2017年 11月 07日 ( 1 )

立冬号 -今日は旧暦 9月19日です-

 立冬 ~冬の気始めて立つ~

先日2本の虫歯を治療しました。
虫歯といっても、神経にまで達していない自覚症状のない虫歯。
子どもの頃から、母が歯の健康に心を配っていてくれたおかげで、大
人になっても定期的に検診や歯石を取る習慣が身についていましたので、
今回も早期発見、治療にも麻酔を使わず、カルシウム質を少し削る軽度
の治療で済みました。治療してもらっている歯医者さんは40年以上通い
続けている古馴染です。これまで歯の治療に痛いとか怖いとかいった意
識をほとんど持ったことはなく、治療台ですやすや眠ってしまうことも
しばしば、不安は当初何一つなかったのです。

でも今回は少し勝手が違いました。初めて歯の治療に苦手意識を持っ
たのです。

それというのも前回の検診から2年か2年半ほど、その間に、長年私の
歯を見続けてくれていた先生がご高齢を理由に引退されていました。
病院は同じでも、先生が変わり、歯科助手も受付も古参の方が居なく
なり、世代交代の感ありありです。

施術してくれたのは引退された先生の娘さんで、娘さんとはいっても
経験20年以上の大ベテラン。不安に思ったり怖がったりする必要は何も
ないはずですが、治療すべきか様子見かの判断から、治療方法の説明、
接し方、いろいろなことが少しずつ前の先生とは違うので、気付くと自
然無口になっていました。他方、別の治療台に座って居られる方が、前
回の治療後2、3日はこんな状態だった。今はこんな感じですなど、明る
い声でいろいろ話されているのが聞こえていました。
ああ、いいなぁ。きっとこの人は全権委任、安心して任せていられる
んだなぁ。前回までの私のように。

私が今の先生と信頼関係を築けるにはまだもう数回通わないといけな
いかもしれません。痛い痛くない、怖い怖くないは信頼関係と直結して
います。

安心して任せられるかそうでないかは何も医者と患者の関係だけでは
ありません。また、その関係は一朝一夕にできるものではありませんか
ら、信頼して任せられることや人をたくさん持っている人は幸せだとつ
くづく感じた次第です。

 By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-11-07 11:00 | 暮らし暦 | Comments(0)