カテゴリ:かまど通信( 62 )

丸山祐一郎、こやまはるこ、ライブinかまどの家

随分寒くなってきました。いよいよ本格的な冬の到来です。
竈の家は、昔ながらの古い家。隙間風が音を立てて通るこれからの季節は、年中行事であるお餅つきと味噌作りを除いて、活動を休止します。
その休止前の最後のイベントが、この "竈 de Live vol.2"

  丸山祐一郎、こやまはるこ、ライブinかまどの家
        ~ボサノバギターと、水カンリンバの世界~


竈の家の世話人でもあるいけやま企画さんとのご縁で、開催させていただく運びとなりました。
日曜日ですので、2部性になっています。
昼・夜どちらでもご都に合わせてお越しください。
丸山さんは竈の家にも置いてある「水カンリンバ」という、水を入れた空き缶を繋いで音を奏でる、創作楽器の考案者でもあり、50種もの民族楽器を持って全国を旅して演奏活動をしていらっしゃる旅の音楽家です。
お二人の奏でる自然の音、初めて目にする楽器の数々、ぜひお楽しみください。
前座を雑人(ざっと)さんが務めます。

日  時: 2012年 12月 16日(日)
 ■昼の部 14:30~ 入場料500円(+投げ銭):子ども歓迎(中学生以下無料)
 ■夜の部 19:00~ 入場料1000円(中学生以下無料)
場  所: 四日市市采女町1090 竈の家(古市場バス停前)
主  催: いけやま企画  ☆公式ブログは ここ から
      暮らしを楽しむ 竈の家 http://www.kamadonoie.net/



●丸山祐一郎
 長野県飯山市在住。
 日本では希少なビリンバウ奏者でもあり、ボサノバギタリスト。
 空き缶を加工して、中に入れた水の音を響かせる、「水カンリンバ」の考案者。
 妻の こやまはるこ とのライブは全員参加型。 愛車にギターと40以上の民族楽器を満載して全国どこへでも出かけていく。
 時空を超えた出会いをつなげ、「みんなのこころに虹をかける!!」を実践中。

●こやまはるこ
 夫の丸山祐一郎とともに<旅の音楽家>としてデュオでギターを奏で活躍する。
 また、筆文字のデザイナーとして、筆文字ならではの"心の表現"を大切にしながら、筆文字のロゴ制作や、ナチュラルな素材にこだわった暮らしを彩る書作品を創作している。
 日本デザイン書道作家協会正会員。


■ 駐車場は離れていますので、なるべく公共交通機関をご利用ください
  近鉄内部線「内部駅」より徒歩25分(参照時刻表
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-11-29 11:16 | かまど通信 | Comments(0)

モスリンさん鼻笛コンサートが竈の家でありました

f0044728_10314835.jpg10月15日夜、日本でただ一人、いえ、世界でもただ一人かも知れません、鼻笛のプロの演奏家モスリンさんを招いての鼻笛演奏会が、竈の家で開かれました。

はじめに、日本鼻笛協会伊勢友の会会員のお二方が前座に登場、おのおの鼻笛に出会った経緯を説明、曲を1、2曲披露されました。緊張すると動悸が激しくなり、もろに鼻笛の音に響くそうです。時々音が変調したり、音符の巨大化したような“ゆるカワ”楽器「オタマトーン」も登場するなどして、ちょっと漫談風に始まった演奏会でしたが、モスリンさんの登場で雰囲気は一変します。

前座のお二人と同じ楽器?と耳を疑うようなその優しい音色に会場がシンと静まり返ります。お子さん向けのアニメソングから童謡、懐メロ、クラシック、ありとあらゆるジャンルの音楽が、あいだにご自身の音楽との出会い、鼻笛との出会い、鼻笛のルーツなどの話を挟みながら、次々と繰り出されていきます。f0044728_10325375.jpg

演奏時間が長い時は鼻笛だけでは少し飽きてくるのでと、歌声も披露してくれました。声楽をきちんと学ばれたのでしょうか、そう言えば会話の声も質も違うようです。お尋ねすると、はやり鼻笛は、鼻笛だけで音が出るのではなく、吹く人の体格や声の出し方で全く音色が違ってくるのだそうで、声の出し方一つおろそかにはしていないとのこと。プロと名乗ることに対する真摯な姿勢もよい音色になって返ってきているのでしょう。

演奏が終わるとほとんどの皆さんが、お試し用のプラスチック製の鼻笛を手にとって試され、家で披露するのだと言って買って帰られていました。一人でも多くの人が興味をもってくれると嬉しいと、その一人一人に丁寧に説明され、交流を深めながら、モスリンさん自身も、古民家の温もり、秋の夜長を楽しんだ演奏会となったようです。
f0044728_1035810.jpg

f0044728_10352985.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2012-10-24 10:37 | かまど通信 | Comments(0)

「暮らしを楽しむ竈の家」ホームページを開設しました

先日、ライブの案内を書いていて
懸案のひとつだった「竈の家」のホームページを開設したことを、報告し忘れていたことに気づきました。
まだまだ試運転状態で、足りないところも多いのですが、少しずつ手を加え、見やすく分かりやく、イベント紹介や活動報告など充実した内容にしていくつもりですので、今後はこちらのサイトの方もよろしくお願いします。

 ~暮らしを楽しむ竈の家HP~ ( http://kamadonoie.net/

右フレームのりんく先にもリンクを貼っておいたのでここからも入れます。
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-09-27 10:45 | かまど通信 | Comments(0)

竈 de Live  ~モスリン 鼻笛演奏と鼻笛体験レッスン~

ようやく秋らしい風が吹き抜けるようになりました。
昨夜は涼しいくらいに空も澄んで、上弦の月が傾いた後はたくさんの星が輝いて見えていましたね。

さて今日は、竈の家での初ライブ、のお知らせです。
毎月のサロンでお馴染みの「鼻笛」を、今回は、日本でも数少ないプロの演奏家モスリンさんをお招きして演奏していただきます。
“穏やかな時間の流れる古民家空間に響く鼻笛の音色”
心ゆくまでお楽しみください。

日  時: 2012年 10月 15日(月) 19時開演(18時開場 21時終演予定)
場  所: 四日市市采女町1090 竈の家(古市場バス停前)
入 場 料: 無料(投げ銭制)
主  催: 暮らしを楽しむ 竈の家 http://www.kamadonoie.net/                      日本鼻笛協会 伊勢友の会 http://nhk.emix-express.com/

※投げ銭制とは…当日、ライブを聞いて「良かった」と感じて頂けましたら、その気持ちを包んで「投げ銭箱」にお入れください。音楽活動の経費がまかなえますと、また来て頂けることにもつながります。
また、築110年を越す古民家「竈の家」は、定期的な修繕なしにはコミュニティ・スペースとして安全に皆さまに活用して頂くことが難しくなってきています。特に今年は雨漏りの修理で大きな費用が掛かりました。予算以上にかかったため外部の戸袋と室内の押入れの工事が中断したままとなっています。そこで、今後もこの日本の文化や暮らしを体感する場所「竈の家」を中心とした活動を続けていくため、活動にご理解いただける方に寄付をお願いすることに致しました。想いを汲んでいただけましたら、そのお気持ちを併せて「投げ銭箱」にお入れください。
皆様の暖かい意思表示とご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

■ 駐車場は離れていますので、なるべく公共交通機関をご利用ください
  近鉄内部線「内部駅」より徒歩25分(参照時刻表

f0044728_14412543.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2012-09-24 17:28 | かまど通信 | Comments(0)

日曜書道教室

今年に入って、「竈の家」で書道教室を開きたいと言ってくださる方があり
4月から第一日曜日と第三日曜日、家をお貸ししています。

6月いっぱいは無料体験期間なので
興味のある方、暮らしに役立つきれいな字が書きたい方
一度覗いてみては如何ですか?
直接竈の家にお越しくだされば結構、予約などは必要ありません。

先日の書道体験の様子です。
f0044728_948464.jpg

f0044728_948234.jpg

写真はお子さんですが、一般の方も募集しています。
落ち着いた佇まいの中でなら、リラックスしてお稽古に励めるのではないでしょうか。

******************
 6月の開催は、5日と19日
   朝の部 ・ 朝9時30分~11時30分
   昼の部 ・ 昼1時00分~ 3時00分
******************
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-05-20 09:55 | かまど通信 | Comments(0)

公共交通機関時刻表(平成23年3月改正)

竈の家に公共機関でお越しの場合の
三交バスの時刻が改正されましたので、お知らせします。
なお、近鉄内部線の時刻は従来通り、変更ありません。

【近鉄内部線時刻表】(平日・土日祝日とも)
    近鉄四日市駅発 
 5時:     46
 6時: 12  38
 7時: 04  30  52
 8時: 14  36  59
 9時: 22  37
10時: 02  30
11時: 00  30
        〃 
20時: 00  30
21時: 03  36
22時: 03  44
23時: 16

    内部駅発
 5時: 26  52
 6時: 18  43
 7時: 00  12  33  55
 8時: 17  39
 9時: 03  43
10時: 05  35
11時: 05  35
        〃
20時: 05  35
21時: 08  41
22時: 08  36
*運賃大人220円、小人110円
*乗車時間17分

【三交バス時刻表】(平日・土日祝日とも)
近鉄四日市駅発→古市場
 8:35  →  9:01
10:35  → 11:01
14:05  → 14:31
16:05  → 16:31
18:05  → 18:31

古市場発→近鉄四日市駅
 7:41  →  8:08 (平日は7:01発)
 9:41  → 10:08
11:41  → 12:08
14:11  → 14:38
17:11  → 17:38
*運賃大人420円、小人210円

近鉄四日市駅から内部線に乗り換え、終点の内部駅下車徒歩25分
或いは
三重交通バス和無田改善センター行き古市場バス停下車すぐ
をご利用になられるのが便利です。
ご協力よろしくお願いいたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-05-10 15:21 | かまど通信 | Comments(0)

公共交通機関時刻表

竈の家に公共機関でお越しの場合
近鉄四日市駅から内部線に乗り換え、終点の内部駅下車徒歩25分
或いは
三重交通バス和無田改善センター行き古市場バス停下車すぐ
をご利用になられるのが便利です。

【近鉄内部線時刻表】(平日・土日祝日とも)
    近鉄四日市駅発 
 5時:     46
 6時: 12  38
 7時: 04  30  52
 8時: 14  36  59
 9時: 22  37
10時: 02  30
11時: 00  30
        〃 
20時: 00  30
21時: 03  36
22時: 03  44
23時: 16

    内部駅発
 5時: 26  52
 6時: 18  43
 7時: 00  12  33  55
 8時: 17  39
 9時: 03  43
10時: 05  35
11時: 05  35
        〃
20時: 05  35
21時: 08  41
22時: 08  36
*運賃大人220円、小人110円
*乗車時間17分

【三交バス時刻表】(平日・土日祝日とも)
近鉄四日市駅発→古市場
 8:35  →  9:01
10:35  → 11:01
12:35  → 13:01
14:05  → 14:31
16:05  → 16:31
18:05  → 18:31

古市場発→近鉄四日市駅
 7:41  →  8:08 (平日は7:01発)
 9:41  → 10:08
11:41  → 12:08
13:41  → 14:08
15:11  → 15:38
17:11  → 17:38
*運賃大人420円、小人210円

ご協力よろしくお願いいたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-01-28 17:02 | かまど通信 | Comments(0)

芋煮会のお知らせ

竈の家を活用したイベントのご案内です。

かまど会員Yさんが普段お付き合いをされている仲間同士の恒例の集まりに
竈の家を利用して芋煮会をするそうです。
どんなメンバーなのか当日まで分かりませんが
「参加してもよい?」と尋ねたところ「どうぞ、どうぞ」と快諾してくれたので
様子見に、いえ、本場東北の芋煮のお味見に
(東北地方出身のお母様のお友達が采配してくれるのだそうです♪)
遠慮なく加わらせて戴くことにしました。
皆さんも入り込んで一緒に楽しみませんか!

詳細は以下のとおりです。


日 時:2010年1月17日(日) 10:00~14:00
場 所:竈の家 四日市市采女町1090 
     ※ 内部小学校から西に約300m
       駐車場は少ないのでなるべく公共交通機関や乗合せでおこしください。
会 費:1000円(18歳以下無料)


そして、その日は、イベントに人が集まることを利用して、竈の家の詳細図
作成のための間取り調査を行ないます。
縦、横、高さ、昨年片づけをしたツシ2階も調査する予定です。
大勢集まればほんのちょっとお手伝いいただくだけで結構です。
もちろん道具はこちらで揃えますので手ぶらでOKです。
どうぞよろしくお願いいたします。


もちろん時節柄、寒さ対策は忘れずに!お越しください。
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-01-16 23:51 | かまど通信 | Comments(2)

わがまち・ふるさとのちょっと昔を歩いてみようinうつべ

今月22日(日)、23日(月・祝)の二日間
「わがまち・ふるさとのちょっと昔を歩いてみようinうつべ」というウォーキングイベントが「竈の家」とその周辺にある2つの四日市地域まちかど博物館「うつべ町かど博物館」・「いわひば処壽苑」を拠点に開催されます。
古い歴史のある町をのんびり歩いてみて、地域に残る文化や歴史を自分の目で確かめてみようという企画です。

その拠点となる3つの会場をまわりウォークラリーのスタンプを集めると手作りの工芸品をもらうことができます。
また、3つの館は単なるスタンプ会場としてだけでなく、様々な催しを企画していて、竈の家でも恒例竈ご飯の炊き出し・振る舞い(協力:竈の会)や、お休み処の提供、体験イベント(裂き織りや竹細工など)やアコースティックギターの演奏会、手作り品の販売(クッキーやオーガニック卵、花苗、ポストカード、地方情報誌など)、アートバルーンのプレゼントなどを予定しています。

皆さんこの機会に、普段歩かない竈の家の周辺を歩いて周ってみませんか?
どうぞたくさんの皆さまのお越しをお待ちしています。
f0044728_8523546.jpg
*スタンプ台を兼用しているこのチラシは竈の家でもご用意しています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-17 10:35 | かまど通信 | Comments(0)

竈の家、今年二度目の作業

11月3日竈の家で今年二度目の修繕がありました。

その日は、今年一番の冷気が前日お昼頃からこの地方を覆いこんだため、じっとしていると冷たい風が肌に刺すように感じられたけれど、作業を始めるとその冷ややかさが逆になんとも心地よく、舞い上がる塵や埃も、凛とした空気と雲の合間から差し込む穏やかな日差しにやがて洗われ、いつしか夢中で作業を推し進めたのでした。
f0044728_1447439.jpg
先の週に作ったシューターでシバの山を下ろしています。
f0044728_14472456.jpg
庭に積み上がったシバを均しています。
f0044728_14474297.jpg
≪終了後の風景≫
シバの山は庭部分に均等に敷きつめ、駐車場部分には古瓦を砕いて撒きました。


たくさんの方に手伝っていただいたおかげで作業は滞りなく進み
なんと念願の、竈の会が始まって以来すなわち4年半越しの懸案事項、
煙突の修理まで終えることができました。

f0044728_1448821.jpg
≪修理する前の従来の煙突≫
現在は発がん性など人体や環境への有害性が問題となり使用できなくなった石綿製。
耐久性、耐熱性などに優れていたため、以前は建設資材だけでなく様々な用途に普通に使用されていました。
屋根面より下がっていたため、煙がうまく排出されていませんでした。
そして雨が降るたびに雨漏りの心配もありました。
f0044728_14481921.jpg
≪修理を終えた新しい煙突≫
家の倉庫に眠っていた常滑焼きの土管6本を簡易セメントでつなぎ合わせ
周囲を丸鋼で支えました。


参加してくださったみなさま本当にお疲れ様でした。
次の今月22日、23日に検討していた荒壁塗りワークショップと瓦の敷き直し作業は、都合により延期することになりましたが、今後の作業日程についても随時お知らせしていきますので、また皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-11-13 15:32 | かまど通信 | Comments(0)