<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小雪号 -今日は旧暦10月 6日です-

11月22日は二十四節気の「小雪」。わずかながら雪が降り始める頃という
意味です。ちなみに読み方は「しょうせつ」。美しい響きですね。

名古屋も冬の気配が強まってきました。この原稿を書いた17日も、さすが
に雪とはいかなかったものの、一日じゅう雨が降ったり止んだりで空気の冷
たさが際立ちました。

 天地の間にほろと時雨かな 高浜虚子

「時雨(しぐれ)」は冬の季語。天地は「あめつち」、間は「あはひ」(あわい。
あいだの意)とかなをふります。

最近の名古屋の街は、11月に入るとクリスマスの演出で一気に華やぎま
す。今年もいつの間にか街路樹がLED電飾で彩られ、デパ地下にはおい
しそうなクリスマスケーキが勢ぞろい。先日は、東急ハンズで小さな子供連
れの3家族が同じクリスマスツリーを買い求めている姿に遭遇し、ほほ笑ま
しい気持ちになりました。

とはいうものの昨今の景気低迷で、百貨店などは深刻な売り上げ減に悩ま
されているとのこと。食品スーパーへ行った時に、お値打ちなPB(プライベ
ートブランド)商品が増えたなあ、なんて感じていらっしゃる方も少なくないと
思います。それはお客さんの側がより低価格な商品を求めていることの裏
返し。社会や経済における価値観も、時代とともに変化していくのでしょう。

俳句において「時雨」はその定めなさ、はかなさが本意とされてきたのだそ
うです。人間もまた、自然や社会の中では小さくはかない存在。目の前の
仕事に追われがちな日々ですが、時には立ち止まって、自分と自然、自分
と社会といったものに思いを馳せて過ごしたいものです。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-22 13:52 | Comments(0)

わがまち・ふるさとのちょっと昔を歩いてみようinうつべ

今月22日(日)、23日(月・祝)の二日間
「わがまち・ふるさとのちょっと昔を歩いてみようinうつべ」というウォーキングイベントが「竈の家」とその周辺にある2つの四日市地域まちかど博物館「うつべ町かど博物館」・「いわひば処壽苑」を拠点に開催されます。
古い歴史のある町をのんびり歩いてみて、地域に残る文化や歴史を自分の目で確かめてみようという企画です。

その拠点となる3つの会場をまわりウォークラリーのスタンプを集めると手作りの工芸品をもらうことができます。
また、3つの館は単なるスタンプ会場としてだけでなく、様々な催しを企画していて、竈の家でも恒例竈ご飯の炊き出し・振る舞い(協力:竈の会)や、お休み処の提供、体験イベント(裂き織りや竹細工など)やアコースティックギターの演奏会、手作り品の販売(クッキーやオーガニック卵、花苗、ポストカード、地方情報誌など)、アートバルーンのプレゼントなどを予定しています。

皆さんこの機会に、普段歩かない竈の家の周辺を歩いて周ってみませんか?
どうぞたくさんの皆さまのお越しをお待ちしています。
f0044728_8523546.jpg
*スタンプ台を兼用しているこのチラシは竈の家でもご用意しています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-17 10:35 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家、今年二度目の作業

11月3日竈の家で今年二度目の修繕がありました。

その日は、今年一番の冷気が前日お昼頃からこの地方を覆いこんだため、じっとしていると冷たい風が肌に刺すように感じられたけれど、作業を始めるとその冷ややかさが逆になんとも心地よく、舞い上がる塵や埃も、凛とした空気と雲の合間から差し込む穏やかな日差しにやがて洗われ、いつしか夢中で作業を推し進めたのでした。
f0044728_1447439.jpg
先の週に作ったシューターでシバの山を下ろしています。
f0044728_14472456.jpg
庭に積み上がったシバを均しています。
f0044728_14474297.jpg
≪終了後の風景≫
シバの山は庭部分に均等に敷きつめ、駐車場部分には古瓦を砕いて撒きました。


たくさんの方に手伝っていただいたおかげで作業は滞りなく進み
なんと念願の、竈の会が始まって以来すなわち4年半越しの懸案事項、
煙突の修理まで終えることができました。

f0044728_1448821.jpg
≪修理する前の従来の煙突≫
現在は発がん性など人体や環境への有害性が問題となり使用できなくなった石綿製。
耐久性、耐熱性などに優れていたため、以前は建設資材だけでなく様々な用途に普通に使用されていました。
屋根面より下がっていたため、煙がうまく排出されていませんでした。
そして雨が降るたびに雨漏りの心配もありました。
f0044728_14481921.jpg
≪修理を終えた新しい煙突≫
家の倉庫に眠っていた常滑焼きの土管6本を簡易セメントでつなぎ合わせ
周囲を丸鋼で支えました。


参加してくださったみなさま本当にお疲れ様でした。
次の今月22日、23日に検討していた荒壁塗りワークショップと瓦の敷き直し作業は、都合により延期することになりましたが、今後の作業日程についても随時お知らせしていきますので、また皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-13 15:32 | かまど通信 | Comments(0)

立冬号 -今日は旧暦9月21日です-

わたしの住む家と竈の家の間には国が管理する一級河川内部川(う
つべがわ)があります。そこは、大きく蛇行した緩やかな流れと広い
川幅のおかげで緑豊かで、水鳥や陸鳥が飛び交う自然の宝庫、私
の絶好のバードウォッチングスポットであったはずなのですが、
この頃頻繁に出入りする工事車両が、自然生えした樹木を伐採し、
草木を丸刈りにし、むき出しにした黒い土のあちこちに土嚢袋の山を
つくり始めました。
先日などは、矢板を打つので、我が家の家屋調査をさせてもらいた
い、とさえ。
海にも近いので海鳥だってみられるし、これから渡り鳥も渡ってくる
だろう大切な場所。近くの道路新設工事はオオタカの巣が見つかっ
たためにストップしたままもう何年も経過していると言うのに、何故河
川敷にだけは工事車両が?
黙ってばかりもいられないと一念発起して、少し前、河川事務所に電
話を入れてみました。
返ってきた返事は、今の堤防になる前の昔の堤防が残ったままなの
で、災害時に備え、古い堤防を撤去し河積(かせき)?を広げる工事
をしているのだということです。
なるほどその昔には集中豪雨で右岸が決壊し(昭和49年災)、周辺
地域に大きな被害がでたわけですが、その後は河川の改修で両岸
が現在の高さとなり、以後危険水域に達したことはなかったはず・・・
当時しなかった撤去工事がなぜ今なの?・・・悶々と納得のいかない
数日を過ごしていたところ、突然、私より幼少時の記憶の優れた弟が、
「乞食の家が壊されとる!!フミちゃんええんか!?」
一瞬何のことか?と考え込みましたが、そうそう、昔はよく両親にい
われたものです。『橋の下で拾てきたったんや、お前はホンとは乞食
の子なんやよ』と。
それはむしろ幸せだったことの証かも知れないけれど、昔の親って
どうしてそんな可哀想なことが平気で言えたものなんでしょうかね。
そんな複雑な当時の思い出を取り返したことには感謝しながらも、
今はただ、堤防の掘削工事が一刻も早く終了し、元の清らかな川の
流れと豊かな野鳥や野生生物の楽園が戻る日を心の底から待つば
かりです。


  by かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-07 09:22 | 暮らし暦 | Comments(0)

11月3日竈の家の本格的な修繕が始まります

お馴染みの皆さまにはご承知のことと存じますが、
竈の家では年内にある程度の修繕を進めようと計画をし、いま実行に移しています。

先週の日曜日には、第一回の屋根裏作業の前準備がありました。
竈の会のメンバーの協力を得て、家の妻側2階部分に切り口を開け、
シューターをつくる作業を済ませました。
f0044728_20112340.jpg

これは、ツシ2階に積み上げられたシバ山を撤去して、利用できる空間に蘇らせようと
いう試みです。
恐らく50年は経っているであろう焚付け用の柴が、屋根裏一面にこんもりと山のように敷き詰められていて、とても上り口から落とせる量ではないために、そしてもう一つは、明かり取り用の窓を作るために、思い切って土壁にメスを入れたわけです。
f0044728_20104335.jpg


今回の作業は、難なく数時間で無事に終了しましたが、次回の柴を庭に落す作業は、少人数では難しく、人海戦術が必要かと思われます。
11月3日といえばまさしく行楽日和の錦秋の一日ですが、皆さんのご協力を心よりお願いいたします。
なお、人がたくさん集まれば一気に、煙突の修理まで済ませたいとも話しております。


日  時: 11月3日(火・祝)
作業内容: ツシ2階の柴類を妻側に開けた窓から庭に落とす作業
      南西の角をジャッキで上げて水平を確保する作業
      煙突の交換
そ の 他: 現場用掃除機、箕(み)、ブルーシート、すす払い用の箒など
     用意できる方、持ってきていただけると助かります
      防塵・防埃マスクをお忘れなく
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-01 20:13 | かまど通信 | Comments(0)