立冬号 -今日は旧暦 9月29日です-

秋が来て、過ごしやすくなったと喜んでいたら思わぬ寒さにビックリ
して風邪引いたりしています。みなさん、お元気でおすごしですか?

冬支度をそろそろ始める時期になりました。コタツを出したり、スト
ーブを出して磨いたり。炭や薪の時代は、どんな冬支度をしてたのか
と思いをめぐらせてみましたが、実感のある風景は浮かんできません
ので、私の思い出を書きます。

私の育った家のお風呂は、小学生になる頃まで石炭釜で、勝手口の土間
から釜の焚口に石炭をくべてお風呂を沸かしました。十能で釜に入れた
こと、焚口から漏れるあったかい光の色だけ、なぜだか思い出します。

誰がどうやって家まで石炭を運んでいたとか、湯加減をどうやってみて
いたかとか、大事なところはまったく記憶のかなたです。なぜか一人で
土間でうずくまっている光景だけが浮かんできました。

冬の寒い日に学校から家に帰ると、母親がコタツをあったかくしておや
つを食べさせてくれました。あのコタツの暖かさを昨日のように思い出
すことができます。

さて、昔を思い出していると涙が出てくるので、立冬の話題を。

立冬(りっとう)は二十四節気の1つ。11月7日ごろ。および、この日から
小雪までの期間。太陽黄経が225度のときで、初めて冬の気配が現われて
くる日。十月節。『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれ
ば也」と説明している。

だそうです。温暖化とか世間では言われてますが、私たちの冬は今年も忘
れずに来ているようです。

kuma28が書きました。
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-11-08 17:07 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 小雪号 -今日は旧暦10月13... 霜降号 -今日は旧暦 9月14... >>