白露号 -今日は旧暦8月8日です-

太陽の活動は約11年周期で波があるとか。
実はここしばらく太陽の「黒点」が消えた状態が続いているそうで、天
文学的にも珍しいそうです。
つまり、今、太陽の活動が弱くなっているということでしょうか…。
地球温暖化とかなんとか言われ続けてますが、宇宙規模でモノを考える
と、どうも真実がわからなくなってくるものです。


太陽といえば、来年の7月22日の朝には、鹿児島県の南部(離島)などで
「皆既日食」が観測できるそうで、三重の津でも最大食分が79パーセン
トとかなり薄暗くなるとか。


日食は、太陽の手前に月がくることで、地球からは太陽が欠けたように
見える現象ですが、両者がぴったり合わさった時に、月が大きければ
太陽が完全に隠れてその周りが妖しくも薄明るく輝く「皆既日食」。太陽
が大きければ「金環食」という指輪のような太陽のフチだけが見えるわ
けです。
で、平成12年には、日本の太平洋側の多くの地域で「金環食」が見られます。
にわか天文マニアの私は少しワクワクしてるのですが、天岩戸(あまの
いわと)に「天照大神(あまてらすおおみかみ)」がこうも続けて隠れ
るとは、ここ数年になにやら起こりそうな気して止まないのも本心です。

経済社会が限界にきてる今こそ、かまどで飯を炊いたり、質素な暮らし
を見直す絶好の機会ですね。
案外そういう暮らしが「いざ」という時には一番つぶしがきくことでしょう。

日本の政界はまた大荒れではありますが、行き詰ったときにこうして宇
宙に思いをはせてみたりすると、ちょいとは気晴らしにもなるかなとも
思ったのですが…。
ならないか???(苦笑)

記=メール番人池山

【白露】(はくろ)
八月節
太陽視黄経 165 度
陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の
心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。
(こよみのページhttp://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm)より引用。

「白ロシア・ソビエト社会主義共和国」のことではありません(汗)。
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-09-07 20:30 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 秋分号 -今日は旧暦8月24日... 処暑号 -今日は旧暦7月23日... >>