<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

霜降号 -今日は旧暦 9月30日です-

 「銭湯」

随分寒くなってきました。皆さんのお宅ではもう暖房器具を入れはじめましたか。まだ現代歴10月ですが美里の家では炬燵を入れはじめました。ゴロゴロする季節の到来です。

少し寒くなってきたのでお風呂、銭湯のお話しをしたいと思います。

最近中学時代の同級生と月1回の連載の為に銭湯に出かけています。国道の広い道を曲がり細い路地のかどを2つ3つ曲がるところに銭湯があることが多い。そのような立地だから車を駐車するにもひと苦労するところも多い。営業時間も短いことが多い。
街中にあるスーパー銭湯とは比べようも無いほど「不便」ということが詰まっている。
それでも何故足を運ぶんだろう?
懐かしいとか、古くさい、昭和っぽい、無くなりつつある風景、暖簾、番台、古くさいロッカー、フルーツ牛乳、牛乳石けん…いろいろな要素があると思います。

惹きつける要素の一つに「体温」という存在のことを考えてみた。

路地の中に存在することの多い銭湯、その土地と共に生きてきた人達が利用者のほとんどです。外来からの客が行くと直ぐに「いつも来てない人やな」とはっきりとわかります。どんなに多少汚れた格好していてもわかるそうです。(私もその外来客の1人)
そんな身近な人達が風呂に入りに来るのですから非常にその土地の濃い感じの言葉のやり取りを聞かせてもらうことが多いわけです。
身体の調子から競輪、競馬などの調子までいろんな話が聞こえてきます。隣の女湯からは年齢を重ねたお姉さん達の声。風呂の中だからよく響く。
そんな何気無い日常会話の存在や繰り返される光景の一つ一つが「銭湯」という場所の魅力となりそれがが体温という存在となって私を惹きつけるのです。

そのことは町の空気に触れたような気になるのかもしれません。町の空気それは町の体温。その体温を感じることは小さな旅をしているような感じなのかもしれません。

どうでしようか、なんだか銭湯に行ってみたくなったのではないでしょうか(笑)。是非たまには銭湯に出かけてみてはいかがでしょうか。一人\400でおつりが来ます。タオル、石けん、シャンプー持参で是非お出かけ下さい。

さて今日も銭湯取材に出かけるとします。もちろん取材のあとはひとっ風呂浴びます。何処かの銭湯で凸凹コンビの2人組みを見かけたら声を掛けてくださいね。

※銭湯巡礼@三重というタイトルで三重で発行している月刊情報誌に毎月連載中です。こちらも是非ページをめくってご覧いただければと思います。(こちらはCMでした、笑)


   写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2014-10-23 08:32 | 暮らし暦 | Comments(0)

第42回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

11月サロンのご案内です♬
10月はマルシェのためお休みしましたので2か月ぶりのサロン。
家は隙間風が入る通気性の良すぎる(笑)寒い造りですが、炬燵やホットカーペットを出して温かくしています。
もちろん、竈にも火は常に熾っていて、そういえば毎年この頃になると、お庭や雑木林よりも竃の近くに人が寄ってくるんです。狭い空間で暖を取りながらとりとめのないお喋りをして、そんな何気ない時間を一緒に過ごしませんか。

また、今月の講座は少し早いですが、お正月の祝箸を入れる袋を手づくりします。
水引きを可愛くアレンジしたり、まめまめしいお豆をあちこちちりばめたり、干支飾りを付けたり、一つしかないオリジナルを作ります。
f0044728_20332057.jpg

午前中だけですが、体験リンパマッサージもあります(30分500円、要予約)。


日  時: 2014年11月10日(月) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家(地図
会  費: 2,000円(お抹茶・和菓子付き)
      講座のみ受講希望の方 1,700円
      お抹茶のみの方     500円
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間
講  座: お正月の祝箸袋作り
講  師: 坂崎 由佳 さん
時  間: 10時~15時
       5袋作りますので完成させるのに1時間半くらいはかかります。
       受講される方はなるべく1時までにお入りください。
持 ち 物: 手ぶらでお越しください

* 傾聴ランティアやギターの弾き語りボランティア滞在します。
* 地元産減農薬野菜の即売あります。
* 昼食は自由にお持ち込みください。前日までに連絡いただければ、取りまとめての手配も可能です(500円)。
* 参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2014-10-21 09:51 | サロンde竈 | Comments(0)

寒露号 -今日は旧暦 9月15日です-

  寒露

みなさま、こんにちは。台風が過ぎて一安心と思っていたら、涼しすぎ
る朝に慌てて冬の上着を引っ張りだしてきて原稿を書いています。

先日の広島の豪雨の被害を見ながら考えたことを書きます。なぜあんな
に危険なところに家を建てて住んでしまったのか、どうしてそうなって
しまったのか。私は行き過ぎた商業主義と住宅融資制度の欠陥が一因と
睨んでいます。

危険な土地は安く売らます。それを建築業者が仕入れて、住宅を建てて、
融資を付けて販売します。業者間でいわくつきの土地を安く仕入れて住
宅を建て、ほかの安全な場所の住宅と同じ価格で売ればたくさん儲かり
ます。

通常は融資する側(銀行など金融機関)が回収不能の危険度を判定し、
融資額や金利に反映させるのですが、住宅金融支援機構の融資は、借り
手の前年の年収により融資額が決まります。また回収不能の危険性は、
団体信用保証という制度により回避しています。個々の金融機関のリス
クはほとんどゼロです。

これが意味するところは、危険なところに立っている住宅にも普通の融
資がついてしまうということです。金融機関はリスクゼロ、住宅屋さん
は濡れ手に粟のボロい商売。大きな災害はめったに起きないので、買っ
たお客さんのほとんどは幸せに暮らしています。赤信号みんなで渡れば
怖くない。

ではどうしたらよいか。金融機関にリスクを負わせることです。融資し
た案件に回収不能があったら金融機関が損をするようにする。こうすれ
ば危険な土地には誰も住宅を建てません。融資がおりないから。東海大
豪雨のあとに某金融機の結構な地位いる人にこういった融資制度に切り
替えるべきではないですかとお話ししたことがあります。帰って来た言
葉は、「そんなことしたら銀行が損しちゃうから無理」。


あとがき

書くべき言葉がありません。二度と不幸な人災がおこりませんように。


by なかや
[PR]
by uneme_tayuu | 2014-10-10 06:37 | 暮らし暦 | Comments(0)