<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第18回竈の会開催のお知らせ

第18回 竈の会を、来る8月2日(日)に開催します。
今回は「みえ木造塾」8月講座の講師を務められる滋賀県の大工宮内寿和さんが前日の夜から参加してくださいます。
というのも前日1日午後が「みえ木造塾」の講義日だから。
昨年11月、「情熱大陸」で取上げられて以来各所で講演の依頼があるという宮内さん。
講義だけでは物足りない一部建築関係者がそのまま流れ込むかもしれません。ために、いつもに増して賑やかな前夜祭が予想されます。
2日の都合がつかない方は1日夜だけでも参加してみませんか?普段なかなか知ることのできない伝統建築の置かれている立場、建築基準法の問題点など、さまざまな建築事情を、もしかしたら耳にすることができるかもしれません。

2日のスケジュールはおおむね以下のとおりです。
日 時: 2009年8月2日(日) 9:00~20:00ごろまで
場 所: 四日市市采女町花ノ木 竈の家
参加費: 500円 + 差入れ歓迎
作 業: 草刈、自転車「かまど号」の引取り&整備、花の種付け、流しそうめん用竹の採取
手作りを楽しむ: ビー玉ピンボール作り
           (端切れの木板に釘を打ちつけビー玉の通り道を作って遊びます)


参加不参加の連絡はとくに不要ですが、ご連絡いただけると嬉しいです(ここ)。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-07-30 14:33 | かまどの会 | Comments(0)

大暑号 -今日は旧暦6月2日です-

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。かまどメールの時間です。
しばらくお付き合いください。

夏至が過ぎて、はや1月。お日様は少しずつ早く沈むようになったけど、
なぜか、気温は上昇し、大暑のころ(7/23~8/6)が一年で一番暑くなる
ようです。お日様に照り付けられ、地面も海も森も空気も、みんな熱々
になって、その熱気がそこらじゅうに充満しているのでしょうね。

日食を南の島に観にいった方々も、この熱気のいたずらに翻弄されて観
測もままならず、避難までしなければならない状態だったとか。一方山
口県では記録的な大雨で亡くなった方も。

太陽の力は、人の営みに対する善悪は別として、まったく大したもので
いったいどのくらいの力を持っているのか、ろうそく何本分とか、扇風
機何台分とか、車何台分とか、どなたかわかりやすく教えていただけま
せんか。

私には想像つかない力ですが、夏の暑さをためておいて、冬の寒さを和
らげることは、できそうですね。でもどうやってためておくかが問題で、
きっと多くの研究者が一生懸命考えていることでしょう。

私も今年の夏休みの課題に、土で作ったストーブの実験をしようと考え
ています。壁土におが粉を混ぜ込んだ材料でストーブを作ると、断熱性
がよく、完全燃焼するので、熱効率が抜群とか。

近所のうどん屋さんからもらってくる割り箸をくべて、長時間燃え続け
るストーブを作る、これが目標です。製作予算は1万円、煙突入れて5万
円以内だと、2,3年で元が取れます。

この暑い夏にストーブの実験なんかしていると、狂人あつかいされそう
なので、瀬戸の山の中のお友達の家のお庭を借りてやります。うまくい
った時はこっそりかまどメールに流しますので、ストーブを囲んでビー
ルをグイグイやりませんか?

さて、今日から大暑。以下引用です。

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
最も暑い頃という意味であるが実際はもう少し後か。夏の土用の時期。
学校は夏休みに入り、空には雲の峰が高々とそびえるようになる。

今年の立秋は、8月7日。そのころまでは、とびきり暑い日が続きますが
みなさま、お元気におすごしください。

kuma28が書きました。

追伸
大暑の間は、暑中見舞い、立秋をすぎたら残暑見舞いだそうです。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-07-23 11:13 | 暮らし暦 | Comments(0)

小暑号 -今日は旧暦閏5月15日です-

みなさま、今日は「小暑」、梅雨時期もいよいよ後半戦となりましたが、
いかがお過ごしですか?
入梅の頃は雨も少なく、空梅雨かと思われたのに、この頃は一日ご
と、いえ一日のうちでも、雨が降ったり止んだりと、とても過ごしにくい
日々が続いていますよね。
でもそんな時期だからこそ快適に過ごす工夫を凝らし、雨を楽しむ余
裕を持ちたいものですよね。
実際、私も肩凝りや熟眠障害などに日々悩まされながら、「竈の家」
を見せてくださいという方がちょくちょくいらっしゃるおかげであの古い
家の扉をあけると、どんなに激しい雨の日でも、その雨に濡れた
木々の緑がまず目に飛び込んできて、それをそのまま畳敷きの部屋
のちゃぶ台で眺めていると、不思議と平常心が戻ってきて、心身とも
にとても清々しい気分になれるのです。
湿気も暑さも不快指数120%のこの時期に、そういうふっと日常の疲
れが取れる瞬間があることはつくづく幸せなことだなぁと思います。

f0044728_10384060.jpg


庭のかぼちゃも随分大きくなりました。
こんな楽しみも夏を乗り切る一助となるかもしれないと、もう随分以
前から「竈の家」の畑計画を実現すべく、空いた土場で日々練習を
重ねています。


  by かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-07-07 10:34 | 暮らし暦 | Comments(0)