稲刈りはじまります
よ。」と話すと県外の人は結構な確率で驚きの声を上げてくれます。こ
れも三重の特徴の一つでしょうね。新米が早く口に入れることができる
ことでもあるのでそれは幸せなことだと感じています。

今年のお盆はどのように過ごされましたか。私は仕事が入っていたり
したのでほとんどを在住している美里で過ごしました。この地では8月
15日「かんこ踊り」と呼ばれる江戸中期以降から神事奉納として地区
住民に唄い・踊り・育まれ継承された伝統行事が行われます。私は北長
野地区と呼ばれるところで開催される夜の部を見せてもらいました。緩
やかな風の流れる中太鼓と笛の音の調べに耳を傾けながらお盆の過ぎ行
く時を感じさせてもらいました。古くから続く感じと派手じゃないとこ
ろが私がこの祭りをほぼ毎年見に行かせてもらっている理由の一つです。
踊りの後は集会所にお邪魔させてもらってお疲れさん会に参加させても
らいました。保存を継続してゆくことの難しさなどをお酒をいただきな
がら聞かせてもらいました。原風景のようないい祭りですので是非また
このかんこ踊りを見に来てもらえればと思います。
(美里では今月24日(明日!ですね)にも桂畑地区で地蔵踊りと呼ば
れる行事が夕方から開催されます。もしお時間ありましたら足をお運び
ください)

お知らせになりますが、今月12日に宗教人類学者の植島啓司著『伊
勢神宮とはなにか 日本の神は海からやってきた』が集英社ビジュアル
新書より発刊されました。その本の写真を今回私が担当させていただき
ました。三重、伊勢、志摩、の写真が沢山掲載されています。本屋さん
で見かけましたら是非お手にとっていただければと思います。http://s
hinsho.shueisha.co.jp/kikan/v-039/

昼夜の気温差が出てくる時期にもなってきました。体調管理など気を
つけて秋を迎えてゆきましょう。

   写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-08-23 09:48 | 暮らし暦 | Comments(0)

かまどマルシェ手づくり市の出店者募集

10月17日土曜日に竈の家で手づくり市を開催するのに合わせて、雑貨や食品など手づくりのものを展示・販売される方を募集します。
マッサージなどのサービス提供も歓迎です。
出店ご希望の方は詳細をお知らせしますので、ここまでご連絡ください。
募集は9月上旬ころまでですが、期日前でも定員に達した場合は、締め切らせていただきます。

■ 日時 10月17日(土) 10時~14時 
   *販売は完売にて終了になります
■ 場所 暮らしを楽しむ竈の家 http://kamadonoie.net/
■ 入場無料
■ 雨天でも開催します
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-08-20 16:39 | かまど通信 | Comments(0)

立秋号 -今日は旧暦 6月24日です-

かまどメールの時間です。しばらくお付き合いいただければ幸いです。

田舎暮らしにどっぷりはまり込んでいます。

夏の一日はこんな生活です。
5時ころ 目覚める。猫のお世話
6時ころ 田んぼの見回り
7時ころ 農作業開始
12時ころ 昼ごはん作って食べる
15時まで 昼寝
17時まで 農作業続き
17時から ご飯作って、お酒飲んで食べる
19時ころ 寝る

この時期は草刈りに追われる毎日ですが、体も慣れて淡々とこなせる
ようになりました。
百姓生活は心の平和にとってもいいですね。
種を蒔き、世話をして、収穫して、美味しくいただく。
雨が降ったり、体が不調なときはお休みする。
自分の手足を使い太陽と空気と大地と雨の力を借りて作物を作る。
ちっちゃな種からたくさんの野菜ができる。

街に住むころは、お金を稼いで消費するだけの日々。
そんな生活も好きだったけれどもう後戻りする気はない。
なんか田舎暮らしのすすめみたいになってしまいましたね。

今日は立秋。
朝晩に秋の気配を感じますね。
皆さまご自愛ください。

     なかや
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-08-08 21:12 | 暮らし暦 | Comments(0)

映画「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会のお知らせ

竈の家で、今回,、初めて映画の上映会をします。
以前から、映画鑑賞会やミニ講演会など、暮らしや心を豊かにする芸術文化活動的なことをもう少し増やしていければと考えていたところ、サロンやブランチなど、竈の家のこれまでの活動を通じて親しくなった方から、自主上映会をしたいので会場にお借りできませんか、とのお話をいただきました。
“渡りに船”とはこのこと、タイミングの良さにこちらも二つ返事でOKでした。
映写機やスクリーンの手配などいろいろ苦労もあったようですが、無事9月に上映会を開催できる運びとなりました。

とても良い映画です。
ぜひ一緒にご覧になりませんか?
終演後は、来場者の皆さんとのアフタートークも予定しています。

日  時: 2015 913日(
      開 場 13:00 /  開 演 13:30(終演15:45)
場  所: 四日市市采女町1090番地  暮らしを楽しむ竈の家(古市場バス停前)
料  金:小学生以上 1,000円(前売り800円)
      4~6歳 500円 
      3歳以下 無料

自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がりを考えるドキュメンタリー映画です。
映画の詳しい内容は以下のURLから。
http://www.umareru.jp/


チケットのご予約、お問合せはこちらから。

皆様のお越しをお待ちしています。

f0044728_216285.png

[PR]
by uneme_tayuu | 2015-08-06 21:06 | かまど通信 | Comments(0)