<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雨水号 -今日は旧暦 1月 6日です-

今日は「雨水」。

今回の記事は、つい先日、仕事で高山に行ったときに見た雪について
書こうかと思っていたのですが、考えてみれば、もう春なんですものね。
なんかもっと春らしい話題はないものかと、
家を出て、堤防を散歩してみました。

堤防は、以前書いたように至るところで、無用な(?)工事が継続して
行なわれていますが、それでもまだ破壊が及んでいないところも
たくさんあります。

やはり歩くっていいですね。柔らかな日差しを浴びるだけでも心地がいい
のに、自然が冬の間に作ったドライフラワーの中から、名を知らない草花
が勢いよく芽吹いてきているのを見たら、おのずと心が温まって、
浮き浮きした気持ちになることができました。
しばらく歩いて家に戻ると、今度は庭のまだ固い蕾だと思っていた梅の花
がほころびかけていて、
数日前の新聞のコラムに、ある歌が載っていたのを思い出しました。

“東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな”

コラムの内容は忘れてしまいましたが、この歌を読んだのは菅原道真、
藤原氏との熾烈な政権抗争に破れ、太宰権帥(だざいのごんのそち)に
左遷されたとき、自宅にあった梅の花を思い浮かべて読んだ歌です。

そして菅原道真と言えば、名狂言『菅原伝授手習鑑』がありますね。
歌舞伎や文楽の演目として上演されることが多いのですが、
歌舞伎ですと、人気の演目の中でも特に評判のよい段のみを演じることが
ほとんどで、『菅原伝授』で言うと「寺入りの段」・「寺子屋の段」になるわけ
ですが、私は文楽を聞きに行くようになるまで歌舞伎ではずっとこの2段
しか観たことがありませんでした。
そして4年前の春、ようやく文楽でその前段を観ることができました。

あらすじは、菅原道真を流罪にする口実をつくってしまった三つ子の兄弟と
その父親の悲劇でしたが、舞台の上は桜の花咲く春でした。
春に春らしい演目を見る。
夏には夏の演目、秋には秋の。何気ないけれど、四季の移り変わりを大切
にしている文化がまだあるということにそこで思いが至り、
私達が皆さんにお送りしているこの暦メールも、一人でも多くの人に
日本の四季を感じてもらいたいという願いから出発していることは、
大半は続けることに対する自己満足であっても、少しは誇ってもいいことな
のかなと、おこがましくもちょっぴり満足な気持ちに浸ったのでした。



つらつらと思いつくままを書いてしまいました。

高山もそうですが、地域によっては「雨水」と言えど雪解けには程遠く
当分雪とともに生活をしなければならない方もいらっしゃると思います。
それでも、それぞれの生活の中に「春」を感じる瞬間はあるのではないで
しょうか。
そういうことに幾らかでもお手伝いができたら嬉しいと願っています。


かまど暦メールは、次「啓蟄」号でまるっと三年、「春分」号からは第4期に
入ります。
新規の方も古参の方も、どうぞ末永くお付き合いくださいね。


by かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-02-19 17:05 | 暮らし暦 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦12月21日です-

2月4日は二十四節気の「立春」。暦の上では春に入ります。
角川学芸出版編「俳句歳時記 第四版 春」には、「寒気のなかに
もかすかな春の兆しが感じられる」との記述がありますが、最近の気
候は、温暖化などの影響なのか、妙に暖かい日が続いたかと思うと突
然凍えたり。季節の嬉しい変化をかぎ取る、というより、ついつい地
球環境の恐ろしい変貌を予感してしまいがちです。
どうか、日本本来の四季の趣を感じていられる時代が少しでも長く
続きますように。そうそう、そのためには私たちも、省エネとかエコ
とか、普段の生活でささやかな努力が必要なのでしょうね。
今回は、かまどの会の皆様に共感していただけるような立春の句は
ないかなあ、と探してみました。

 茶箪笥へ射す日が折れて春立ちぬ  菖蒲あや

 (※菖蒲あや(1924~2005)=女性俳人)

畳から足裏に伝わる感覚はまだ冷たいけれど、ふと見れば陽の光が
すうっと部屋の奥に据えた茶箪笥にまで届き、当たって方向を変えて
いく。ああそうか立春だ・・・。私なりに解すると、こんな発見の喜
びといったところでしょうか。
そして「茶箪笥」。懐かしい響きです。古い物を愛し、日々の生活
を大切にされている「かまど」の皆様に、こんな一句でほっこりとし
てもらえれば幸いです。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-02-04 08:56 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈~年忘れお餅つきの会~

第21回 竈の会を、来る2月7日(日)に開催します。
もう恒例になっているので改めて説明することもありませんが、新暦2月7日は、旧暦でいうと12月24日に当たります。
時間軸を少し前に戻して、新暦の年の暮れは慌しくてやり損ねたこともたくさんあるわという方々と一緒に、年末の行事を楽しみましょう♪

今年はお味噌作りにも初挑戦します!
詳しくは、以下をご覧ください。

                    記
日 時: 2010年2月7日(日) 9時半頃~日暮れまで
場 所: 四日市市采女町花ノ木 竈の家
参加費: 500円 + 差入れ歓迎 (味噌作りは実費)

参加不参加の連絡はお味噌作りに参加ご希望の方以外とくに不要ですが、ご連絡をいただけると嬉しいです(ここ)。


---------------------------
お味噌を手作りしてみませんか?
---------------------------
市内で味噌作りをされているグループの方に指導をお願いして
お味噌作りを習います。
竈の家でするのは、大豆を煮るところから仕込みまでなので
半日もかからないとのこと。
お餅つきがひと段落したら、自家製味噌作りに挑戦しましょうね。
出来上がったお味噌は希望者各自で持ち帰り、
8ヶ月ほど寝かし熟成させて完成です。
手作り味噌でお味噌汁、8ヶ月も待っていられない楽しさですよね。

本当はそれぞれが作りたい分だけの大豆を持ち寄って
という形を取りたかったのですが、初めてのことでもあるので、
とりあえず、大豆・塩・糀などの材料はすべてこちらで用意します。
皆さんは、お持ち帰り用の容器を持ってくるだけでOK。
ただし、材料の準備の都合上、2月2日までに、出来上がり何㎏欲しいかを
かまど管理人まで連絡してください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-02-02 11:37 | かまどの会 | Comments(0)