夏至号 -今日は旧暦 5月8日です-

夏至とは「日長きこと至る(きわまる)」という意味。
つまり「1年で最も昼の時間が長い日」とされています。
これは太陽が最も北(北回帰線)に位置することによって起きる
現象で、太陽高度が最も高くなる夏至を過ぎると、本格的な夏が
始まる・・・という訳です。

*
太陽高度といえば、思い出すのが小学校の理科の授業でやった観測。
透明な半球型の観測器(?)を校庭に置き、時間ごとに太陽の位置
を記していく、というものでした。

照りつける太陽の下、校庭の片隅に置いた透明な球体を覗き込んで
印をつける・・・
地味な作業でありながら、太陽の位置をつなげるときれいな曲線を
描き、半球の頂点に来るのが面白かったこと、
そして“透明半球”の形と質感が妙に印象に残っています。

「今、自分はこうして透明半球に印をつけているけれど、
実はこの地球に大きな透明半球がかぶせられていて、大きな誰かが
覗き込んでいるんじゃないんだろうか?」と想像し、ひとりでSF
チックな気分になっていたものです。

*
夏至の頃の太陽は、頭の真上から強い陽射しを浴びせます。
そんな太陽を見上げる時、大きな透明半球から覗く誰かと目が合う
んじゃないか、と大人になった今も思うことがあります。

*
暦どおり、夏のような暑さが続く今日この頃。
晴れた日は帽子を忘れずに。みなさまお身体ご自愛くださいませ。

今回の暦メールは yokoが担当しました。

----------------------------
■映画『Watch with Me ~卒業写真~』の割引チケットあります■

地元三重県出身の瀬木直貴監督の最新作です。
3年前には出身地である四日市市を舞台にした映画『いずれの森か青き
海』を発表し、市内でも随分と話題になりました。
地域コミュニティをモチーフにした作品に定評のある映画監督です。

新作『Watch with Me ~卒業写真~』は6月9日から全国公開されていて
三重県内では
* 7月14日 ~ 四日市中映シネマックス(四日市市)
* 8月14日 ~ 大門シネマ(津市)
で上映の予定です。
その他の地域の方は、申し訳ないですが、下記公式サイトにて確認して
ください。

通常の1,800円のところ1,000円で観ることのできるチケットです。
レイトショー、レディースディなどのサービスと違って、いつでもどの
映画館でもご利用いただけます。

◆ 映画 [Watch with Me~卒業写真~]公式サイト ◆
   http://www.sotsugyo-mov.jp/
◆ 瀬木直貴監督のオフィシャルサイト ◆
   http://soul-boat.com/index.html

チケットのご用命はかまど管理人まで。


----------------------------
■6/24(日)Oさんちの三和土(タタキ)!(大紀町)■

先日もお伝えしましたが、和歌山県龍神村(田辺市)の左官、
Kさんの指導のもと、工事中のOさんのアトリエの土間
の三和土(たたき)を施工します!
「三和土」とは、土に、石灰と苦汁をまぜ、固めたもので、私
があれこれ説明するより、面白いサイトがありましたので、こ
ちらを参考にされたほうがいいかと思います。
佐賀県で、施工されたものの記録です。
http://www.qr.minka.gr.jp/j24tataki.html

さあ、みんなでたたき棒をつくってみんなで叩こうと思います。
パシパシ!
★建築関係の人にお願い!
あれば、檜の二寸角くらいの切れ端をいくらか持ってきてください。

詳しくは、問い合わせください。
参加のかた、何かしらの方法で連絡ください!
ここ に返信でもOKです。
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-06-22 15:36 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 住み着いた野良猫 もぎたての梅 >>