<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第30回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

7月サロン開催のお知らせです♫
今月は夏休みに入ることもあり、子供さんにも参加していただこうと、親子で楽しめる体験講座を考えました。もちろん大人の方お一人でも楽しめる講座です♪
“消しゴムはんこ作り”ぜひ楽しんで行ってください♥

また、月替わり講座の他にも「カラーセラピー」や「パーソナルカラー診断」、「ホルミシス・リンパマッサージ」などいろいろ体験できます。
ギターの弾き語りや絵本の読み聞かせコーナーもあります。

日  時: 2013年 7月 22日(月) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家
会  費: 講座を受講される方  1,000円(親子一組まで、子共一人追加+200円)
       講座を受講されない方   500円
       ともにお抹茶・和菓子付きですが、親子参加の場合、親子で一つです
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間
講  座: 消しゴムはんこ作り
講  師: 前川 早苗 さん
時  間: 10時~と13時~の2回(1時間~1時間半程度)
持 ち 物: カッター、シャープペンシル(HB)

                ↓ ↓ ↓ サンプル図案 ↓ ↓ ↓
f0044728_1181338.jpg
                
~~~~~~~~~~~ 講 座 の 内 容 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
基本的な消しゴムはんこの彫り方から、かわいく実用的な図案の提案まで、イラストレーターでもある講師が丁寧にお教えします。下絵図案をいくつかご用意しますので初めての方でもお気軽にご参加頂けます。もちろんオリジナルの絵で作られるのもオススメ!親子でのご参加歓迎です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★今月も傾聴ボランティアの方に来ていただきます。
 お話を聞いてもらいたい方、ぜひ事前の予約をお願いします。
★カラーセラピー、パーソナルカラー診断、ホルミシスリンパマッサージの詳細については、お問い合わせください(下の方に、大まかな内容の説明あります)。
★地元産減農薬野菜の即売もあります。

*梅雨も明けて、夏の陽射しがきつくなる頃です。サロンでも、お抹茶以外に冷たい麦茶などご用意しますが、水分補給できるもの、汗拭きタオルなど、ご自分でも用意してきてくださいね。
*昼食は自由にお持ち込みください。前日までに連絡いただければ、取りまとめての手配も可能です(500円)。
*参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。


◇カラーセラピーとは…◇
14本のカラーボトルから好きな色を数本選んで、その選ばれた色から、今の自分が望んでいるもの、今どうありたいと思っているかなどを、セラピストとの対話によって一緒に導き出していくというものです。
選びたい色には全て「意味」があるので、直感で選ぶことによって、もともと持っている自分の価値観や考え方が改めて浮き彫りになったり、自分が本当はどうありたいのかが明確になったりします。
選ばれたカラーボトルのメッセージ、心のサインを読み解いてみませんか♪

・診断料 かまど価格♪初回1,000円 (所要時間 約30分)


◇パーソナルカラー診断とは…◇
パーソナルカラーとは、顔色や表情を生き生きと明るく健康的に見せる自分にあった色のことです。
人間の第一印象は初対面のほんの数秒で決まると言われています。パーソナルカラー診断であなたの魅力を最大限に引き出す、あなたに似合う色を見つけませんか!
若い方からシニアまで年齢を問わず診断してもらえます。また、自分をキレイに見せるメイクカラーの相談にものっていただけます。

・診断料 2,000円(かまど特典♪色見本のプレゼントあり)

*診断は基本的にノーメイクでお願いします。診断後メイクが必要な方は各自ご持参ください。
*一回4名まで同時にできます。お友達同士で診断というのも楽しいですね♪


暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらから
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-06-24 12:35 | サロンde竈 | Comments(2)

第29回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

6月18日、「サロンde竈」がありました。
この日の体験は「パステルアートで楽しく紫陽花を描こう♪」です。
当日来られた方から順番に、パステルや網、型紙シートの使い方、技法について、講師の方から説明を受けて、早速始めていただきました。同じ道具を使っていても、選ぶ色や配置で全く違う作品に仕上がりますよ、と聞いてはいても、毎回その違いには驚かされます。
f0044728_11575119.jpg
短時間で仕上げる体験作品であっても、直感で決める方、迷われる方で制作のスピードに長短が出ますし、細部にこだわる方と大胆な方といった具合に個性も分かれます。
f0044728_125595.jpg

お手拭きまで道具がすべて準備され、手ぶらで気軽に体験できたので、面白そうと飛び入り参加された方もありました。
f0044728_11594850.jpg
                   (午前中の体験参加者の様子) 
f0044728_120225.jpg
                   (午後の体験参加者の様子)

いつもどおり野菜の販売もありましたし、今回は講師の先生の描かれたアート作品の販売もありました。オリジナルのミニフレームやポストカードをお値打ち価格で提供していただいたので喜んで買っていかれた方も幾人か。
f0044728_11583395.jpg

f0044728_11583268.jpg


数日前から北の小屋の屋根修理に入ってくれている大工さんにも今日は緋毛氈の上でお抹茶と和菓子で休憩をとっていただきました。鉢巻きにニッカーボッカーズ姿の職人さんが竈の家にはよく映りますね。
f0044728_12113719.jpg

お菓子は、主菓子が「雨上がり」という名の紫陽花のような可愛らしいお菓子、干菓子が「麦こがし」と「諸越」の競演。そして今年豊作の畑になった琵琶。どれもそれぞれに美味しいと喜んでいただけてよかったです。
f0044728_1224221.jpg
f0044728_12241522.jpg


一年で一番昼間の時間の長いこの季節、のんびりと日の暮れるまで静かな昔時間を楽しみました。


※ 午後の方の作品、講師の琴梨(kotori)さんのブログから見ることができます。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-06-22 12:33 | サロンde竈 | Comments(0)

夏至号 -今日は旧暦5月13日です-

 夏至


なんだか今年は曖昧な梅雨になりましたが、
ようやく恵みの雨が降り出して、夏至の日を迎えました。

一年の中で一番日照時間が長い日……
でも、雨だからよくわからないなあ、と
空を見上げながら、ふと思いました。

私たちの多くは今、カレンダーで二十四節気を知りますが、
昔の人や、自然に沿った暮らしをしている方々は
自然の中からさまざまなサインを見つけ出し、
この節目の日を正確に読みとっていたのだな……と。

そのことは、「すごいこと」ではなく、
ふつうの人間である私たちのご先祖の誰もが
その身につけていた「知恵」だったはずです。

もうひとつ、私自身のことでいえば、
今でこそ畑に出かけ、「農」にふれているので
どの野菜の旬がいつなのかを把握していますが、
そうでなかった学生時代は、
恥ずかしながらキュウリやトマトが夏野菜だと知らないまま、
「スーパーでいつでも手に入る」と
漠然と手に入れていました。ああ、そんな時代もありました。


今の日本の経済社会の中で(特に、都会では)、
野菜の旬を知らなくても、暮らしには困りません。
自然の移り変わりから夏至などの節目を知る術を知らなくても、
暮らしには困りません。

そうして、

「知らなくても今、困ることはない」
「便利なものを利用しない手はない」

そういう「合理的」な判断の積み重ねが、
先祖からの「知の遺産」を失うことを、
今の私たちに「自ら受け入れさせた」のだと感じます。

分業や効率化そのものを否定する訳ではありません。が、
昔の人が暮らしのなかで普通にできていて、
今の私たちが、とっかかりさえも見失っていること。

そういうものを知ることで、
気づけることがあるように思います。

アベノミクス、TPP、原発再稼働、
そんなニュースを眺めながら。


(emix)
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-06-21 08:12 | 暮らし暦 | Comments(0)

芒種号 -今日は旧暦4月27日です-

梅雨入りしたとはいえ、東海地方はここ数日ずっと晴天が続いています。
それでも空気は湿っぽく、どこか梅雨の気配を感じさせます。

どの農家でも田植えや種まきが終わり、雨の恵みを待ちわびる「芒種」の
頃。
かまどの菜園も今年は土おこしを協力してくださる方があって、ようやく畑ら
しい体裁を整えることができました。
数年来、畑、畑と言い続け、やっと形にした念願の菜園。

一人で続けていくには無理のある広さだと十分承知しながらも、途中で投
げ出して、土作りのアドバイスから栽培のための畝作りまで、かまどのスタ
イルを理解し、協力くださった方々をがっかりさせるようなことがあってはな
らないと、仕事や家事の合間に菜園通いが欠かせません。

特にこの時期、雨が降れば、野菜たちはすくすくと成長し、毎日の水やりの
負担が軽くはなりますが、同時に雑草たちにとっても成長を助長する恵み
の雨であることに違いはなく、その繁殖力の旺盛さは育てている野菜とは
まったく比べものになりません。
目を疑うようなその成長ぶりに、早くも心が折れそうになりますが、自分で
育てた安心、安全で、滋味深い新鮮な野菜を、収穫する喜び、食べる楽し
み、そして販売する醍醐味に胸ふくらませ、当分の間は悪銭苦闘する日々
が続きそうです。


By かまど管理人

※竈の家では、かまど菜園の野菜作りに協力してくださる方を随時募集し
ています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-06-05 09:26 | 暮らし暦 | Comments(0)

第29回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

6月サロンのご案内です。

鬱陶しい梅雨の季節がやってきました。
でも、植物たちにとっては恵みの雨、嫌ってばかりもいられません。
今月は、梅雨の蒸し暑さと多湿の不快感をしばし忘れていただこうと、しっとり雨に濡れて美しい紫陽花を、パステルを使って描く『パステル・アート』の体験講座を開きます。
楽しいひとときをどうぞお過ごしください。

日  時: 2013年 6月 18日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町 暮らしを楽しむ竈の家
会  費: 500円 +(プラス)1,000円で、今月の講座が受講できます
     *講座を受講されるかされないかは、申し込み時にお伝えください
     *ともにお抹茶・和菓子付きです
講  座: パステルアートで楽しく♪紫陽花を描こう
講  師: 山中 繭 さん
時  間: 10時~16時まで(1時間~1時間半程度)
~~~~~~~~~~~ 講 座 の 内 容 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パステルアートとは、粉状に削ったパステルを指先やコットンにつけて描くアートです。
お子さんからご年配の方まで、年齢に関係なく、また、絵の経験、上手い下手に関係なく楽しめるのが最大の魅力。指先を使うことで、脳を刺激し、感性を磨き、感情も豊かになっていくので、生涯学習や子供の情操教育、お年寄りの認知症予防にも適していると言われています。
今回の講座では、紫陽花をテーマに描きます。
お子さんのみの参加もOKです。その場合、お子さん用に、もう少し簡単に描ける題材も用意しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★今月も傾聴ボランティアの方に来ていただきます。
 お話を聞いてもらいたい方、事前の予約をお願いします。
★パーソナルカラーセミナーやお顔のリンパマッサージもあります。
 詳細はお問い合わせください。
★地元産減農薬野菜の即売もあります。

*昼食は自由にお持ち込みください。前日までに連絡いただければ、取りまとめての手配も可能です(500円)。
*参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。

f0044728_15362255.jpg
                     (紫陽花のサンプル)
f0044728_15364128.jpg
                    (子供さん用のサンプル)
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-06-03 20:39 | サロンde竈 | Comments(0)