<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏至号 -今日は旧暦5月29日です-

みなさま、お健やかでお過ごしでしょうか。
今回から時々こちらのコラムを担当することになりました。
気楽に読んでいただければ幸いです。

6月21日は二十四節気の「夏至」。北半球では1年中で昼間
がもっとも長い日です。日本はちょうど「梅雨」のまっただ中で
もありますが、この時期、晴れた日は屋外がいつまでも明るく、
不夜城に近い都会にいても、得したような気分になることが多い
ものです。

私の郷里である信州・辰野町からは、「蛍」が見ごろを迎えて
いるという知らせが届きました。
辰野は東日本有数のゲンジボタルの生息地で、長野県の天然記
念物などに指定されています。この週末からは、町の恒例行事で
ある<ほたる祭り>も始まっています。

ゲンジボタルの幼虫は川に住み、カワニナをえさとして成長し
ます。きれいな水と、護岸の自然が必要なのです。
東海地方にもホタルの生息地はあります。ちょっと田舎にお住
まいなら、家の近くで見られるという方もいらっしゃるかも。
成虫となって美しい光を放つホタルを眺める時、彼らを育む自
然の豊かさが続くことを願ってやみません。

私事ながら、1年半ほど前から俳句を始めています。
「夏至」「梅雨」「蛍」は夏の季語。
「大蛍ゆらりゆらりと通りけり」(一茶)
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by uneme_tayuu | 2009-06-21 10:10 | 暮らし暦 | Comments(3)

芒種号 -今日は旧暦5月13日です-

もうすぐ梅雨入りですね。美里の空は今日もどんより曇っていました。
みなさんお元気でお過ごしでしょうか?
さて先日とある山奥でとっても不思議なにおいのするチーズを食する機会
に恵まれました。
初め匂いを嗅いだときはとても食べれそうではなく「腐ってない?」と思われ
る程の強烈な匂いを発していました。
とても食べるの無理だなあ、と思っていましたが周囲の人達のお勧めとア
ルコールの酔いも手伝って息を止めつつ口の中へ、するといろんな人達の
様々な記憶を蘇らせたその匂いは翌日迄指先と鼻の先と部屋の中に残っ
ておりました。発酵文化の深さをほんの少し「匂い」」で体感させていただき
ました。ありがとうございました。
まだまだ未知の世界がたくさんありますねえ。そして食わず嫌いに気をつ
けないと行けません。食わなきゃ分からないことだらけです。自分の偏見と
の戦い?なのでしょうか。
日本にも味噌、醤油、クサヤの干物、腐れ寿司、納豆などなど発酵文化の
優れもの達が並んでおります。こちらも大陸文化に負けをとらない程の個
性的なものが多いはず。そちらの話もまたいろいろ教わらないと行けませ
んね。
発酵文化深し!!です。

今日は二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)。芒(のぎ:稲のような植物のもみ殻に
あるトゲ)をもつ穀類の種をまく頃だそうです。
美里辺りの田植えはもうすっかり終わって苗も元気に育っている感じです。
現代人もいろんな種を植え水を与え光を与え育てて行くのだと思います。
それぞれの秋の収穫に向けて。私は取り急ぎ近所の美しい田んぼの風景
を撮影しにいこうと思います。潤いのあるこの国の風土を楽しむとしましょう
か。近所でいろいろ感じることはあまりお金がかからないからこのご時世に
はぴったり?

それではまた。


写真師 松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-06-05 09:30 | 暮らし暦 | Comments(2)