<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春分号 -今日は旧暦2月3日です-

かまどメール新装版、春分の日はkuma28がお届けします。

地球の軸がちょいと傾いているおかげで、季節が変化します。
この傾き加減がちょうど良く、日本では四季を楽しむことができます。

もし地軸が90度傾いていたら、悲惨なことになってましたですよ。
夏は、一日中太陽が沈まないし、冬はいつになっても朝が来ません。
蟻さんなんか、一日中働き続けて過労で倒れてしまいます。

地軸の傾きは、23.4度。誰が決めたか知りませんが、この傾き加減が
絶妙なんですね。ほんと不思議ですねぇ。

不思議と言えば、月は地球を回る間にちょうど一回だけ自転している
ので月の裏側を地上からは、見ることができません。少しだけずれて
いてくれれば、裏側も見ることができたのに残念ですね。でも、見えない
ものを見たいのが人間の心理、月の裏側を見たいという地球人類の
潜在意識が宇宙開発を推進したと言う事実、ほんとうに不思議です。

信頼すべき人からの又聞ですが、月の裏側には何が描かれているか、
昔アンケートをしたそうです。アメリカ人はイエス・キリストの似顔絵、ソ連
人は、カール・マルクスの似顔絵が書いてあるはずという意見が多かった
そうです。最初に月の裏側に行ったという人のうわさでは、本当は、サダ
ム・フセインに似た絵だったそうで、ソ連もアメリカもいまだにクレーターだらけ
の捏造写真しか発表できないでいます。不都合な真実、ここにもあったの
ですね。ゴア氏は副大統領のときに現物の写真を見ているはずなのに
なぜ本に書かないのでしょうか。

さて、本題。今日は二十四節季の「春分の日」。昼と夜が同じ時間になる日です。
かすかな春の気配を感じるだけの立春の日から数えて約45日。、もう春はすぐ
そこと感じる日。立春とか春分とかうまく名づけたものですね。

仏事では、春のお彼岸の日です。先祖が住む、向こう側の世界は、西方に
あると考えられていて、この日は太陽が真西に沈むのでそれを道しるべに
先祖の供養をしたら間違いがない、という有難い日です。

日本国民の祝日でもあり、、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と「国民の
祝日に関する法律」で定められています。ちなみに秋分の日は、「祖先を
うやまい、無くなった人々をしのぶ」です。

また、種まきの時期でもあり、豊かな収穫を祈って春祭りに励む日であり
ます。

私としては、今年の春分の日は牡丹餅でもこさえて、月でも眺めながら、
不思議で素敵な物語を捏造してみようかな、なんて考えています。うまく
できたら今度のメール当番のときにそっと書いてみます。
         (筆/“kuma28”)
----------------------
■花見の詳細です■
みなさん是非ご参加ください。
大まかの人数把握のため、参加のかた、早めに連絡ください。
津市栄町の四天王幼稚園は、この3月で最後の卒園式。
なにかと、かまどの会と仲良くして頂いて嬉しい限りです。
寂しくもありますが、お寺が無くなってしまうわけではなく、
今後ともよろしくお願いします。
で、今年の二次会はどうなんでしょうね、倉島さん!?(笑)
そうそう、こんな記事が某C日新聞地元版にありましたので
こっそりUPしました!服部さんかっこいい!
http://gogatukikaku.web.fc2.com/0703hattori.htm

以下、四天王寺さんからの案内です!

<会費>
     大人2000円 *子供は無料
<企画>
今回も手打ちうどんに挑戦したいと思います。
うどんにのせる具・美味しい食べ方などアイデアありましたらご協力ください。
また、本堂にて音楽の夕べを開催、お酒と音に酔いしれましょう

<時間> 
     13時頃~集合
     14時からうどん打ち・調理開始
     15時お花見・宴会スタート
     18時本堂コンサート
     19時片付け解散
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-03-21 17:35 | 暮らし暦 | Comments(0)

雛の日

「雛の日や けふ生まれしわれ 子供好き」

祖母が、生前に読んだ句だ。
子供が好きで、若かりし頃は東京で幼稚園の先生をしていたという。
そのころ身についた習慣は、田舎に戻ってからも抜けることなく
外出時には片肌脱いで襟化粧をし、顔に紅おしろい、髪はふっくら結い上げて
田舎仕事をしている人々をよそに颯爽と自転車で走り回っていたという。
その頃とてもモダンな人だったらしい
その印象と
子供好きな一面はなかなか繋がらなかったのだが
ぼんやりとわかったことが、昨日一つ。

”子供好きというよりは子供に好かれてしまうのだ。”

随分と昔、
弾かなくなったオルガンを持っていってあげたらたいそう喜んで
暇をみつけては弾いていた。
折り紙も好きだった。風船、クス玉、千羽鶴。
新聞の折込広告の色が織り込まれたそれらはとてもきれいで上手かった。
子供の好きなお菓子も大好きだった。
姉にチョコレートを与えすぎて「味噌っ歯になった」と母になじられたりもしていたが
意に介さず。
プリンや寒天の水菓子はいつも(自分のために?)常備されていた。
四季折々の行事を暮らしに取りいれ楽しむことも好きだった。
晩年は豊富な語彙を活かし、句作に勤しんだ。

子供は仲間を見つける天才だから
祖母は子供達に見つけられ、祖母もまた近づいてくる子供達を愛したのだろう。

頑固で、男勝りで、筋の通らないことは大嫌い。
そのくせ、無垢で、無邪気で、欲少なで
花鳥風月を愛でる心は、野の雑草にまで及ぶたおやかさ。
死ぬまでそんな心を持ち続けた。


お婆ちゃん子だった私は、昔からそっくり!と言われてきたが、
不思議と子供に好かれること以外
まだまだ至らないことが多く、
「雛の日」に改めて故人を偲び、我を想う。
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-03-03 22:37 | | Comments(2)