<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雨水号 -今日は旧暦1月 9日です-

雨水の今日、美里は雨降りです。ここ2、3日は冷えています。
それでも山を歩くと新芽が出かけていたりして季節は確実に春に向か
っているのを感じることができます。
(滅多に山歩きはしないのですが取材でたまたま山林を歩くことが続
いたのです)
花粉症の人には鼻水が垂れたりして辛い季節が到来したことにもなり
ますけれど…

2月の初めから「カメラオブスクラ」という木製の暗箱で描かれた風
景の展示が昨日で終りました。(三重県生涯学習センターさん主催で
小学生を対象に行われたワークショップの作品展だったのです)会場
に足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。
カメラオブスクラとは風景を模写する為の装置です。レンズである虫
眼鏡と箱と鏡を使ってトレーシングペーパーに鉛筆で描いて行くので
す。レンズを通した風景を描くので遠近感補正装置でもあると考えて
います。

肉眼でなくレンズを通した風景を見る、現在のカメラの原点でもある
訳ですが、少しの時間見つめる時間を長くすることでいつもの風景が
今までと違った風景に見えてくるのは本当に不思議な感覚だと思いま
す。
日常的な時間の流れを少し変化させることで自分の中の感覚に改めて
気づく、ということになるのかもしれません。
ほんとに時間の流れが速い!と感じる今日この頃、スピードを少し緩
めるだけでも随分世界の見え方は変化するのかもしれないですね。

展示会場では子どもだけでなく大人もかなり興味を持ってもらったよ
うです。
大人の方にも今年は体験してもらえるように主催者側と話を進めて行
こうと思います。


そのカメラオブスクラはこのかまどメールの管理人である池山大工が
制作したものです。そのカメラオブスクラを「池山式カメラオブスク
ラ」と名付けました。木製の丁寧に作られたカメラオブスクラはワー
クショップを終えたあと生徒が各自で色を塗ったりして「マイカメラ
オブスクラ」に変身していました。子どもたちはとても喜んでいまし
た。池山大工のおかげですね。

歩む早さを少し遅くしてこれからやってくる春を感じたいものだと思
いました。



by 松原写真師
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-02-18 16:40 | 暮らし暦 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦12月24日です-

今日は立春です。ここ数日は一足先に温かい日が続いていましたが、
立春と聞いて改めて春の気配を色濃く感じるのは私だけでしょうか。

かまどの家では、昨日の節分に年末のお餅つきをしました。50人ほど
の方に来ていただき、にぎやかにお餅をついてお腹いっぱい搗きたて
をいただきました。

管理人さんをはじめそれぞれの持場でお餅つきを支えていらした皆さ
まお疲れ様でした。みんなができることを少しづつ出し合ってたくさ
んの笑顔を見られた素敵な一日でした。

私はいつも手返しの役目を引き受けていますが、今年は手返しのでき
る人を探すのも密かな目標にしていました。幸いなことにちょっとだ
けコツをお教えしたら、上手にできる若くて綺麗な女性が三名もいら
っしゃいました。次回からもぜひ参加いただけるよう期待しておりま
す。

毎回かまどメールの記事ネタには迷っているのですが、昨日の朝のツ
イッターで素晴らしい言葉を見つけましたので紹介します。


------人の命は決して長いもんじゃありません。どんなに愛し合って
もまた互いに理解があっても、また健康であっても、百年と一緒には
生きられないんです。この現実を考えたら、時を同じくしてこの世の
中に生きるお互いの人間は誰かれなく笑顔でもって接するのが当然で
しょう。違いますか?-------


私自身もいつも笑顔でいることを心がけているのですが、この言葉で
その思いをさらに強くしました。中村天風@tempu_wordsのツイートよ
り転載しました。

今回はkuma28が書きました。




追伸 いつも機嫌がいいですねってよく言われます。でもいつもって
わけではないんです。実は落ち込んでる時は出かけずに家にひきこも
っているので不機嫌な時を見られてないだけです(笑)。最近は引き
こもる日も少なくなってきています。365日笑顔でいられるようにし
たいです、少しづつ。
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-02-04 17:55 | 暮らし暦 | Comments(0)