<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏至号 -今日は旧暦 5月 7日です-

今年は仕事やプライベートで東海・北陸の「古い町並み」といわれる
場所へ出かける機会が多くあります。

そもそも日本の場合、戦国時代に各地で城下町・門前町が発展し、商
業や貿易が活発になって宿場町・港町も栄えた歴史があります。今でも
何かしらの名残をとどめる地方都市は少なくありません。

こうした多くのまちで、古い木造家屋を残し、地域の活性化や観光振
興につなげようとする動きが強まっています。「町家(町屋)」といっ
た言葉もメジャーになりましたよね。一方で都市開発も進んでいるので、
古い町家がマンションに建て替えられてしまうような例もあとを絶ちま
せんが、自分のまちの歴史や文化を守ろうという心は広がっていると思
います。

最近、そんな古い町並みで、まちの印象を決定的に変えるものに気が
つきました。電柱です。

先日訪れた旧東海道の宿場町・有松地区(名古屋市緑区)は、15年
くらい前に取材を担当していた頃と比べて、まちの趣が格段に増してい
ました。「なぜだろう」と思いながらカメラを構えて、はたと電柱が写
りこまないことを発見。案内してくれたガイドさんに聞くと、2年前に
電線の地中化事業が完了したとの説明でした。

地元で電柱をなくそうという声が挙がってからほぼ10年がかり。当
初は無電柱化とともに計画した一方通行化に反対の意見もあり、地道に
地域の理解を深めて実現したとのことです。

景観の大切さに改めて気づくとともに、現代でもあきらめずにできる
ことはあると思いました。電柱のない広い空。気持ちいいものです。


(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-06-22 07:35 | 暮らし暦 | Comments(0)

夏休み♪絵手紙講座開催のお知らせ

子供から大人まで何方でも気軽に楽しめる絵手紙。
この夏も、竈の家で、一日体験講座を開催します。

ただ描くだけでなく、お好きな柄の千代紙をうちわ型に切って貼るなどアレンジもいろいろ、絵が苦手な方でも簡単に作ることができます。夏休みの工作や手づくり体験したい方にも最適。参加して自分だけのオリジナル作品を完成させましょう♪
完成した絵はがきは、そのまま自宅に飾ってもよいですし、離れて暮らすご家族や友人に送ってもきっと喜ばれます。

夏休み絵手紙講座 “アレンジ絵手紙に挑戦!”

ミニうちわをトッピングした絵はがき(2枚)としおり(1枚)の3セットを作ります

  日  時: 2015年 7月27日(月) 10時~、13時~
  場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家(古市場バス停前)
  会  費: 1名(小学生以上) 500円
     *就学未満のお子さんは保護者同伴でお願いします。
  持 ち 物: 手ぶらでお越しください。

初めての方でも楽しくできるよう丁寧に指導します。お気軽にご参加ください。

お申込みはこちらから。

駐車場はないのでお近くの方は歩いてくるか自転車でお越しくださいね。
遠方の方には、近くの駐車場をご案内いたします。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。


f0044728_15593927.jpg
  * サンプルです

f0044728_1165434.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2015-06-11 17:06 | かまど通信 | Comments(1)

芒種号 -今日は旧暦 4月20日です-

芒種を迎えます。


この原稿を書いている三重県津市美里町は雨。現在少し冷えています。
いや「寒い」という感じです。
最近長いことお世話になっていた炬燵布団を外しましたが(外したの
は妻ですが)もう一度セットしたような気温です。
そんな気温のなかで二十四節気の第九、芒種(ぼうしゅ)を迎えます。
芒(のぎ)のある穀物(稲などの穂の出る穀物)の種を蒔く季節とのこ
と。
美里町の苗はすでに水田でしっかりと根を張っているので随分と早く
種を蒔いていることになりますね。
6月の野菜
 ピーマン、オクラ、玉ねぎ、アスパラガス、茄子、きゅうり、冬瓜…
6月の魚介
 鰆、鮎、鯵、鰹、穴子、いさき、鱧、鱒、鮑……

こんなにたくさんの旬の食べ物に囲まれているんだな、と調べながら
改めて恵まれていることを実感します。(全部食べ尽くしたいという
心の欲求も同時に起こります)


取材である古民家を改装するワークショップに伺いました。今回の実
践内容は床貼り。10人ほどの都会や地方から参加してきた方々がのこ
ぎりや金槌など身近な道具を使って床貼りの方法を教わってゆく内容で
した。
古民家の改装ですので柱や壁などもきちんとした垂直水平でないとこ
ろも多いのでいろいろ考え工夫しながらなんとか辻褄を合わせながら作
業を進めていました。これから古民家を自分で改装してゆく人、サラ
リーマンの人が「気晴らし」で参加したみたり、初めての人、複数回参
加した人、いろんな人の混在。
その混在していることをそれぞれが受け入れている点がともて良い場
所を作っていると感じました。

スキルアップとか上昇志向! というような「ガツガツ」した感じは
あまりせずに、床を貼るとはどういうことなんだろう?? そんな素朴
な疑問点を自分たちの手でしっかりと体験し実感している様子でした。

そして、ワークショップの進め方がいい塩梅なのです。テンポが速す
ぎるわけでもなく遅すぎるわけでもなく、それでいていつの間にか時間
が経過している。
9時過ぎに入った現場でしたが、カメラをぶら下げながら見させても
らっているだけで時計の針はいつのまにか16時を指していました。
「空気感」という存在がとても良い場所だったんだと思います。場所
を作り出していく一つの良い具体例を見せていただいた感じたのでした。

まもなくこの地方も梅雨入り、気温の上昇と湿度も高くなりカビや細
菌が増殖するのに適した時期、食べ物の食中毒にもお互い気をつけて行
きましょう。


  写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-06-06 07:55 | 暮らし暦 | Comments(0)