<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雨水号 -今日は旧暦1月17日です-

現代暦の19日は、二十四節気の「雨水(うすい)」。降る雪が
雨に変わり、積もった雪や氷が解けて水となるとの意です(角川学
芸出版編「俳句歳時記 第四版 春」より)。今年は2月に入って
からも、思わぬ大雪に見舞われたりしましたが、着実に春が近づい
ていると感じるこのごろです。

私は信州の山里育ち。しかし、大自然の恩恵を当たり前のように
受けてきたせいか、野の草木、草花の名前をあまり覚えないまま、
大人になってしまいました。

小学生のころは、友達と野山を駆け回って遊んでいましたが、一
方で読書が大好きないわゆる文学少女。「宿題があるから」と言っ
ては自分の部屋にこもり、古今東西の様々な物語や冒険の世界に浸
っていたことも多かったなあ、と。

私事ながら4年ほど前から俳句を始めたことで、改めて季節の植
物をしっかりと見つめるようになりました。最近、印象的だったの
は「臘梅(ロウバイ)」。1月に東京・湯島天満宮を訪れた際、早
咲きの白梅や紅梅の木々に混じって、1本だけあるのを見つけまし
た。「蜜蝋のよう」とも表現される半透明の黄色い花が、一つひと
つ光を溜めるように咲いていて、ひどく感動しました。

春は、野山にいのちが宿る季節。自然の息吹を感じ取れるような、
心の余裕を持って過ごしたいと思っています。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-02-19 15:16 | 暮らし暦 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦1月 2日です-

梅の花がほころび始めました。
枯れた草の間から新芽が顔をのぞかせています。
寒い寒いと言っても今日は「立春」。
自然界では静かに着々と春に向けて準備がすすんでいます。


先日の年末年忘れお餅つき&味噌作りの会は
日本中に強い寒気が流れ込んだ影響で
日中でも5度に満たないという厳しい寒さの中にも係わらず
たくさんの方にお出でいただき本当にありがとうございました。
お陰様で賑やかな気持ちの良い一日を過ごすことができました。

試行錯誤で始めたお餅つきも4回を数えると段取りはほぼ完璧。
もちろん皆さんの協力あってこそですが
予定通りにことを運ぶことができました。
お味噌作りは、まだ2回目だったので、だいたいの手順はわかるのですが
細かいところが曖昧でした。
例えば、大豆を茹でるのはつけ汁のままでよかったのか?
それともお水を変えるのか?とか、
また、これはすっかり忘れていたことでしたが、塩こうじに混ぜる大豆は
冷ましてから、とか。
講師の先生の到着が予定していたより遅れたことで少し慌てはしましたが
これも次の年末にはほぼ完璧に仕込むことができるでしょう。

お味噌は熟成の度合いによって色が変化していくので
今回は一年前に作ったお味噌と二種類の色の違いを確認しました。
次回は三種類の色の違うお味噌を比較できます。
その次は四種類・・そんなことをボンヤリ考えていると続けることそのことが
楽しみと化し、早く今年の年末が来ないかな、なんて気持ちにもなります。
手作り味噌、ぜひ継続させていきましょうね。
そしてゆくゆくは「かまど味噌」の販売?
そこまで行くのは夢のまた夢でしょうけれど、夢があるのも幸せなこと。
かまどは私に色んな夢を見させてくれるところになりました。


さてさて、かまど音楽隊のことなど当日の様子はまだたくさん書きたい
ところですが、読むのも辛くなる頃というもの。
百聞は一見に如かず、一枚の写真を紹介させていただいて
締めくくりとさせていただきます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

f0044728_1554176.jpg

 By 采女太夫

追伸:鼻笛隊で貸し出ししてたプラの鼻笛が1個(緑色)が行方不明
です。お心当たりの方ご一報いただけると助かります。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-02-04 15:54 | 暮らし暦 | Comments(2)