<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第35回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

12月サロンのお知らせです♪
1月~3月の冬の間サロンはお休みしますので、今年度はこれが最後になります。
しばらくお会いできなくなりますので、ぜひいらしてくださいね。
f0044728_1215457.jpg
竈の火を使って暖をとる他、炬燵やストーブも用意するなど、暖かくして皆様のお越しをお待ちしています。

月替わり講座はプリザーブドフラワーを使って現代風にアレンジしたモダンな注連縄リースを作ります。
プリザーブドなのでお値段はいつもよりちょっと高め、でもアレンジし直せば数年は利用できます。
一味違った注連縄飾りで新年を気持ちよくお迎えしましょう。


もちろんお抹茶だけお召し上がりの方も歓迎です♡


     日  時: 2013年 122日() 9時~日暮れまで
     場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家
     会  費: 講座を受講される方 2,500円
            講座を受講されない方  500円 (ともにお抹茶・和菓子付き)
     呈茶時間: 10時以降のお好きな時間
     講  座: プリザーブドフラワーで作る華やかお正月飾り♪
     講  師: 伊藤 春実 さん、吉岡 幸子 さん
     時  間: 10時~と13時~(1時間~1時間半程度)

f0044728_1215957.jpg
◎ その他、カラーセラピーやパーソナルカラー診断、ホルミシス・リンパマッサージなどが受けられます(有料)。
◎ 傾聴ボランティアスタッフが滞在しています。いろいろ話しに来てください。
◎ 地元産減農薬野菜の即売あり、季節のお野菜購入できます。
◎ 昼食は自由にお持ち込みください。前日までに連絡いただければ、取りまとめての手配も可能です(500円)。

参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。


◇傾聴ボランティアとは…◇
傾聴ボランティアとは、所謂、あなたの「お話相手」です。
それもお話を「聞くこと」に徹してくれるお話相手。
独り住まいで普段あまりお喋りする機会のない方、色々な情報を持っているのに伝える相手のいない方、昔話、貴重な体験談、或いは愚痴だって構いません、話したいことがあるのに話せないでいる方、どうぞ遠慮せずお話しに来てください。
お話を聞くボランティアスタッフは、アドバイスもしない代わりに、話し手の話を否定することもありません。ただ黙って「うんうん」「そうですね」と相槌を打ちながら、あなたの気持ちに寄り添って暖かく耳を傾けてくれます。
職場の悩みや就活の悩み、家族の健康や自分自身の将来に対する不安、経済の先行き不安、政治や原発問題に対する憤りなどなど、解決できなくても話を聞いてもらうだけで心の中が整理できたり、不安が軽くなったりすることってたくさんあると思います。
最初は話が切り出せなくても大丈夫。
古民家のゆったりした空間の中でお抹茶とお菓子を召し上がったり竈の火を見つめたり、段々リラックスできてきたら、色んなお話がすーと出てくるのではないでしょうか。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-29 12:23 | サロンde竈 | Comments(0)

第13回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催のお知らせ

秋のブランチ開催します♪

日  時: 2013年 11月24日(日) 9時~日暮れまで
             *朝ご飯は準備でき次第~なくなるまで
場  所: 四日市市采女町大日 暮らしを楽しむ竈の家(古市場バス停前)
会  費: 350円
        マイ食器(茶碗,お椀,お箸)持参の方50円引き

11月のブランチは、「秋の味覚」と題して、その時手に入るとっておきの旬の食材を使った一汁一菜を予定しています。何があるかは当日のお楽しみ♪
どうぞお気に入りの食器をお持ちいただき、ゆったりとしたブランチのひとときをお楽しみください。
材料は天然のもののほか、野菜などは誠実な作り手さんから直接手に入るものを厳選して使います。

お客様で来るというよりは、作るところから一緒に参加して、皆でワイワイ盛り上がりませんか。
はじめての方、大歓迎です。

近くに駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
どうしても車でないと不便な方はお車でお越しください。少し離れていますが、駐車できるスペースをご案内いたします。


申し込みは不要ですが、事前にご連絡いただけると助かります(ここ)。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-28 13:59 | leブランチ竈 | Comments(0)

霜降号 -今日は旧暦9月19日です-

先の日曜日に、私用で名古屋市の東山動物園へ行く機会がありました。
雨がかなり激しく、寒い一日でしたが、雨天決行の用事だったのです。
雨の中を歩き回るのは大変でしたが、人出が少なく(というかほとん
どいない状況で)静かな園内には新鮮さもありました。雨に打たれてじ
っと動かないインドサイの後ろ姿が印象的だったり、やんちゃ盛りの子
象が外に出られず、園舎内で母象の尻尾にじゃれて遊んでいる様子がほ
ほ笑ましかったり。
大人の目線で見れば、動物園という人間の勝手な発想の結果、檻や柵
の中で暮らすことになった動物たちは、さぞ窮屈だろうと思ったりしま
す。だからこそ、彼らの生命力に対して、なんだか「ありがとう」と言
いたくなってしまいました。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-23 22:59 | 暮らし暦 | Comments(0)

第32回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

9月17日、竈の家で「サロンde竈」が開催されました。
前日までの豪雨から一転して晴れやかな秋空。台風一過の清々しい空気が、季節はずれの暑さ続きで忘れかけていた、秋の爽やかさを思い起こさせてくれる朝でした。

日本列島を横断して各地に大きな被害をもたらした今回の台風。幸い取り立てて被害のなかった竈の家ですが、庭には風に手折れた枝や落ち葉が散乱していました。散らかったものを一つずつ片付けながら、いつもと変わることなくサロンを開催できることを、しみじみと、有り難く感じました。
f0044728_2083964.jpg
                  (庭掃除はいつもどおり母が)

感謝の気持ちで朝の準備を終え、最初の来館者が講座を受け始めた頃、思いがけない人達が竈の家を訪ねてくれました。母が社長をしていた頃の元従業員さんたち。時々こうして懐かしい人が顔を見せに来てくれるのも嬉しいことです。

さて、今回の講座は『ワイヤーアートの壁飾り』、賑やかだった7、8月とはうって変わり少人数でのゆったりした講座。
f0044728_2095681.jpg
f0044728_20104373.jpg
ほぼマンツーマンの対応で、じっくりと時間をかけて取り組まれたからでしょうか、皆さんとてもいい作品に仕上がっていました。
f0044728_2012267.jpg
         (男の方の作品、その繊細で上品な仕上がりに皆が驚嘆!)
f0044728_20125661.jpg
f0044728_20124286.jpg
      (同じハート型の壁飾りでもお花のアレンジで雰囲気が変わりますね)
  
受講者が少なかったので講座は早目に終了、その後は、講師の先生も参加者もサロンを支えてくれているボランティアスタッフも皆んな交えてくつろぎのティータイムへと。
f0044728_20152451.jpg

主菓子はいつもの和菓子屋さんの誂えもの、干菓子はドライフルーツとドライトマトのチョコレートがけ、それに手作りのポン・デ・ケージョ、と今回も盛り沢山。たくさんのお菓子を目の前に並べて、「にぎやかなのもいいけれど、こういう大人な雰囲気もまたいいね」と楽しく話し込んでいると、あっという間に時間は過ぎ、気づくといつもとなんら変わらない夕暮れどき。慌てて帰り支度をして、皆それぞれに忙しい日常へと戻っていかれました。
f0044728_20161025.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
f0044728_2034363.jpg
 ワイヤーアートでウェルカムボードや写真立てなどいろいろなものが作れます。今回都合がつず参加できなかった方もありますので、機会があれば第2弾、企画したいと思います。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-22 20:42 | サロンde竈 | Comments(0)

第34回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

11月サロンのお知らせです♪
今月の講座はモノづくりではなく、健康セミナー。
これから寒くなり、風邪をひいたり、体調を崩したりしやすい時期です。
病院にかかる前に、予防医学の観点から体調管理の手助けになることしてみましょう。

日  時: 2013年 11月 5日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家
会  費: 講座を受講される方 1,000円
     講座を受講されない方  500円 (ともにお抹茶・和菓子付き)
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間
講  座: 簡単!セルフ整膚健康法
講  師: 三成 真理子 さん
時  間: 10時半~、13時~、14時半~の3回(1時間程度)
~~~~~~~~~~~ 講 座 の 内 容 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ 皮膚を優しく引っぱることで身体を整える癒し系健康法をわかりやすく解説。代謝が促進され免疫力がアップするので季節の変わり目の体調不良、体の凝りや痛みが和らぎます。皮膚の老化対策にもなる新しい健康法、試してみませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ その他、「カラーセラピー」や「パーソナルカラー診断」が受けられます(別途料金が必要、詳細は最後に記載しています)。
◎ また、今月はホルミシス・リンパマッサージのお試しフェイスマッサージもあります。
こちらは午前中のみで、15分から20分程度、クリーム代として500円。
なるべく事前にご予約ください。
◎ お話を聞いていただきたい方には傾聴ボランティアスタッフが滞在していますので、ご利用ください(参加者無料)。
◎ お子さんには、絵本の読み聞かせやギターの弾き語りなどもあります。お子さんの年齢を事前に伝えて頂ければ、年齢に見合った絵本を用意させていただきます。
◎ 昼食は自由にお持ち込みください。前日までに連絡いただければ、取りまとめての手配も可能です(500円)。
◎ 地元産減農薬野菜の即売もあります。

参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。

暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらです。


◇カラーセラピーとは…◇
14本のカラーボトルから好きな色を数本選んで、その選ばれた色から、今の自分が望んでいるもの、今どうありたいと思っているかなどを、セラピストとの対話によって一緒に導き出していくというものです。
選びたい色には全て「意味」があるので、直感で選ぶことによって、もともと持っている自分の価値観や考え方が改めて浮き彫りになったり、自分が本当はどうありたいのかが明確になったりします。
選ばれたカラーボトルのメッセージ、心のサインを読み解いてみませんか♪

・診断料 かまど価格♪初回1,000円 (所要時間 約30分)


◇パーソナルカラー診断とは…◇
パーソナルカラーとは、顔色や表情を生き生きと明るく健康的に見せる自分にあった色のことです。
人間の第一印象は初対面のほんの数秒で決まると言われています。パーソナルカラー診断であなたの魅力を最大限に引き出す、あなたに似合う色を見つけませんか!
若い方からシニアまで年齢を問わず診断してもらえます。また、自分をキレイに見せるメイクカラーの相談にものっていただけます。

・診断料 2,000円(かまど特典♪色見本のプレゼントあり)

*診断は基本的にノーメイクでお願いします。診断後メイクが必要な方は各自ご持参ください。
*一回4名まで同時にできます。お友達同士で診断というのも楽しいですね♪
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-11 17:57 | サロンde竈 | Comments(0)

寒露号 -今日は旧暦9月4日です-

「街の中にある森」

フェースブックやTwitterなどのSNSからは秋の味覚や行事などの様子が
沢山送られてくるようになりました。そんな秋の季時間が流れる中、伊勢神
宮では遷御の儀とそれに関連する祭典が行われ、先週の6日の日曜日、
外宮(豊受大神宮)の御神楽をもって終了しました。

1300年続く御遷宮という儀式。お宮さんを新しくするという役割とそれに携
わる人達の技術伝承などなど、そのあたりのことは新聞記事や報道ニュー
スで既にご存じの方も多いと思います。

そんな儀式の流れの中に一部分ですがご縁があって立ち会わせていただ
くことができました。
様々な儀式の流れはただ「美しい」という言葉がしかあてはまらないような
感じでした。
「ひと」が作り上げた美しさを見せてもらいながら、この儀式のスタイルがど
のように作られてきたのか?伝わったのか?そんなこともふと考えたりしま
した。

記録撮影担当で入らせてもらったので当然撮影もできない場面もあります。
そんなときにはただじっと見つめるわけですが、写真機を置いて少し離れ
たところの儀式を見ているとき、「先祖の人達もこんな感じで見つめていた
のかなあ。」と時間が自分の身体を通してタイムスリップする感覚にたまに
なりました。また、普段入れない時間帯である夜遅くに入らせてもらうことも
ありました。鹿やムササビなどの獣の声を沢山聞くことができました。特に
一般参拝が終了してから夜の神域に入らせてもらった時にその感じは強烈
になりました。
(外宮さんの場合電車の通過音やいろんな自然界以外の音も聞こえてくる
のに森の中にいる感じはかなり強いのです。そのあたりがとても不思議な
感じ)改めて神域の中は森なんだなあ、と感じた次第。街のなかにある森、
そういう環境の中で普段日常ではあまり感じないことを随分感じさせてもら
ったのかもしれません。


光を消した闇の中で感じることも多々あることを改めて認識すると共に、そ
ういう場所で自然界との対話が少しでもできるようになればと改めて思いま
した。神宮に行くといいうことは「森」を感じに行っているのかもしれないなあ
…。

「神さん」とのおつきあい、我が家にある「神棚」に手をあわすことを再びは
じめないといけないな、と痛感した次第です。日常の中に「神さん」は在る、
と思っていたいから。

たまには近所の氏神さんにお礼を伝えに言ってきますかね。


秋の味覚の食べ過ぎで身体の目方が増えすぎないようにお互い注意しま
しょう(笑)。

写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-08 14:06 | 暮らし暦 | Comments(0)