処暑号 -今日は旧暦 7月11日です-

立秋とは名ばかりに、激しく暑い夏が通り過ぎつつあります。雨上がりの
今朝は、暑さもひと段落かなと一瞬思わせましたが、11時過ぎに雨があ
がり、蒸し暑くなりそうな気配です。もうしばらく皆様お気をつけてお過ご
しください。

今日は、処暑。インターネット先生で調べました。太陽黄経が150度のとき
で、暑さが峠を越えて後退し始めるころ。七月中。『暦便覧』では、「陽気と
どまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明している。とのことです。ま
あ、処暑でも何でもいいけどとりあえず涼しくしておくれ、って願う日である。
それが温暖化時代になんとなく生きている私の解釈です。

さて、暑いさなか、ボーっとした頭で温暖化について考えてみました。よか
ったらお付き合いください。

巷では、一部の人々が地球温暖化を止めなければといろいろな考えを主
張し、対応が始まっています。私自身も出来る範囲で無駄なエネルギーを
使わないように心がけていますが、少し突き放して考えてみると、温暖化っ
て人の力で止められるものではなく、放っておくしかない、そもそも人為的
なガスの増加を止めればが温暖化が止まるのか、その論が本当に正しい
のか根拠が希薄だなど、否定的な考えにぐるぐると陥っていきます。あと数
十年して、太陽の活動の変動が気候変動の原因だったと証明されたとき、
京都議定書を決めた我々は、どう反省し、謝罪すればよいのか、考えてお
くべきではないか。もし絶対的に正しいという人がいれば、それは宗教の
話です。信仰を尊重しますが議論はしません。お好きにどうぞです。

数年前にダイオキシンの問題が大きく取り上げられました。そのとき製材所
にあった木屑を燃やしていた旧い焼却炉は、行政の命令で鎖で縛られ鍵を
を掛けられ写真を撮られ(本当にそうされました。)、やがて壊されました。製
材所は、毎日大量に発生する木屑の処理のために大きな借金をして新たに
木屑焚ボイラーを設置しました。「ダイオキシンは猛毒である」という論により、
大きな経済的な負担が結果として発生しました。その後ダイオキシンが本当
に猛毒であるかどうか、検証や反証がなされており、猛毒ではないという論
も多く出ています。ダイオキシンが猛毒ではない、と証明されたとき、経済的
な負担をだれが補償するのでしょうか。

製材所の社長さんとこの件で話をしました。今度同じような話が発生したら、
できるだけのらりくらりと時間稼ぎをして不要な出費を抑えるようにしましょう
と。無駄な費用は結局お家を建てるお客さんから頂かなくてはいけません。
もし回収できなければ私たちがお店をたたまなければいけません。

ダイオキシン対策やリサイクル法、調べてみるとそれらの規制により大きな
経済的な利益を得た人々がいます。うがった見方ですが書いてしまいます。
焼却炉の設備会社、リサイクル業者、天下り団体などの隠れた意図により騒
動が静かにひそひそと引き起こされます。視聴率が稼げれば文句のないメデ
ィアが取り上げればしめたもの、大衆がうまうまと扇動されます。その結果、何
らかの規制や法が作られ、しめしめと施工され、税金がガバガバと流し込まれ
ます。これはでたらめなおとぎ話であればよいのですが、検証が必要でしょう。
私はそんな暇があれば猫と穏やかに過ごすか大好きな山小屋で風呂でも入っ
て口笛でも吹いていたいですが。

暑い日なのにうんざりする話を書いてしまいました。毎日朝が来ること、本当
にうれしいです。でも集団になると思考停止に陥ってしまう人類にもし運命と
いうものがあれば、朝が来ないことを受け入れなければなりますまい。じっと
目を閉じたままなのか、泣き叫びつつなのか、そのときに。

先日のかまどの会、笹飾りを作ったりゆっくりできて楽しかったです。最近の
ゆる目の進め方、なかなか心地いいですね。

今回は、kuma28が書きました。

------------------------------
■■ 催し物のお知らせ/掲示板 ■■
------------------------------

新野の花火
9月16日夜 長野県阿南町新野にて 夕方より
田舎の花火大会で、一発ごとに出資者の紹介があり打ち上げられます。
初孫が生まれてうれしいとか結婚しましたとか、ローカルならではの掲示
板、村内放送のノリのしみじみ味わい深い花火です。道の駅の支配人の
ご好意による特等席で冬瓜汁にお弁当などを楽しみながら、山里の秋の
入り口を楽しみましょう。

参加ご希望は、kuma28までメールください。
kuma28山小屋またはKハウスでお泊りもできます。
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-08-23 14:37 | 暮らし暦 | Comments(2)
Commented by ぉぃぅ at 2007-08-24 16:47 x
はじめまして。
ブログタイトルを見るたびに、「カマトト」と読んでしまいそうです。
それはそうと、焼却炉問題は本来ごみの分別が最大の要因なのに、製材所も十把ひとからげに規制されたことが問題と思います。
(化学処理されていない)木材のみを燃やすことで発生する極めて微量のダイオキシンは、有史以前からあったはずで、それ以外のものを燃やす可能性があるからとして小規模・簡素な焼却炉が全て使用不可とされたのは、100km/h以上出る自動車を全て使用不可とするようなものだと思ってました。
あと、旧暦カレンダーの実用新案者だったか、関係者だったと思いますが、旧暦を読み解くと(うるう月の発生の仕方だったと思います)、20世紀~21世紀は温暖化の時期だという説を、拝見したことがあります(記憶違いだとごめんなさい)。
Commented by uneme_tayuu at 2007-09-12 09:47
おいうさん、はじめまして。
お返事が遅くなってスミマセン。カマトトは可愛そうです。是非かまど(竈)と読んでください。
仰るとおり木材を燃やすと微量のダイオキシンが発生することは知られたことでした。
また、少々話はずれますが、厚生労働省がガイドラインに定めた13種類のVOCには、微量ですが、フィトンチッドのように無垢の木材から放散される物質も含まれていたりします。
ダイオキシンにしろフィトンチッドにしろそれらは生物が生存するための自然の摂理です。
それらが人体を害するからすべてダメ悪と決め付けることは少々おかしいと思います。
利益教授する人がいること、考えてしまいますよね。

ウチもダイオキシン類測定不要の小型焼却炉では間に合わず、毎年測定にかなりの無駄な費用を費やしています。

<< 白露号 -今日は旧暦 7月27... 立秋号 -今日は旧暦 6月26... >>