2009年 10月 23日 ( 1 )

霜降号 -今日は旧暦9月6日です-

朝晩かなり冷え込んできました。みなさま元気でおすごしですか?

仕事の納期がたまってくると、深夜から早朝にかけて作業を行うことも多く
なるのですが、先日は日の出前、あまりの寒さに今年始めて暖房を入れました。
年々暖房を入れる時期が早くなっていると感じてます。これも、年を重ねてき
ている証拠でしょうか?


少し前、旧宮川村で、関西からiターンをしている人をインタビューする機
会に恵まれました。(もっとも私は撮影担当ですが)
話も芸人のようでとてもおもしろく、インタビューの時間はあっという間に
過ぎ去っていきました。(関西人の多くはなんでこんなに話がおもしろいんで
しょうね、しらふなのに(笑))

その方はiターンして5年目。家族と共にiターンを楽しんでる様子でした。
話の途中でiターンを長く続ける話をしてくれました。
移住したその土地で、「生きてこ」と言う覚悟がないと、あと「ここがあか
んだら別がある」、というのもあかんな。結局のところ長続きせんわな、覚悟
ないとやっぱり離れていくもん。
そんなことを話してくれました。
経験のなかで、iターン者を見極める指針が出来ているようでした。

取材で、限界集落に近いところなどに行くと、「どうしてこんなに奥深いと
ころに暮らしているのだろう、それも1人で?」と思うこともありましたが、
そこで生きて行くという覚悟を決めているからそこに居る、というのも一つの
理由かもしれないな、と思うようになりました。

私も美里に来て5年目。自分なりの「生きてこ」という覚悟が出来ているの
かいないのか、秋の夜長に検証してみるのも大切かな、そう感じた出来事でし
た。

写真師 松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2009-10-23 10:06 | 暮らし暦 | Comments(0)