<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬至号 -今日は旧暦11月28日です-

みなさん、こんにちは。
早いもので今日は「冬至」。
太陽高度が一年で最も低くいため、一年中で昼が最も短く、夜が最も長い
日とされています。
当然日照時間も短く、陽の光も弱まっているのが、この日です。それがこの
日を堺に、どんどん日が長くなり、陽の光も強まっていくため、太陽の力が
復活する日ととらえ、冬至のことを、陰(いん)が極まって再び陽(よう)にか
える日という意味で「一陽来復」と言ったりもします。

この「一陽来復」には、そこから転じて、「悪いことが続いたあとに、ようやく物
事がよい方に向かうこと」という意味があります。

今年は3月11日の東日本大震災によって引き起こされた福島原発事故という
人災に、日本中の人々が被災しました。
事故後の東電や政府の対応、被災地の人たちの避難所生活、傷ついた命な
ど様々なニュースを見て、今まで原子力の問題を政府に任せ、自身の思考は
停止させたまま経済的な豊かさだけを享受してきたことを多くの人が反省した
でしょう。また、傷ついた地域や人々の復興は、単に道路や建物を再建したり、

街の機能を復活させたり、物質的な豊かさを取り戻すだけでは成し得ないこと
も悟りました。

原発事故自体はあってはならないことでしたが、それがきっかけとなって、これ
までの合理性や利便性の追求を最優先した生活、地方の自然や伝統文化、
人と人との繋がりをないがしろにしてきた生活が見直され、本当の豊かさとは
何かを問いただし始めたのは、いい傾向に動いている証ではないでしょうか。
一人一人の力は微力でも集まって大きくなれば、日本社会の方向性を変える
大きな力になる。そんな未来を信じて、私もその一員であり続けたいと思って
います。

来年は明るい年になりますように。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-12-22 16:56 | 暮らし暦 | Comments(0)

大雪号 -今日は旧暦11月13日です-

二十四節気では「大雪」ですが、名古屋はようやく本格的な冬がや
って来た印象です。

今回は、配信当日まで自分の順番であることをすっかり失念。大変
申し訳ないと思いながらこの原稿を書きつつ、時間がたつのは早いな
あと改めて感じています。

現代暦では、今年もあと3週間余りを残すのみ。春に東日本大震災、
秋は大型台風による紀伊半島の被害と大変な事態が続き、心が沈んだ
り、落ち着かない日々を送られた方もいらっしゃったと思います。

子供の時には1日や1年がとても長く感じたのに、大人になると年
月が短く感じるのは、経験の効果だと聞いたことがあります(ご存じ
の方も多いと思います)。人間は経験を積むことで先を予測できるよ
うになる。大人になると「来年はいつどんな仕事があって、世の中に
はどんなイベントがあるか」と、自分の活動の度合いなどを事前に想
定できるようになるから、時間が短く感じるのだとか。

しかし、震災ひとつとっても「想定外」だったと言われた今年。先
は予測しきれず、未知の体験はいつでもあり得ると思い知らされまし
た。それは、子供の頃のようにワクワクできて楽しい体験ばかりでは
ないかも知れませんが、想定外の出来事に直面しても、心の柔軟さは
持ちたい。そうすれば、時間を短く感じても、納得度は変わってくる
ように思えます。

これは、今年1年、相変わらず予想外の仕事に振り回されっぱなし
だった自分(笑)の、ささやかな来年の目標(毎年目標?)でもあり
ます。私の今年の執筆は今回が最終ですので、少し早いですが皆様ど
うぞよいお年を。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-12-07 10:01 | 暮らし暦 | Comments(0)

第17回サロンde竈(さろんでかまど)開催のお知らせ

いよいよ師走、雪が降る前にクリスマスリースを手作りしてドアや壁を飾りませんか。
リースには厄除けの意味もあるそうです。
竈の家では今月もお抹茶と季節の和菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。

日  時: 2011年 12月 6日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 500円(お茶菓子つき)
呈茶時間: 10時以降のお好きな時間に
講  座: クリスマスリース飾り
講 師: 中条博子さん
材料代: リース(小) 800円
      リース(大)1,500円

*親子参加大歓迎♪お抹茶を飲まれない同伴のお子様は参加費無料です。
*お昼が必要な方は各自でご用意ください。
*参加ご希望の方は、ここ までご連絡ください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-12-01 14:23 | サロンde竈 | Comments(0)