冬至号 -今日は旧暦11月24日です-

12月に入るとあちこちでイルミネーションが輝き出しますね。
私はどうにもあの光が苦手です。
確かに街並みは明るくなるし、気分も盛り上がるのかもしれませんが、
素直に「キレイだな」とは思えないのです。
さらにクリスマスも加わってますます賑やかですが、この時期はそれ
よりも大切な節目があります。

そう、「冬至」です。

私は二十四節気の中で「冬至」が一番好きです。
一陽来復。
これまで弱くなっていた太陽の光が戻ってくる日。
冬が終わり、やがて春がやってくる。
陰から陽へ変わっていく日。

冬至の日にカボチャを食べたり、柚子湯に入ったりするのには
様々ないわれがありますが、私はそれらの黄色が太陽の光を表して
いるからではないだろうかと思っています。
家の中、そして自分の身体にも明るい陽を灯して、今日から新しい
気持ちで暮らす・・・。

冬至の夜、日本の各地で多くの人が同じように黄色い柚子を浮かべた
お湯に入っているのだと想像すると、何だかほっとします。

小さな黄色い柚子が、たくさんの希望を運んでくれますように。


yoko
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-12-21 16:46 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 小寒号 -今日は旧暦12月10... 大雪号 -今日は旧暦11月10... >>