<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自然の恵み

先週、偶然に見つけた茗荷の花。
f0044728_1821186.jpg

「ミョウガ買い忘れたけど、どっかその辺にあるんじゃない?」
呼応するように
「さっきその辺で見かけたけど・・。」
そんな何気ない会話に私の方が驚いた。
夏といえばミョウガ、というくらい好きなのに、スーパーでパックになって売られているミョウガしか知らなかった。

そういえば、この庭には日本の薬草がいくつか、栽培されるでなく、育っている。
「山椒」、「紫蘇」、「月桂樹」、「山茶花」、「金柑」、「柿」・・・
まだまだ他にあるかもしれない。

これもまた日本人の知恵なのだね。
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-07-29 18:26 | 竈の家紹介 | Comments(6)

第6回かまどの会

竈の家に嬉しいプレゼントがあった。
それはなんと「羽釜」。
竈フードコーディネーターヨウコさんが、ご実家にあった羽釜を、年に一度くらいしか使わないからと言って、蔵からわざわざ出して、竈の会のために届けてくれたのだ。
プレゼントといっても頂きものではない。大切な預かりものだ。
どきどきしながら羽釜受け渡し式が、かつ厳かに行なわれた。
見るからに大きな羽釜は、二升は軽く炊けるという大きさ。竈の家にもとからあった羽釜と比べると大人と子供くらい大きさが違う。蓋の重みもずっしり重厚だ。
f0044728_13384111.jpg
    (羽釜一つで家の格の高さ、大きさが手に取るように分かる)

そんなことだから、いざ釜に据えようとすると当然のように、竈の釜の輪っかと大きさと合わない。
が、そこはわれらサバイバル派人間。
いつものように「なんとかなるだろう」のもとなんの心配もなく料理仕度は始まった。

そうなのだ。
今までだって、従前使用されてきた羽釜に小さな穴があって使えないと知ると、ハソリ釜や別の釜でご飯を炊いたり、その都度工夫を凝らしてきた。
今回も、石垣島から届いた新商品「ゴーヤ珈琲」の試飲がしたいとなると、キッチンペーパーで豆を漉したり、自然に近い生活を疑似体験していると有り合わせの物で足りないものを補う生活の知恵が身につくものらしい。
いまどきのマニュアル人間にはない応用力をみなが持ち合わせているから頼もしい。


そしてもう一つ、今回はテーブルのプレゼントもあった。

f0044728_1445041.jpg新しく買い換えられたテーブルに役目を奪われた使い込まれたテーブルの新しい役割。
古いものを粗末にせず大切に再利用してきた昔の人の知恵がここでも自然と生きている。

通り土間に置かれたテーブルに並べられた料理の数々を見ていたら
このまま「美味しい!」だけで終わってしまうのが
もったいないくらいに思えてきた。

レシピを集めて「竈で炊くご飯集」などにまとめられないか?
新たな構想も沸いてくる。


そうした企画を通じて、少しでも
「健康的で自然にやさしい昔ながらの生活スタイル、
自然との共生を考えることができ、
竈のある暮らしを楽しめる人たちとの輪を広げていく。」という
会の趣旨に共感できる人の輪が広がっていくことができたなら、この上なく幸せになれるかも知れない。

f0044728_1474652.jpg
     (大きなテーブルの登場で部屋でまったりとくつろぐみなさんのお姿)

f0044728_1481578.jpg
     (小雨の降る中、今日は草刈隊も大活躍)

以上のように、今回も楽しい会は無事終了したのでした。
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-07-24 13:36 | かまど通信 | Comments(8)

夏の花カンナ

郵便物を出すために近所の郵便局まで赴くと
「えっ、もうそんな季節?」
不意を突かれたような気持ちになった。
気になってその足で竈の家まで向かった。
ああ、やはり!いつの間にかそんな季節だったのだ。
確かに、ここ数日、空気が揺れるように暑い。
その熱い空気の中、その花は元気よく咲いていた。

その花。黄色いカンナは、
竈の家では、紫陽花のある表玄関とは反対側の敷地境界線を飾っている。
f0044728_8451827.jpg

二年前まで水田だった南隣の敷地は1メートル以上も高く嵩上げされ
味気ないプレハブ住宅に様変わりしてしまったが
カンナはそんなことはお構いなしだ。
陽の光を遮られようが遮られまいが、畦道があろうとなかろうと、
水路が土からU字溝に変わったときもお構いなしだったように
周囲の状況など気にもせずに、夏がくれば太陽に向かって花開く。

ずっとずっと、カンナは黄色い色をしていると思っていた。
松任谷由実が「カンナ8号線」を歌ったとき、その歌詞を聴いて不満に思った。
「なんで黄色いカンナが燃えるのよ!」
腑に落ちなかった。
それからしばらくして、花の色は赤もあればオレンジもピンクもあると知ったが
一番美しい色は黄色だと、その頃から思っている。

美しい黄色、太陽の光がよく似合う美しい色。


ああ、そうか!そういうことか!!
黄色も燃える色だからだ!

温度が高いと、火は赤から黄色に変化する。
「燃えて揺れてた」と表現されていたのは
あるいは黄色いカンナのことだったのかもしれないな・・。
今にして思えば、
燃える色が「赤」と思い込んでいたのは私の浅はかさだったのだ。


***
去年の夏、棟梁に「この花がお気に入り」と言ったら、
ワークショップで使う雑木の枝の収集作業をしながら、周囲に生い茂る草を
さりげなく刈ってくれたように、
今年もまた誰か、花を愛でる人が現われて
美しく引き立つ状態に戻してくれないかと思う。
なんといっても3週間ぶりに訪れた家の雑草のすごさといったら・・・・まったく・・。
私はしばし言葉を失い、立ちすくんでしまったのだから。
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-07-15 09:13 | かまど雑記 | Comments(4)

記念日

本日写真撮影会。

愛猫の最近お気に入りの場所といえば・・・ここ。
f0044728_844111.jpg

どうやら、デジカメの揺れる紐が気になるようで
f0044728_8574485.jpg

散々動きまわって
f0044728_8483332.jpg

やっと射止めた獲物を見る目は、こんなに鋭くもある!
f0044728_8443249.jpg


***
2年前の今夜、闇の中にうごめくその気配に運命を感じ、
連れて戻ることを決意した。
餌付けの間には何匹もの猫が公園や道端に姿を現したが
心が動いたのはこの猫だけだった。
日が変わりかける直前に捕まえた猫。
それでもいざとなると、この子の運命を変える恐ろしさに躊躇した私の
背中を押してくれた人に感謝する日でもある。
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-07-12 09:25 | 愛猫 | Comments(2)

かまど通信 vol.3

第六回かまどの会を、来る7月23日(日)に開催します。
詳細は以下のとおりです。
参加ご希望の方は、このブログのComments欄に書き込んでいただくか、ここまでお便りください。電話番号をご存知の方は、電話での申し込みも可能です。
今回も、職人がつくる木の家ネットの総会準備委員会を兼ねることになりそうですが
委員以外の方もたくさんの参加をお待ちしています。
6月10日の記事でご紹介した五月組親方と竈フードコーディネーターのお二人の結婚
お披露目会も(お二人が揃えばですが・・・)考えています。
委員会の打合せは午前中。
引き続いて「竈の会」となります。

日 時  平成18年 7月 23日(日) 午前12時 ~ 午後17時頃
場 所  竈の家
会 費  2,000円程度(その日のメニュー、参加人数により多少異なります)
定 員  20名程度

お申し込みは、7月20日までにお願いします。

相変わらず駐車スペースが限られているため、駐車場は前泊者、竈・料理担当者優先とさせていただきます。
その他の方は、近くの駐車場をご案内いたします。お気軽にお問合せください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-07-01 01:02 | かまど通信 | Comments(12)