<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬至号 -今日は旧暦11月17日です-

まだまだ冷え込んでいく毎日ですが、
今日は冬至、一年で一番昼が短い日です。
逆に言えば、今日を境に、だんだんと日が長くなり
季節が春に向けて動き出す日。
そう思えば、この冷え込みも季節の移ろいとして
受け入れやすくなるのではないでしょうか。

さて、冬至といえばかぼちゃ。
本来、かぼちゃの旬は夏ですが、
日持ちがよく、冬まで保つことから
この時期に食べるものとなっているそう。

また、春に芽吹く、豆や木の実などの種は
なおさら、長持ちするはず。

……ならば、わざわざ
人工の保存食を用意しなくても、
ちょうどいい具合の天然保存食がたくさん
あるじゃないか、と思い至り、
この冬、非常時の備えとして
かぼちゃのほか、栗、豆類、芋類などを
リスの冬支度のように、ためこんでみました。

さてさて、無事に保つのか、食べられるのか。
(春の竈メールに続く?)

(emix)
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-12-22 19:43 | 暮らし暦 | Comments(0)

大雪号 -今日は旧暦11月2日です-

今日は「大雪」。
暦の上では、そろそろ雪が激しく降り始める頃ですが、
師走とは思えない暖かさが連日続いていますね。
本格的な寒気が降りてくるのは12月中旬頃といわれており
降り積もる雪の話題がニュースにのぼるにはまだもう少し待たないといけ
ないことでしょう。


さて、今日竈の家はサロンの開催日に当たっています。
5月から始めた「サロンde竈」も今回で8回を数え、今日を最後に来春まで
しばらくお休みすることになります。
いろいろとお世話になった皆さん本当にありがとうございました。
皆さんの協力なしには成り立たなかったサロン
来年も続けていくつもりです。どうかこれからもよろしくお願い致します。
そして、まだ一度もお見えになったことのない皆さん
来年は是非一度お越しくださいね。

家はやはり不思議なもので、たくさんの方が出入りするようになると
自然とお手入れに力が入るせいか、竈の家は一年前とは比較にならない
ほど素敵な民家に変わりました。
でもその変わりようはリフォームなどの作り替えた変化ではなく、単に掃除
を重ねただけのことなので、つくり物の古さや見せかけの古さではない、
本物の古さの醸し出す温もりと懐かしさがホコリの中から姿を現した
そんな表現がしっくりくるような変化だと自分は感じています。

そしてサロンを開くようになってもう一つ変わったことと言えば、
私自身がお菓子作りをするようになったことでしょうか!
来てくださる方へのおもてなしを、何か手作りものので、と始めたお菓子作
り。
それもテキスト通りのものではなく、テキストはベースに、材料の配合を変
えては納得のいく味になるまで何度も繰り返し作るので、レパートリーが急
増したわけではないのですが、それでもいくつかのオリジナルレシピができ
ました(何度も同じものを試食させられているわが社の皆さんゴメンナサイ
ネ)。
竈のサロンでしか味わえないお菓子、ぜひ来年は怖いものみたさの心理で
賞味しに来てくださいね。

 By 采女太夫
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-12-07 09:31 | 暮らし暦 | Comments(0)

第8回サロンde竈開催のご案内

12月「サロンde竈」のご案内です。
冷たい風を凌ぐ炎の暖かさを竈の火に感じてみませんか。
サロンではお抹茶と季節のお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。

日  時: 2010年12月 7日(火) 9時~日暮れまで
場  所: 四日市市采女町大日 竈の家(古市場バス停前)
会  費: 500円(お茶菓子つき)
呈茶時間: 10:00、11:00、13:30、15:00

*呈茶時間に合わせお好きな時間帯にご利用ください。
(ご利用時間に制限はありません)
*お昼が必要な方は各自でご用意ください。
*参加ご希望の方は、準備の都合上、12月4日までにご連絡ください(ここ)。


☆「サロンde竈」は1月から3月まで冬季休業いたします。
今年度のご愛顧ありがとうございました。
また来春からもよろしくお願いいたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-12-02 10:11 | サロンde竈 | Comments(0)