<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大寒号 -今日は旧暦12月1日です-

「路地のぬくもり」

 新暦での年が明けて早くも20日間経ちましたが、旧暦では12月、年末
に当たる時期。二十四節気では「大寒」、最も寒さが厳しくなる時期を
迎えます。
 旧暦で年末だから「よーし、大掃除にとりかかりとしますか!」とい
うような気分は、どちらかというと新暦でやり残したことをこれからや
りましょう、という魂胆が見え見えでしょうか(笑)


 さて、最近「銭湯」行かれたことありますか? 学生時代などにア
パートに下宿して通っていた人、旅路の途中で立ち寄る人、家風呂が無
くて通った人……。私は時間があるときに仕事帰りに銭湯に立ち寄りひ
とっ風呂浴びて家路につきます。非常に気持ちのリセットになるからで
す。
 まちの路地から空を見上げると当たり前のように煙突が目印となって
建っていた銭湯も、経営者の高齢化やボイラーの老朽化、主要幹線道路
沿いに出来たスーパー銭湯の出現の影響などもあって、かなり減少して
きています。

 自己PRになってしまうのですが、そんな銭湯の姿を見てもらう写真展
を「大寒」になるこの時期に現在開催しています。
 写真展を開催したきっかけは私の中学時代の同級生、永瀬裕司(なが
せひろし)との再会から。
 「NAGI」という、伊勢にある出版社「月兎舎(ゲットシャ)」が発行
している大人のローカル誌があるのですが、2006年に編集部に永瀬から
本に載っている写真に私の撮影クレジットを見つけて「中学時代のコン
吉(松原の中学当時のあだ名)違いますか?」……そんな問い合わせが
入ったのがきっかけにして20数年ぶりに再会。そこから銭湯の魅力にど
っぷりと浸かっていた永瀬との銭湯巡礼が始まったのです。
 最初のうちは三重県内の廃銭湯などをゆっくり巡ったりしながら、の
んびりと現役銭湯に浸かったりしていたのですが、だんだん現役銭湯が
閉じる情報が多く耳に入ってくるようになりました。現役銭湯の姿を生
きている感じのままで写真に残したい! いや残さなきゃ! という思
いが強くなりそれから「村の記憶」で使用しているカメラと同じ4×5イ
ンチの大型カメラで撮影を進めました。
 撮影は銭湯さんの協力をいただいてお客さんが入る前に少し時間をか
けながら行わせてもらっています。
 富士山のペンキ絵、男は普段なかなか見ることの無い女湯のタイル画、
使い込まれてひび割れているタイル、古びたカラン……。
 そのような現役銭湯の姿を大判カメラによる細密描写を通して触れて
もらえる写真展です。

 写真展を開催しながら「銭湯の魅力」を考えてみる。
 スーパー銭湯との違いはなんだろうか?
 いろいろと便利にその施設内で完結できるのがスーパー銭湯。風呂上
がりに食事も出来たり、ドリンクを飲んだり……。
 もちろん駐車場の心配も不必要。それはまるでショッピングモールの
感じ。

 対する銭湯は、まちの個人商店。魚屋、八百屋、薬屋、花屋……、そ
んなまちのなかにあるひとつの風呂屋。
 番台越しには近所のおばちゃんやおっさんが今日あったできことや老
人介護の話など現実的なことも含めて話していることがその土地の方言
丸出しの言葉で耳に入ってきます。 「あの人今日はこやん(来ない)
けど風邪でもひいたんかな?」「ここらの人間は言葉は悪いけど人間は
最高やに」いろいろ話しかけたりもしてくれる。
 路地の近くにあること、湯船までの距離感。銭湯は入口から湯船まで
の導線が短く、路地を歩いて暖簾をくぐれば直ぐそこに湯船がある感じ。
その導線の短さも特徴の一つ。一瞬にしてワープ(極端かな)する感覚。
 湯船に浸かりながらも銭湯前の通りには家路につく人達の足音が聞こ
えてくるような気がする。「キキッ」と自転車のブレーキを止める音。
風呂に入るお客さんがやって来た。
 風呂を出て帰路につくときも、入浴中のおばさん達の声が身体にカケ
ル湯の音と共に路地に漏れてくる。
 なんと生活の匂い丸出しの感じだろう。「まちの体温」そのものがそ
こに存在しています。

「まちの体温」に触れに銭湯に足を運んで見ませんか? ほっこりしま
すに。

by 写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-01-20 13:29 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ

“今年もやります!旧暦忘年お餅つきの会“(第29回竈の会)
旧暦の今年は3年に一度の閏月が加えられる年。
なので「大寒」の20日からがやっと師走で、新しい年が明けるにはまだ一ヶ月近くがかかります。
そんなことですから恒例の年末お餅つき、今年は、新暦のお正月の新鮮さも
すっかり薄れた2月の開催となります。

たくさんのご参加お待ちしています。
ぜひマイ食器ご持参でご参加くださいね。
 *食器の貸出は有料です(一人50円)

             記
日  時:  2015年 2月 15日(日) 9時頃~日暮れまで
場  所:  四日市市采女町1090番地 暮らしを楽しむ竈の家
参 加 費:  大人 500円、小人 300円+ 差入れ・寄付歓迎 

参加ご希望の方は、なるべく2日前までに、参加人数をお知らせください(ここ)。
お電話でも受け付けております。

{当日のおおよそのスケジュール}
    9:00~ 火熾し
   10:00~ 1回目のもち米蒸し、野菜下ごしらえ
   11:00~ 餅つき
   11:15~ 1回目の試食開始
       :
       :    以降、もち米蒸しあがり次第餅つき
       :
   15:00~ 後片付け

寒い時期ですので、防寒対策忘れずに!

* 近くに駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
 どうしても車でないと不便な方はお車でお越しください。
 少し離れていますが、駐車できるスペースをご案内いたします。

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらから
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-01-15 12:21 | かまどの会 | Comments(0)

小寒号 -今日は旧暦11月16日です-

今日は小寒、冷たい雨が降るなか皆さまいかがおすごしでしょうか。かまどメールにしばらくお付き合いください。

私事になりますが、昨年9月より三重県津市美里町に引っ越してはや4ヶ月がたちました。町の怠惰な生活に飽きたというか新しい挑戦がしたく、ここ2年ほど移住を考えていましたが、ちょっとしたきっかけがあり踏み切りました。

田舎に来ればのんびりできるなんて当初は考えていましたが、田舎の暮らしはめちゃくちゃ忙しいです。草刈り、稲刈り、種まき、山羊のお世話、ストーブの設置、薪の原木運び、薪割り、畑の収穫、漬け物作り、農道の普請、茶畑の手入れ、干し肉作り、などなどもう毎日やることが多いです。

街に住んでいた時は、勤めを真面目にしてお金さえ稼いでいれば、ほんとに怠惰な生活が可能でしたが、田舎では何でも自分でやらないとなんともなりません。するべき仕事それぞれはそんなに時間はかかりませんが、一日にいくつかの仕事を細切れに少しずつやる、思い立ったらすぐにやっつける、そんな生活を4ヶ月続けています。

55歳という年齢で体が動かなくなってきたと思っていたけれど、こちらに来てこまごま動いていたら、テキパキ動ける体が戻ってきました。これが一番大きく、そしてうれしい変化ですね。そしていろいろ考えて段取りをしておく習慣も少しずつついてきました。集落はほとんど一回り以上年上の方ばかりですが、元気な方が多いのもうなづけます。

健康で長生きしたい人には田舎暮らしをおすすめしたいですね。のんびり暮らしたい人にはまったくお勧めできません。あと田舎暮らしで一番の問題は赤ちょうちんで一杯やるということが気軽にできないことです。これは私にとって大きな問題です。帰りのバスが9時にはなくなってしまう、運賃で生ビールが二杯は飲める、もう泣きたくなってしまいます。この解決方法の青図はできているのですが実現には10年ほどかかりそうです。

移住をする人に役に立つ情報を発信していきたいとも考えています。今年は移住を円滑にできるようにする具体的な方策も実践していきます。手始めに、20万円くらいでできる四畳くらいの小屋を建てる実験です。頭のなかでは設計できているので詳細設計はこれから作ります。夏はそんなに暑くない場所なのでどちらかといえば冬向きの設計になりそうです。

なんで小屋?という質問があると思いますが、田舎の古家を買うのはなかなか難しく、買ったとしても手入れに相当な手間もかかります。家が見つかったら移住というのは、私にとってはなにか順序が逆のような気がしています。その辺りを解決する方法ひとつの要素が小屋なのですが、それ以外の要素についてはまた機会がありましたら書いてみたいと思います。

これから寒さが本番です。皆さまのご健康をお祈りして、このメールを終わります。お時間ありがとうございました。

なかや
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-01-06 09:15 | 暮らし暦 | Comments(0)