カテゴリ:暮らし暦( 254 )

立夏号 -今日は旧暦 4月10日です-

暦の上では「立夏」を迎えました。天気の良い日は午後6時を過ぎても戸外が明るく、日が長くなってきたなあと感じています。

去る4月29日、岐阜県高山市で行われた「高山祭屋台の総曳き揃え」を見てきました。高山祭の屋台行事を含む全国の「山・鉾・屋台行事」33件がユネスコの無形文化遺産に登録されたのを記念して、春の高山祭(山王祭)の屋台12台と、秋の高山祭(八幡祭)の屋台11台の計23台が一斉に繰り出されるという趣向で、23台が同じ場所に曳き揃えられるのは55年ぶりだったそうです。

特に素晴らしかったのは夜の屋台曳き廻し。春と秋の祭屋台が交互に列をなして(いつもの春・秋の祭だったら絶対に実現しない順番!)、町なかを巡りました。それぞれの屋台を飾る提灯のあかりが、ある屋台では龍や獅子の彫刻、ある屋台では精巧なからくり人形、ある屋台ではきらびやかな刺繍幕を浮き上がらせて、昔の人々の美意識の高さに感動しました。

行事には、地元の方々が総出で参加していました。小さな子どもたちは獅子舞を踊り、屋台の上から観衆に笑顔で手を振る。屋台を曳く大人の男たちは、昼間から祝い酒を呑みつつ、観光客に自分のまちの屋台の特徴を語り、自慢してくれる。地域に生きる人がいるからこそ、現代の私たちはこうした伝統を目の当たりにすることができるのだと、感謝の念がわいてきました。

日本では多くの地方が人口減少に直面し、高山市も例外ではありません。大幅な人口増加へと歯車を逆回転させることはおそらくできないのでしょうが、親から子、子から孫へという世代のバトンタッチが続き、豊かな地方の文化が守られていくよう、私もできることを頑張っていきたいと思います。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-05-05 18:37 | 暮らし暦 | Comments(0)

穀雨号 -今日は旧暦 3月24日です-

 穀雨(こくう)

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。穀雨とは、穀
物の成長を助ける雨のことである。『暦便覧』には「春雨降りて百穀を
生化すればなり」と記されている。穀雨の終わりごろ(立夏直前)に八
十八夜がある。
(Wikipediaより抜粋)

私の住んでいる三重県美里では田んぼに水が入りはじめて早いところ
では田植が終わったところもあります。(おそらく全国的にみても三重
は田植が早いほうなのではないかと思います。田植えが早いので稲刈り
時期も早くお盆前に刈り入れが終わるところもあります。)これから梅
雨に入るあたりまで池が沢山誕生したようにも見えるアジア的な美しい
風景が広がります。

先日鹿猟の取材を担当させていただく機会があり、鹿を解体するとこ
ろまでおつき合いさせてもらいました。
銃で仕留めた鹿を山から下ろし軽トラに積み込み解体する場所に運び、
足を広げてナイフで腹を割ります。
狩猟を見せてくれた方はひとつ、ひとつ丁寧に手順を解説してくれま
す。腹を割きはじめると「どばっ」と血が流れてきます。「いきもの」
にはこんなにもたくさんの血液があるのか、というほど多量です。内臓
類の存在もしっかり確認できます。
また鹿肉を清潔なところで解体する必要性、ということについても学
ばせてもらうことができました。
解体を進めて行くところを見せてもらいながら「解体」とは肉体を使
うことだな、と改めて感じていました。
「血」を見ることで生き物であることをはっきりと認識する。見せて
もらいながらお節介かもしれないが「解体」というところはどこかで見
ておいた方が良いのではないか?と考えはじめました。

生き物をいただく前の行程を見ること、そのことは正しいとか正しく
ないとか、〇とか×とか、2者選択ということでは無く、余計なお世話
かもしれないが、いくらかの年齢に達するまでに一度は見ておくことが
必要なのでは無いかと考えて見た。
「血」をみることや食肉を流通するところをみて学ぶこと。「生きて
いる物を食べるということは生き物を血を出して殺してそれを食べれる
ように加工して私たちの口に入っていただく、ということなのだ。」そ
んなことを極力自然な感じで「みる」機会があれば感覚の中にいい意味
で入り込んでくれるのでは無いか? そんなことを思ったのです。

若い人達に聞いたことがあるのですが最近では小学校などで鮒の解剖
も蛙の解剖もやらないところもあるようです。それは何故だろう?
「かわいそうだから?」なのか? なぜ小学校など義務教育で解剖を
行わないのか? 私には全く分からない。
仮に「かわいそう」ということが起因しているならば、そのことは経
験を無理矢理奪うことになってはしないだろうか?ほんとに教育関係者
が「解剖は止めよう」と進めたのだろうか? 何故?

目の前の鹿の解体を見せてもらいながら、そんなことを思い浮かべて
考えてみた。実体を見ることは時に経験として「つらい」こともあるか
もしれない。それでも重要な点は「かわいそう」と感じる行為を通過し
た上で私たちの口に入る「たべもの」たちがあるということだと思う。
一つの行為をみて「かわいそう」というように簡単、単純に吐かれた
言葉が一人歩きして様々な事柄の経験を遠ざけているとすると、それは
その経験をできなかった人が逆説的に「かわいそう」ということになり
はしないのか?(これは私の単純な思い込みであるかもしれませんが)
それはいろんなところで「実体を知らない」という人を生み出している
ことになりはしないのか?

デジタルコンテンツの時代情報と実体験、この双方の融合がとても大
切だと感じた今回の取材体験でした。

皆さんはどのように考えますか?


◆私からのお知らせです。
昔から続く印画紙に光を当てて暗い部屋で制作したアナログ白黒プリ
ントによる写真展を美里に開設したギャラリーで4月30まで開催してま
す。
詳細情報は下記アドレスにて。
http://www.matsubara-yutaka.com/gallery/


 写真師松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-04-20 16:03 | 暮らし暦 | Comments(0)

清明号 -今日は旧暦 3月 8日です-

かまどメールの時間です。一分ほどお付き合いいただければ幸いです。
今回は中谷が書きました。

私が住んでいる集落の今朝の気温は0度。冬の間に寒さに慣れた体に
はそんなに寒くは感じませんが、この時期にしてはけっこうな寒さでし
た。

今日は地球寒冷化の話題を書きます。実は昨年の小寒号で、地球温暖
化の原因には諸説あり、二酸化炭素の増加と太陽活動の活発化が代表的
で、私は後者を支持し、地球は寒冷化に向かうだろうと予想していると
書きました。

NASAの発表によると、太陽の黒点が3月6日から21日まで記録されませ
んでした。2010年4月以来で、これは太陽活動が停滞し、地球に降り注
ぐエネルギーが減少するという結果となります。今回の太陽活動の停滞
がこの春の寒さの原因と短絡的に結びつけることはしませんが、寒冷化
に向かう可能性が高くなっているとは予想しています。

あの地球温暖化の騒ぎは何だったのか! という疑問が私のなかにく
すぶっています。正確なことはなかなかわからないということがわかっ
たので、こんどからは巷で流行る言説には二度とだませれないぞと深く
心に刻んで筆を置きます。読んでいただいてありがとうございました。


あとがき

今朝5時頃(4月3日)国道の温度計の0度を見たときに、今回のメール
のお題は地球寒冷化でいこうとひらめきました。夜遊びしての朝帰りだ
ったので、一旦床に入って眠りました。起きてPCを開き、さて原稿を書
こうとしたら、お題を忘れてしまっていました。思い出すのに5分ほど
かかりました。58歳の春、先が思いやられます。そろそろかまどメール
を引退する潮時ですかね。

あとがき2

原稿を書くために、いくつかWEBサイトを見ましたが、太陽の活動と
人間の活動には関係があるとの説を見つけました。景気や犯罪との関連、
なかなかおもしろそうなテーマです。

(なかや)
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-04-04 15:06 | 暮らし暦 | Comments(0)

春分号 -今日は旧暦 2月23日です-

寒い寒いと思っていたのが嘘のように、暖かい日が続いています。
先日の夜サロンの帰り道も、深夜というのに切るような空気の冷たさな
どなく、春の気配が漂う心地よい夜半でした。見上げた空の星の位置は
すっかり移動して春の星座に様変わり。それもそのはず、いつの間にか
春も中日、今日は春分なのですから。

つい先ごろ、歳若い友人とランチをしていて、お墓参りの話が出ました。
「年配の方って毎日お墓に行かれますよね。古市さんは行かれます
か?」言われて、はっと一瞬、言葉に詰まってしまいました。
年配者に思われたことに動揺したのではありません(笑)。
“そういえば年末からしばらく行っていないな!“
と思い出したからです。
元々そんなに小まめにいく方ではないですし(毎日なんてとても無
理!)、特に冬場は寒いので足が遠のくのですが、2月は父の命日があ
るので、必ず一度は参っていたのですが、すっかり失念していました。
お彼岸を前にそんな話が出たのも何かの暗示でしょうか。
この原稿を仕上げたら、日の高いうちに早速お墓に参ることにします。

ところでこの、お彼岸の風習、仏教に由来するとは言うもののインドや
中国では見られない習わしだそうですね。
彼岸と此岸の近いこの時期に西国浄土の先祖に思いをはせ、その年の豊
作と子孫の加護に感謝しつつ、祖先の供養をする。これはこの時期が、
春の農耕の始まる時期と秋の豊穣を祝う時期に重なることから定着して
いった日本の独自の風習で、彼岸会の法要が仏教とは縁のない土着信仰
に基づく行事と共に行われる例も各地で多くみられるようです。
自然と争わず融合する心を持った日本人の気質からくるのでしょうか。

近頃はパワースポットブームで神社に参詣する方が増え、お伊勢さんな
どいつ行っても多くの人で賑わっていますが、お彼岸にはやはり「お墓
参り」。皆さんもぜひ、ご先祖様の供養、忘れないで頂きたいものです。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-20 08:15 | 暮らし暦 | Comments(0)

啓蟄号 -今日は旧暦 2月 8日です-

今回は鹿児島県最南端:与論島にて原稿を書いています。

3月の第一日曜日に開催される「ヨロンマラソン」に今年もエントリーしました。
ここで人生初のフルマラソンに挑戦したのは今から15年前。
それまで5kmのマラソンしか走ったことがなかったのに、
無茶な挑戦をしたものだと思います。

このマラソン大会の最大の魅力はズバリ「島民あげてのおもてなし」です。
開催前夜のウェルカムパーティーにはじまり、
マラソン中には給水所で水・スポーツドリンクはもちろんのこと、
オレンジ・パイナップル・島特産の黒糖・おにぎり・ヤギ汁etc、
所によっては黒糖焼酎(!)なども振る舞われます。
そして沿道の家の前では、おじい・おばあがパイプ椅子を並べ、
手を叩き、太鼓を叩き、鍋やヤカンを叩き、暑い日差しの下で何時間も
私たちランナーが通り過ぎるのをずっと応援し続けてくれるのです。
とある家では、リクライニング式のベッドに横たわったおばあが
掃き出し窓を開けて応援してくれていたこともありました。
走りながら涙が出そうでした。

以来15年のうち、仕事の都合で参加しない年もあり、走る距離も
フルからハーフに変わりましたが、合計で10回ぐらいは参加しているでしょうか。
今年もウェルカムパーティーでたくさんの人との再会がありました。
パートナーのご病気で昨年は会えなかった70代のご婦人とも再会出来て
うれしかったのですが、介護のため今回が最後の参加なのよ、と彼女から聞いて
少なからずショックを受け、自分が変わらず参加し続けられる環境にいることの
有り難さを実感しました。

3月5日、今年は感謝の気持ちを胸に走ります。

千鶴子
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-03-05 08:54 | 暮らし暦 | Comments(0)

雨水号 -今日は旧暦1月22日です-

名古屋では「雨水」前日の17日、わずかに温かさを感じる雨が降り
ました。雨水という言葉の通り、空から降るものが雪から雨に変わり、
氷が溶けて水になる季節が訪れようとしています。

こんな時期は心も軽くなってきて、「よし、春だ! 動くぞ!」と言
いたいところですが、最近、身体がずいぶん固くなっていることに気づ
き、危機感を抱いています。長年文章を書く仕事をしていることもあり、
肩こりくらいは仕方がないかな、と思っていたら、いつの間にか、腕や
ら腰やら脚やら、あらゆるところが固い!

ということで、私事ながら今年は運動に少しずつ取り組んでいくのが
目標です。ストレッチから始めて、日常歩く量も増やし、ちょっと脚力
を鍛えて、できればジョギングにも挑戦したい・・・と夢(?)は尽き
ない日々(笑)。

なんともお恥ずかしい有様ですが、春に活動的になれるのも健康あっ
てこそ。皆様もどうぞお元気でお過ごしください。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-02-18 19:45 | 暮らし暦 | Comments(0)

立春号 -今日は旧暦1月 8日です-

 ヤーヤ祭@三重尾鷲

立春を迎えました。梅が開花した写真がSNSに掲載されはじめました。
日没時間も日に日に遅くなり、光の感じもだんだん春に向かっているよ
うに思います。先週は雪が結構積もる日も多かったですが皆さんの住ん
でいるところではいかがでしたか?ウィキペディアによると二十四節気
が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が上がり始め
ているが、海に囲まれた日本列島ではずれ込み、立春の頃に寒さのピー
クとなることが多い。とあります。未だ寒波が来る時もあるかもしれま
せんが、春の到来が楽しみです。

さて、昨日は節分でした。豆まきされましたか?

節分の日、三重県尾鷲市で取材でした。日本の誇る奇祭「ヤーヤまつ
り」の取材。今年は矢浜町が当番の町(祷務町:とうむまち)の一つで
す。通常は尾鷲港に裸で飛び込むのですがこの矢浜町は矢ノ川という川
に飛び込みます。川への飛び込みは7年に一度です。数日前にそのこと
を知ったのでもちろんその矢浜町で取材を行わせてもらいました。祷屋
(とうや)と呼ばれる詰め所のようなところに団長を訪ねてご挨拶、お
酒を一升奉納して(まつり取材の時は一升瓶を納めるのは大事!なので
す。)その矢浜町のヤーヤまつりをじっくりと見せていただきました。

「チョウサじゃ!、チョウサじゃ!」のかけ声で練りを行います。男
達のかけ声は見ているこちらの気持ちも高揚します。声をかけ、御神酒
をいただきながら撮影を進めさせてもらいました。そんな様子(男達)
を若い女子達や昔若かった女性達がほんとに「キラキラ」した瞳で見つ
めています。「いい瞳してるねえ!」なんて言いながら、その瞳に向け、
おじさんはシャッターを切らせてもらいました。
なんかキラキラ瞳を久しぶりに見たような気がします。幸せな感じに浸
れました。なんだか祭りの取材とは別の取材になってきたような気もし
ますが(笑)。

川で清めて町を練り、氏神様にお参りして練り場所でもある祷屋前で
最期の練り。(この時にキラキラ瞳の女子達に沢山会えたわけです!)
素晴らしい祭りですよ、尾鷲のヤーヤ祭り。奇祭と呼ばれているまつり
を見て「血が躍動する」自分に会える人も多いかもしれません。是非出
かけてみてください。

2月1日から5日のうち練りは2日から4日に行われます。

参考情報です。
尾鷲ヤーヤー祭りの詳細は下記アドレスを参考にしてみてください。

https://www.kankomie.or.jp/event/detail_35110.html

http://www.kumadoco.net/dictionary/report.php?no=29

http://genki3.net/?p=20802

かなり以前銭湯取材で訪れたときのレポート
http://www.salsica.com/?p=8017


松原豊(写真家)
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-02-04 17:12 | 暮らし暦 | Comments(0)

大寒号 -今日は旧暦12月23日です-

かまどメールの時間です。一分だけお付き合いいただければ幸いです。
今回は中谷が書きました。

大寒入りの翌朝に寒さにかじかむ手で原稿を書いております。管理人
さんから数日前に連絡をいただき19日の夜に書こうと決めていましたが、
すっかり忘れておりました。ごめんなさい。

三重県北部に記録的な大雪が降りました。四日市あたりで30センチは
積もったとか。フェイスブックを眺めていたら、さすがにこれだけ降る
とジタバタせずに潔くあきらめる投稿が多かったですねえ。私もお待た
せしていた材木の配達を早々にあきらめ、お客様にその旨の連絡をしま
した。

去年のことになりますが、大橋巨泉さんが亡くなりました。テレビで
活躍され、晩年は週刊誌に随筆を連載されていました。その中で一つだ
け私の記憶に残るものがありますのでそれを紹介します。

巨泉さん夫婦には子供がありませんでした。今生では子供を諦めて来
世に生まれて来たらまた結婚して子供を授かろうと話をしたそうです。

望みは尽きないけれど諦めることも大切。とらわれることなく与えら
れた運命にしたがって今を充実して生きる。そんなメッセージとして受
け取りました。

 なかや
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-01-20 20:11 | 暮らし暦 | Comments(0)

小寒号 -今日は旧暦12月 8日です-

 小寒 ~寒気やや強し~

新暦新年おめでとうございます。暖かいお正月でしたから初詣などお
出かけになられた方も多いのではないでしょうか。
我が家のお正月は、旅行にもいかず、“三が日は家でのんびり過ごす”
ことが通例になっています。
普段とさほど変わらない我が家ですが、輪島塗のお重とお屠蘇のセッ
トを押入れから引っ張り出し、テーブルセッティングをフォーマルにし
て、お正月用の花を活ける。それだけで随分と雰囲気は変わるものです。

ここ何年かは、12月に入ると、ああ今年はもうあんなに頑張ってお節
を手作りするのはやめよう! とか、今年はもう御節道具を出すのはや
めよう! 何度思うか知れません。何せ、4段のお重を埋める料理を作
るのは、朝から晩まで立ちっぱなし、相当な重労働なのですから。
 ですが、どうしてもそれを実行に移すことが出来ず、最後の最後には
頑張ってしまうのが常なのです。そんなこともあって、三が日は疲れた
体を癒しているというのが正直なところかもしれません。

そして、ようやく癒えた身体と頭で思うことは、昔は高価なものを残
してくれて有難うという感謝の気持ちしかなかったけれど、父が残した
ものは単なる“もの”ではなく、年の初めは家に居て新しい年神様をお
迎えしなさい、ハレの日とケとのけじめをつけ、人生にも日々の生活に
もある節目節目を大切に生きなさい、という戒めの“こころ”だったか
もしれないということです。

母から受け継いだころは、何も考えず、単純に一年に一度しか出番が
ないという理由だけで取り出して使っていましたが、このお道具がある
からこそ、お年賀に訪れる人がいなくなった今も変わらず、年末には仏
壇や神棚を祓い清め、鏡餅をお供えし、玄関にはしめ縄を飾り、お屠蘇
とお節を用意する。一夜明けた元日の朝には新しい衣服に身を包み、毎
年の年神様を迎えられているのだということ。

一年の終わりにはそんな新玉の想いも忘れ、また同じようにお節料理
に思い悩むかも知れません。けれども一進一退しながらも、歳を重ねて
よかったと思える自分は確かにいると思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


*昨年末に起こった糸魚川の大火災で突然家を失った方々や、4月の
熊本地震などで家が倒壊し避難生活を強いられたまま新年を迎えられた
方がたくさんお見えのことと思います。被災された方々に心よりお見舞
い申し上げるとともに、どなた様にも新しい年が希望に満ちた良き年に
なります様、心より祈念致します。

 By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-01-05 10:00 | 暮らし暦 | Comments(0)

竈~年忘れお餅つきの会~開催のお知らせ

年末恒例行事のお餅つき。
竈の家では旧暦で時間が進んでいますので、今回も世の中が新年を迎えた後、
正月気分が落ち着いてから開催致します。
開催日時は下記の通り。
ご家族、お友達、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。
             記
日  時:  2017年 1月 22日(日) 9時頃~日暮れまで
場  所:  四日市市采女町1090番地 暮らしを楽しむ竈の家
参 加 費:  大人 500円、小人 300円+ 差入れ・寄付歓迎 
マイ食器ご持参でご参加ください。
 *食器の貸出は有料です(一人50円)

※飛び入り歓迎ですが、一応申込制ですので、参加を希望される方は、なる
べく2日前までにご予約ください(ここ)。
お電話でも受け付けております。

{当日のおおよそのスケジュール}
    9:00~ 火熾し
   10:00~ 1回目のもち米蒸し、野菜下ごしらえ
   11:00~ 餅つき
   11:15~ 1回目の試食開始
       :
       :    以降、もち米蒸しあがり次第餅つき
       :
   15:00~ 後片付け

寒い時期ですので、防寒対策忘れずに!

* 近くに駐車場がありませんので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
 どうしても車でないと不便な方はお車でお越しください。
 少し離れていますが、駐車できるスペースをご案内いたします。

* 暮らしを楽しむ竈の家の地図こちらから

f0044728_9561944.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2016-12-22 09:44 | 暮らし暦 | Comments(0)