<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第21回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

7月サロン開催のお知らせです。
長かった梅雨も明け、太平洋高気圧が張り出し、真夏日が続き出す頃。
暑さや湿気で崩れがちな体調や心を里山の自然に近い竈の庭で癒しませんか?
竈の家ではお抹茶と季節の和菓子を用意して皆様のお越しをお持ちしています。

今月から昼食は前日までに連絡いただければ手配可能となりました。
一食500円です。ご希望の方はサロン申し込み時にお忘れなく。

日  時: 2012年 7月 17日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 500円(お茶菓子つき)
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間に
音楽演奏: ギターの弾き語り、合唱、鼻笛など

講  座: 『種からはじまる野菜づくり』 (自由参加です)
講  師: 池添友一さん
時  間: 10時、14時からの各1時間程度(2回)
参 加 費: 500円

○私たちが日々口にする野菜。それらはどのように生まれ、育ち、私たちの食卓にのぼるのでしょうか?無農薬・無肥料・不耕起の畑で在来種の野菜づくりをしている池添氏に
「たね」をキーワードとした、おいしくて体に安心な野菜のお話をうかがいます。
○ワークショップとして「在来種とスーパーの野菜の食べ比べ」「トマトの種とり実践」「種の交換(頒布)会」も。
食に関心のあるかた、家庭で野菜づくりをしてみたいかた、ぜひどうぞ。


*Kamado特製お菓子の販売。
*絵本の読み聞かせもあります。
*参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-06-26 15:30 | サロンde竈 | Comments(0)

第20回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

6月18日「サロンde竈」開催されました。

今回ははじめての試みとして講演会を行いました。
お話をしてくださったのは、おとなり鈴鹿市在住の元看護師沼田久美子さん。
竈の家とは、今年1月に開催した旧暦年忘れお餅つきの会に、お友達に誘われ参加して下さって以来のご縁です。
入ってきた瞬間から竈の家を気に入ってくださったようで、「素敵!素敵!」を明るい声で連発、「娘がこういう古民家をみると喜ぶから」と言って夕方一旦家に戻り、娘さんを連れてふたたび遊びに来てくれるというお気に入りよう。
そんな活力のありそうな彼女の身の上話を聞いて驚きました。
なんと彼女、3年前に慢性骨髄性白血病にかかり、いつ生命の灯火が切れるとも知れない体なんだそう。実際に死の淵をさまよう経験もしたと言うのです。そして、今までこの病気にかかって長く生きられた人は少ないけれど、幸い自分は早期発見でまだ元気でいられるので今のうちに闘病体験や胸中を語り伝えていきたいと。
そんな打ち明け話を明るく笑って話してくれる姿と、内容の深刻さとのギャップが余りに激しく、信じられない思いがしたものです。

f0044728_16332016.jpg

そんな闘病体験の講演会、いつもの講座はお好きな時間に来て参加、というスタイルをとっているので、開始時間を10時と決めてするのは難しいのでは・・と案じた通り、最初は始めていいの?という位パラパラの人出だったのですが、終わってみると「産むが易し」、たくさんの人が彼女の話に耳を傾けてくれていました。1時間の予定はあっという間に過ぎ、11時半も廻ってしまったので、話はまだまだ尽きないけれどそろそろこの辺で、と半ば強制的に終わって頂いたような結果になってしまいました。

午後からも座談会を開きたかったのですが、生憎体力が持たないということでこちらは中止。
いつもの、絵本を読んだり、鼻笛を吹いたり、ギターに耳を傾けたり、梅雨の晴れ間の一日を気のあった仲間たちとのんびり過ごした午後でした。
f0044728_16335323.jpg

f0044728_16345837.jpg

また、この日は県内のまちかど博物館の特集号を企画している出版社の方が取材にみえていました。お抹茶と和菓子をこの上なく美味しそうに写真に収めてもらったので出版が今から楽しみです。
f0044728_16371367.jpg
    (こちらはスタッフの写真、これでも十分美味しそうなのだけれど♥違うんです)
f0044728_16474451.jpg
               (この右の方のカメラに収まっています)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-06-23 16:40 | サロンde竈 | Comments(0)

夏至号 -今日は旧暦5月 2日です-

最近は夜一人で飲み歩くのを止めたので、すっかり早寝早起きの生活
になっている。人間の体内時計はどんどん進むようで、今朝は二時前に
目が覚めてしまった。なんとか二度寝して六時ころから動き出す。空き
缶と空きビンを音を立てないようにそっと回収場所に置いてきた。洗濯
と食器洗いを終えるとやっといつもの喫茶店が開店する時間。夏は朝六
時くらいからやってほしいと思った夏至の朝でした。


自宅にある事務所に戻って請求書など事務仕事をこなしていく。予定
では夕方前には終わり、魚でも買いにいって美味しい夕ご飯でも作ろう
と計画していたけれど、昼前から急ぎの電話やらFAXがいろいろ入って
きてもうしっちゃかめっちゃか。池山さんからかまどメールの原稿まだ
ですかとさっき電話があり、六時に仕事を打ち切って今原稿を書いてい
ます。正直いうと忘れていました。池山さんありがとう。


最近決めたことがあります。どんな時も機嫌よくしようと。私は、特
技のない人間で音楽とか絵とかで人を楽しませることができない。鼻笛
を吹くけど自分が楽しむのが精一杯。まあそんな私でも皆さんからお誘
いいただけるのがほんとありがたい。日本を見渡すとこれからいろんな
ツケを払っていかなくてはならないと思うけど、少なくとも機嫌よく過
ごしてまわりを明るくしていきたいと思っている。まだ大きな声で議論
をしてしまう癖が出るけれど、まず静かに聞くことを心がけたい。


 kuma28が書きました。

 あとがき
いつも機嫌がいいですねと言われることが多いけど、秘密があるんで
す。不調の時はなるべく出掛けずに家でじっとしています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-06-21 14:25 | 暮らし暦 | Comments(0)

第20回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

日  時: 2012年 6月18日(月) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 500円(お茶菓子つき)
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間に
講  演: 『闘病体験を語る』
講 師: 元看護師 沼田久美子さん
講演時間: 10:00~ 一時間程度
三年前に慢性骨随性白血病の告知を受けてから、闘病生活を著書にまとめたり、新聞に投書するなどして、前向きに明るく生きてきた今日までの人生について語ります。
ご本人の体調次第ですが、午後は座談会を予定しています。
演 奏 会: 午後 ギターの弾き語りと鼻笛の合奏

*Kamado特製お菓子の販売。
*お昼が必要な方は各自でご用意ください。
*将棋盤、オセロゲームあります。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-06-17 11:41 | サロンde竈 | Comments(1)

芒種号 -今日は旧暦4月16日です-

 芒種

芒種です。
稲や麦など、穂の出る作物の種をまく時節とのことですが、
現在の農業で、農作物を育てるサイクルのなかに
苗を買ってきて植えるということはあっても
「種まき」、そしてそれ以上に「種採り」は
少なくなっているのではないでしょうか。

種採りの話に少しシフトしますが、
先日、「種採りのできる」在来種の種を取り扱う
野口種苗店さんに行って、種のお話を聞いてきました。

わざわざ「種採りのできる」と書いたのは、
種採りのできない種があるからです。
ご存じのかたも多いと思いますが、いわゆる「F1(一代雑種)」。
父と母にあたる株の特性のいいところを引き継ぐものの、
自分の子には、その特徴を引き継げず、また
まともな種を残せない、まさに「一代限りのもの」。

……ここまではぼんやりと知っていたのですが、
この野口種苗店さんで、その先の
「F1種子ができるまで」の話を聞いて
心がざわめきました。

この交配においては、「父株の遺伝子」のみを受粉させたいため、
花粉を受ける側の母株には「雄性不稔」と呼ばれる、
おしべや花粉がないというミトコンドリア異常の「奇形種」を選択的に栽培します。
雄性不稔株は自家受粉することができないため、
ハウスなどで他の花粉さえシャットアウトしてしまえば、
この母株のめしべには確実に父株の花粉のみが受粉されるという仕組みです。

現在、スーパーに並ぶ野菜のほとんど全てはF1だそうです。
つまり彼らは全てこの「雄性不稔」の株の、こどもたち。

……それが、からだに重大な影響を与えることなのか、
気にしなくてもいいような、ささいなことなのかは、私には判じられません。

ただ、「いつのまにか周りが不自然な食べ物だらけになっていた」
「知りもせず知らされもせず、それを日々、口にしていた」ということに、
大きな疑問と不信、そして一抹の罪悪感を感じています。

今月のサロンのときに、このあたりのことについて書かれている
野口さんの本「タネがあぶない」を持っていきますので
ご興味ご関心のあるかたは、どうぞ読んでみてください。

ということで、少々脱線しましたが、芒種ということで、
「種」のおはなしでした。

        emix
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-06-05 10:21 | 暮らし暦 | Comments(0)