<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第19回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

5月22日、「サロンde竈」が、この日も管理人不在のまま、竈の家で開催されました。
でもやっぱり先月同様、応援スタッフが駆けつけてくれたので、いつもと変わらぬ会だったようです。

月替わり講座は、「ちりめんのフクロウ絵馬作り」でした。
講師の加藤直吉さんは、普段から縮緬でいろいろな梟を制作してみえます。
f0044728_10445140.jpg
f0044728_10444027.jpg

今回は体験用キットを準備してくださってあったので、皆さん好みの縮緬を選んで、お喋りしながらのんびり作っていかれたようです。
f0044728_10425084.jpg

f0044728_10464072.jpg


「フクロウ」=「不苦労」
この縁起の良い絵馬、私も作りたかったのですが、残念。
また来年も来ていただくことにしましょう。


今月から尺八演奏に代わりギターの弾き語りの方に来ていただくことになりました。
学生の頃から作曲も手がけてこられたそうで、オリジナル曲もたくさん持っていて
それがとってもいい曲ばかり♪
ぜひ聴いてみてくださいね。
もちろん、唄いたい曲をリクエストしてくださっても結構。
たいていの曲なら弾いてもらえます。
f0044728_10472169.jpg
         (ギターの連弾、右の男性よく見ると空き缶で弾いている?)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-05-27 11:00 | サロンde竈 | Comments(0)

小満号 -今日は旧暦4月 1日です-

皆さん、こんにちは。
今日は小満であるとともに、東京では173年ぶり、本州では129年ぶり、
に見られるという金環日食の日でもありました。
今年に入ってからニュースでも度々取り上げられていましたし、私も2月頃
には既に日食メガネを購入して今日のこの日を楽しみにしていたのですが、
生憎四日市の空には雲が覆いかぶさり、金環日食どころか、忙しい朝
の時間だったこともあり、日食さえ見逃してしまいました。
それでも隣のガソリンスタンドのバイトのオジサンは雲の切れた一瞬の隙
間に見事な金環食を見たのだそうですが・・。

ところで173年前の1839年と言えば、江戸は天保年間、さすがに幕府の天
文方はしっかりと記録を残していたそうですが、
庶民は何も知らずにいただろう江戸の昔と平成の世は大違い、
今回は日食のにわか通が急増、天候の影響を受けない空からの金環日食
観測ツアーのチャーター便が出たり、日食メガネの粗悪品が出回ったり、
関連ビジネスも盛り上がって、相変わらず大いに湧いた日本人を、少し皮
肉ったコラムが新聞に載っていて、思わず苦笑してしまいました。

ただまあ、『日食は、月と地球の距離が一定でないから、月が近くて大きけ
れば太陽が全部隠れる皆既日食になって、月が遠くて太陽を隠しきれなけ
れば太陽が周囲にはみ出す金環日食になるんだよ』云々、うんちくを傾け
る大人と違い、純粋に感動した子供たちが空や科学に興味を持って理系
の道に進んでくれればいいという願いにはうなずけるものがありますよね。

今日は見逃してしまいましたが、今年は天文ショーの当たり年、
6月4日には部分月食が、6月6日には金星の日面通過が、7月15日に
は木星食が、8月14日には金星食が、それぞれ見られるそうで、いくつ見
られるか、にわか天文ファンと皮肉られながらもやはり楽しみにしてしまい
ます。
折角購入した日食メガネも一度は活用したいですしね。

ついでですが、次の金環日食は2030年だそうです。18年後のその頃、皆さ
んどんな生活をしているでしょうね?そんなに遠くない近未来の想像もちょ
っと楽しいものではありませんか。


   By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-05-21 15:38 | 暮らし暦 | Comments(0)

第19回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

爽やかな五月の空の下、サロンde竈開催します。
お弁当やくつろぎグッズを持って竈の家を訪ねてみませんか?
お抹茶と季節の和菓子を用意して皆様のお越しをお持ちしています。

日  時: 2012年 5月 22日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 500円(お茶菓子つき)
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間に
講  座: ちりめんのふくろう絵馬づくり
講  師: ふくろう工房直吉 加藤直吉さん
材 料 費: 700円

ふくろう工房直吉では、布製のふくろうの置物・押絵・ストラップなどを制作しています。
その中で、今回はちりめんの押絵ふくろう絵馬をみなさんといっしょに作りたいと思って、講師になっていただくことになりました。

*Kamado特製お菓子の販売。
*お昼が必要な方は各自でご用意ください。
*参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-05-16 13:55 | サロンde竈 | Comments(0)

立夏号 -今日は旧暦閏3月15日です-

立夏

今年は現代暦のこどもの日(祝日)と立夏が重なり、青空と新緑が心
を明るくしてくれました。
そして今年は5日深夜に、国内の原子力発電所がすべて停止しました。
脱原発か共存か。この1年間、多くの人がいろいろ考え、行動している
のと比べて、国はほとんど前進していないと感じ、こればかりは快晴と
言えず、悲しく思います。どちらの方向へ進むかも決められず、何が安
全で何が危険なのかさえも示せない。「原発ゼロ状態」は、スタートラ
インなのだと思う反面、国の迷いの結果そうなったのに過ぎないとも思
うのです。
それでも、何かが変わりつつあると感じている人がいらっしゃるなら
ば、きっとそれは真実でしょう。今回はこの話題を書くべきかどうか悩
みました。さらに皆様にお届けする前に書き直しましたが、至らない部
分はご容赦ください。振り返れば原発問題に限らず、いつも、この国の
進む道が決まる時は、「1人ひとりの小さな思い」と「国の大きなかた
ち」がもっと強く結びついてほしいと思うのです。


[PR]
by uneme_tayuu | 2012-05-05 09:29 | 暮らし暦 | Comments(0)