<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春分号 -今日は旧暦2月13日です-

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉どおり、
お彼岸が近づくにつれ春本番を感じさせる暖かな陽気が続きました。
つい先日まで厚着して部屋にこもっていたのが嘘のようです。
イソヒヨやメジロなどの小鳥が繁殖のため
騒々しいくらいの甲高い声でさえずっています。
耳を澄ますと、遠くの藪からうぐいすの鳴き声も聞かれます。
猫にも恋の季節がやってきました。
昨早春、ふいにやってきて餌をねだり、庭で仔を産み落とした野良猫
トラコのお腹が今年も大きくふくらんで、垂れ下がり
いまや歩くのもしんどそう・・。
今年はいったい何匹産んでくれるのでしょうか?(苦笑)

さて、今日は「春分」。秋分とともに昼夜の時間が等分になる日であり
国民の祝日でもあるため、よく知られた二十四節気の一つです。

ところで、この春分(或いは秋分)を中日として、その前後三日を含めた
七日間を、我々はお彼岸と言い、
寺院では彼岸会の法要や読経法話が行なわれますし、各家々でも祖先の
お墓に詣でたり、団子やぼた餅をつくって仏前に供えたりします。
ではそのお彼岸と春分の関係とはいったいなんなのでしょうか。

彼岸とは、もともと梵語「波羅蜜多」の訳語の「到彼岸」を略した言葉で、
生死の境を此岸(しがん)として、煩悩の此岸を離れ悟りの境地に達する
という意味なのだそうです。
元来、我々の祖先は、気候のよくなるこの時期に一年の収穫を祈願して
農事初めの神祭りをしていました。
そこに仏教が伝来し、太陽が真西に沈むこと、昼夜の長さが同じこと、などが
仏教の西方浄土思想、中道精神と絡み合い融合し、他の仏教国にない日本
独自の「彼岸」という習慣がうまれたと言われています。

今はあまり聞かれなくなりましたが、この彼岸の時期に吹く西風を西方浄土か
ら吹くありがたい風と考え「彼岸西風(ひがんにし)」と呼んでもいたそうです。
そしてこの風が吹き止むと急に春めいて暖かくなる。

みなさんも、雨が止んだら外に出て、このありがたい「彼岸西風」を感じてみま
せんか。
お彼岸が過ぎれば次はさくらだよりが、ほらもう今にも届きそうなことまで
わかりますよ。


   by かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-03-20 13:11 | 暮らし暦 | Comments(0)

啓蟄号 -今日は旧暦1月28日です-

 二十四節気のなかで、「穀雨」だとか「芒種」だとか「小満」だとか
は知らなくっても、「啓蟄」は知っているという人も多いでしょう。立
春から一ヶ月、日差しは随分春めき、それでも私の住む三重県中部なん
ぞは、季節風の影響でか、このころ一番雪が降ったりなんかするのです。

 先日仕事中にムカデを発見し、いよいよまさに啓蟄なのだなあと、余
情に浸るまもなく、殺生してしまいました。材木の間についたムカデに
は過去に痛い思い出がありまして。ポンポンに腫らした左手を押さえて、
病院に駆け込んだときの、あの痛みといったらありませんから。

 今日の三重の天気予報はおおむね晴れですが、山沿いではむしろ滋賀
県の予報のほうが頼りになります。ふむふむ、彦根は雪ですか…。そう
いや、菰野町のTさんなんかは、福井県の天気があたると言ってまし
た。おやおや鶴賀も雪マーク。

 まだまだ、春本番とは言いがたいですが、先日の新年会でOさんが
持ってきてくれた「ふきのとう」を味噌汁に浮かべほのかに春を感じた
ことに味をしめて、昨日も仕事の合間にちょいと「ふきのとう」さがし
に山を探索してみたりと、それなりに早い春を楽しんだりもしています。

♪春は名のみの~風の寒さや~ってか…(早春賦)
 気温差の激しいこのころ、みなさまどうぞご養生ください。    
                      (記/大工風)

-------------------------------
■3月2日(旧暦1月25日)「かまど新年会」お疲れ様でした■
ふきのとう、鹿肉、猪肉、酒、焼きそば、うどん、などなど、食材の差
し入れありがとうございました。
んのレシピ(笑)による、玄米茶は、「これはかまどの定番メニ
ューでいけるぞ」などと確信!
素朴に、そこにあるものを調理して食べる…。なんて素敵なことなんだ
ろうと、次回かまどの会に期待を膨らませながら、真っ暗になった四日
市、「かまどの家」を去ったのでした。
次回…っていつだろうな。
花見?なんて頼りも待ちわびてたりもします。

そろそろ修理の必要な箇所も目立ってきた「かまどの家」。
みなさんのご支援ご協力でなんとか維持していきたいところです。
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-03-05 10:17 | 暮らし暦 | Comments(0)