啓蟄号 -今日は旧暦1月28日です-

 二十四節気のなかで、「穀雨」だとか「芒種」だとか「小満」だとか
は知らなくっても、「啓蟄」は知っているという人も多いでしょう。立
春から一ヶ月、日差しは随分春めき、それでも私の住む三重県中部なん
ぞは、季節風の影響でか、このころ一番雪が降ったりなんかするのです。

 先日仕事中にムカデを発見し、いよいよまさに啓蟄なのだなあと、余
情に浸るまもなく、殺生してしまいました。材木の間についたムカデに
は過去に痛い思い出がありまして。ポンポンに腫らした左手を押さえて、
病院に駆け込んだときの、あの痛みといったらありませんから。

 今日の三重の天気予報はおおむね晴れですが、山沿いではむしろ滋賀
県の予報のほうが頼りになります。ふむふむ、彦根は雪ですか…。そう
いや、菰野町のTさんなんかは、福井県の天気があたると言ってまし
た。おやおや鶴賀も雪マーク。

 まだまだ、春本番とは言いがたいですが、先日の新年会でOさんが
持ってきてくれた「ふきのとう」を味噌汁に浮かべほのかに春を感じた
ことに味をしめて、昨日も仕事の合間にちょいと「ふきのとう」さがし
に山を探索してみたりと、それなりに早い春を楽しんだりもしています。

♪春は名のみの~風の寒さや~ってか…(早春賦)
 気温差の激しいこのころ、みなさまどうぞご養生ください。    
                      (記/大工風)

-------------------------------
■3月2日(旧暦1月25日)「かまど新年会」お疲れ様でした■
ふきのとう、鹿肉、猪肉、酒、焼きそば、うどん、などなど、食材の差
し入れありがとうございました。
んのレシピ(笑)による、玄米茶は、「これはかまどの定番メニ
ューでいけるぞ」などと確信!
素朴に、そこにあるものを調理して食べる…。なんて素敵なことなんだ
ろうと、次回かまどの会に期待を膨らませながら、真っ暗になった四日
市、「かまどの家」を去ったのでした。
次回…っていつだろうな。
花見?なんて頼りも待ちわびてたりもします。

そろそろ修理の必要な箇所も目立ってきた「かまどの家」。
みなさんのご支援ご協力でなんとか維持していきたいところです。
[PR]
by uneme_tayuu | 2008-03-05 10:17 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 春分号 -今日は旧暦2月13日です- 雨水号 -今日は旧暦1月13日です- >>