<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第21回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

梅雨明け初日の7月17日、竈の家で、「サロンde竈」が開催されました。
今回、講座は、松阪市在住の池添友一さんに「種からはじまる野菜づくり」と題して、無農薬・無肥料・無耕起の畑づくりの方法を自身の経験を混じえて語っていただく講義を開きました。
f0044728_15513691.jpg

在来種とスーパーの野菜との味比べや種取りの方法など、座学に留まらない実践をまじえての分かりやすいお話に呼応するように、同じような方法の野菜作りに取り組んでみえる方や食に高い関心を持っていられる方々の参加。おかげさまで、予定時間を一時間(倍!)も超過するという、予想をはるかに超えた、活気に満ちた講義となりました。
f0044728_15493226.jpg
                (メモを取りながら聞かれている方も)
f0044728_15504860.jpg
                 (豆採りの実践、午後は麦で実施)
f0044728_15533898.jpg
                   (中央にみえるのが池添さん)

午後からもあるのでと、午前の部は一旦お開きにし、お昼休憩をとって戴きましたが、講師の池添さんは一日一食の方、それを良いことに(?)昼食の時間も惜しんでお話を聴こうとされる方や、午後の講座も引き続き受講される方もあって、本当に、ただでさえ暑い日差しの差し込む竈の家は、一日中大変な熱気で包まれてしまいました。
f0044728_15552116.jpg

f0044728_15585755.jpg

ネットを通じて名古屋や岐阜、京都など県外や市内でも各地区からと、遠方から足を運んでくださった方が多かったのですが、皆さん満足して帰っていただけたものと思います。

もちろん、お抹茶だけ召し上がられて帰る方も、のんびり会話を楽しみに来られる方も、どんなことをやっているのか覗きに来られる方もあり、それぞれに満ち足りたいい時間が流れたのではないかと思います。
f0044728_15544676.jpg

f0044728_15555527.jpg


また、今回のお菓子は池添家の手作り和菓子で、白あんの中に甘~い自家製ミニトマトの入ったさっぱり味。氷を浮かべた冷抹茶ともよくマッチしていました。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-07-22 16:05 | サロンde竈 | Comments(0)

大暑号 -今日は旧暦6月 4日です-

 大暑

現代暦のきょう22日は、二十四節気の「大暑」ですが、この週末の
名古屋は曇りや雨で、気温の上昇もひと段落しています。
昨日(21日)は三重県鈴鹿市に行ってきましたが、ずっと屋外にい
たこともあり、涼しくて一時は「寒っ!」と思ったほどでした。

今年はなかなか気候・天候が落ち着かないなあと思うことが多いです。
暑かったり、寒かったり。梅雨は幸い東海地方では大暴れしなかったも
のの、九州に深刻な被害をもたらしました。
世界の気候も不安定気味。間もなくロンドン夏季五輪が開幕しますが、
英国は近年まれにみる多雨で、仏・パリなどを含めて気温が低く、五輪
期間中も空模様にやきもきさせられるかも知れません。私は国内外を問
わずスポーツ観戦が好きなのですが、今夏はテニス、F1などの欧州で
の選手権で雨のシーンが目立ちます。

と、ここまで書いて、ちょっと悩んでしまいました。天候は安定して
ほしいけど、そもそも猛暑だとか冷夏だとか言うのも人間側の都合かな
あ・・・。さらに言えば、人間の生産活動は、他の生き物と比べてはる
かに大きな負荷を地球にかけているのは間違いない・・・。

スポーツ好きの私は、ロンドン五輪でもたくさん感動すると思います。
そして、商業五輪の時代に入って随分経ちますが、ロンドンの地でも、
人間がスポーツを通して自然とどう向き合うかを垣間見ることはできる
と思っています。

  
  (紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-07-22 09:39 | 暮らし暦 | Comments(0)

第9回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催のお知らせ

今年度最初のleブランチ竈、暑い夏の盛りですので冷や汁を作りたいと思います。
冷や汁でぶっかけご飯、おかわりしたくなるような美味しさです。

日  時: 2012年 8月5日(日) 9時~日暮れまで
             *朝ご飯は10時頃~なくなり次第終了
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 200円 + 器レンタル料50円
      マイ食器(茶碗,お椀,お箸)持参の方器レンタル料不要です

【かまど よろず住宅相談】
今年度から新企画として、木造の家を維持するためのメンテナンスや修繕について、かまどの家をとりまく大工、左官、瓦職人などが相談にお応えする”かまど よろず住宅相談”コーナーを設けます。
参加のついでに、ふとした疑問、些細なこと、何でも持ちかけてください。
気のいい職人集団なので安心して相談できますよ。


+申し込みは不要です、その日の気分でお出かけください。
+駐車場はないのでお近くの方は歩いてくるか自転車で来てくださいね!
 遠方の方には、近くの駐車場をご案内いたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-07-18 17:06 | leブランチ竈 | Comments(0)

小暑号 -今日は旧暦5月18日です-

 「続ける」


こんにちは。
私の住んでいる三重県津市美里町は昨日大雨と雷がすごかったです。
住んでいる古民家はところどころで雨漏りがあったりして結構バタバタしていました。
新築の住宅ではないのでそんなこととお付き合いしながら住み続けることになります。
修繕しながら住み続けて、出来るだけ長持ちしてもらいたいと思います。

(竃の家も随分ご無沙汰していますが昨日は大丈夫でしたか?)


原子力発電、放射能、エネルギー問題を含めた様々な動きが、それぞれの人がそれぞれの考えで動くしかないと考えます。
私個人はデモに足を運んだりはしていませんが、原子力発電という方法はリスクが大きすぎるシステムだと考えるので「いらない」という意思表示はしていこうと思っています。


さて昨日は「東浦奈良男、一万日連続登山への挑戦、という著書を出した吉田智彦さん、という方を囲んで話を聞かせてもらう機会がありました。

http://www.amazon.co.jp/信念-東浦奈良男-一万日連続登山への挑戦-吉田智彦/dp/4635340287/ref=pd_rhf_ee_p_t_1
(Amazonページから紹介です)

東浦さんという方は一万日連続登山を会社退職後からはじめた人。私が20代の頃伊勢市内で歩いているところを何回も見させてもらったことがあります。
決まったルートを決まった時間に通過していたので「そろそろ来るかな?」なんて待っていたりする人もいたようです。
「毎日浅間山に登っているんやに」と教えてくれる人いましました。
連続して見かけると「いったい何をしている人なんかな」かなり不思議な変わり者、という人だと思っていました。
その人を亡くなるまでの時間を写真と文章で記録したのが吉田智彦さん。
その東浦さんのお話を吉田さんから「家族がいた」等の意外な話を聞かせてもらいまし
た。

人はどうしてもみかけで判断してしまうし。第一印象で決めてしまうことは多いはず。そんななかでしっかり見つめて、話を聞くこと、記録して行くことの原点を見せてもらった気がしました。
今日から開催の写真展もじっくりと見せていただこうと思います。

写真展は本日7月7日から8月5日まで三重県立図書館で開催。その後三重県内2カ所の図書館を巡回します。

http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/201206006520.pdf
(今日7月7日14時から三重県立図書館で吉田さんのトークショーもあります)

是非図書館や書店で本を手に取って見ていただきたいのと、お時間ある方は是非写真展会場に足を運んでもらいたい。
「続けること」の意味を少し考えてみようと思います。


 (文=写真師松原)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-07-07 11:14 | 暮らし暦 | Comments(0)