冬至号 -今日は旧暦11月13日です-

実は地球の公転軌道が楕円であることなどから、もう、日の暮れは、少し
ずつ遅くなってきています。
ただ、日の出がもうしばらく、さらにどんどん遅くなっていくので、今日
「冬至」が一番昼間の時間が短いということなんですね。

木々たちは、いつしか葉を落としたかと思ったら、もう来年の新芽の準備
が整っているようです。
人間が都合よく決めた暦…。
草木の中では、もう新しい年が始まっているというわけでしょうか。

来たる旧暦でのお正月は、現代暦2月7日。
その少し前(1月下旬)に、「忘年会」としてお餅つきなど出来たらいい
な…、なあんて話しています。
こちらはそのうちお知らせすることとなりそう…。

というわけで、旧暦ではまだまだ「今年」は続きますが、現代暦で生活し
ている私たちにとっては、慌しい年末なのであります。
とるもとりあえず、つきなみですが(笑)、よい年をお迎えください。
(記/メール番人=大工風)
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-12-22 08:51 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 小寒号 -今日は旧暦11月28... 大雪号 -今日は旧暦10月28... >>