<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雨水号 -今日は旧暦1月13日です-

   花をのみ 待つらむ人に 山里の
     雪間の草の 春をみせばや
                       藤原 家隆

 暦の上ではもはや春、とはいえ思いもかけぬ大雪もあり、まだまだ寒
さも続くこの頃でございます。
 人は何とはなく日々を過ごしますにつけても、大気や大地は暖かな陽
気をせせと準備しているようでありまして人の世のことなどおかまいま
しに、季節は巡るのであります。
このほのかな暖かさの、雪解けのころを二十四節気では雨水(うす
い)といいます。

 冒頭の歌の藤原家隆は百人一首の「みそぎぞ夏のしるしなりける」の
歌で知られた人ですが、ここでは春のしるしについて詠んでおります。
 梅は咲いたか桜はまだかと、顕わな春の兆候を追い求めずとも、耳と
目を澄ませばひそやかな春の訪れを感じることができようというわけで
雪間の草に秘めたる花、といった風情であります。そこに古人は侘びを、
また幽玄の発露をみたそうでありますが、明治三十九年に出版された
「茶の本」で岡倉天心(覚三)はこの歌のこころをかように説いており
ます。

 「われらに認めたい心さえあれば完全はいたるところにある」

            今回は 大工夫 が書きました。

---------------------------
■おしらせ

「かまど新年会!」

現代暦3月2日(旧暦1月25日)は、かまど新年会です!
残念ながら、前回搗いたお餅はもう残ってないのですが、ちょいと遅め
のお正月を楽しみましょう!
なお、1日夜からの泊まり組みもOKですので、盛り上がりましょう!!
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-02-19 10:35 | 暮らし暦 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦12月28日です-

~立春大吉~

みなさま、今日は立春です。
立春は、冬と春が分かれる節目の日である「節分」の翌日で、寒が明けて
春に入る日、いわば春の初日です。
実際にはまだ寒い日もありますが、少しずつ春の兆しが見えてくるように
なってくる頃です。

この季節に使われる言葉に「春隣(はるとなり)」というのがあるのを
ご存知ですか?
春を待つ気持ちが現れた、なんとも良い響きの言葉だと思います。
雪に閉ざされた地域に暮らす人たちも、受験を控えた学生たちも、最近
落ち込んでいる人も、こんな気持ちで空を見上げたら、気分がほんわかと
あかるくなってくることでしょう。

春はもうすぐそこまできています。
さぁ、扉を開けて春の息吹を取り込みましょう!
今日はきっといいことがあるはずです。


~節分会~

かつては立春が年の初めとされ、この日を起点に暦が作られていました。
となると、「節分」は1年でいちばん大きな節目の日。
というわけで、節分の日の昨日は、竈の家にて盛大に「お餅つき」が
開催されました。

蒸籠で蒸し上げた餅米を石臼でぺったんぺったん。
参加者がひとりずつ杵を振り、つるつるやわやわのおいしいお餅を
つきあげました。

出来たてのお餅のおいしさは格別。
きなこ、大根おろし、菜もち、葱もち、お雑煮にぜんざい・・・どれも
美味しくたくさん頂きました。

加えて今回印象的だったのは、挽きたてのお茶でたてる抹茶の味。
抹茶があれほどまろやかでスッキリして風味豊かなものであるとは!
新しい発見でした。

そして、夕刻からはジプシー風ライブがスタート。
その激しく情熱的な演奏・・・!
竈の家には春を通り越して一気に夏の風が吹き込んできたかのようで、
何とも楽しいひとときとなりました。



今回の暦メールは yokoが担当しました。
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-02-04 08:01 | 暮らし暦 | Comments(0)